fc2ブログ

風の墓碑銘(エピタフ)*乃南アサ

  • 2006/11/19(日) 20:33:21

☆☆☆☆・

風の墓碑銘 風の墓碑銘
乃南 アサ (2006/08/30)
新潮社

この商品の詳細を見る

東京・下町の解体工事現場から白骨死体が三つ。そして大家である徘徊老人の撲殺事件。真夏の下町を這いずり回ること二カ月あまり。中年の毒気を撤き散らす滝沢の奇妙な勘働きと、女刑事・音道貴子の大脳皮質は、「信じられない善意の第三者」でようやく焦点を結んだ。名コンビは狂気の源に一歩ずつ近づいてゆく…。


音道貴子シリーズ。しかも今回は、以前に組んだときにさんざん悩まされた、女性蔑視体質の冴えない中年刑事・滝沢と 奇しくもコンビを組むことに。滝沢は、刑事としてはベテランで 学ぶべきことも多いが、貴子としてはどうにも付き合いづらい相手である。滝沢にとってもそれは同様である。事件の捜査のゆくえはもちろん、捜査の間中行動を共にするそんな二人の様子にもリアルな泥臭さや人間味があって興味を惹かれる。
実際に滝沢のような典型的な男社会人間と組まされた貴子の戸惑いもよくわかるし、私生活ではさまざまな悩みを抱えながらも仕事場では自分を律しきる 堅苦しいとも受け取られかねない貴子を扱いかねる滝沢の戸惑いも手に取るようにわかる。読者にとっては、二人の不器用さがもどかしくもあり、ときとして背中を押してやりたくもなるのだが、このもどかしさにこそ現実味があるようにも思える。
貴子を心強くする存在だった女性鑑識課員・奈苗の職場以外の女としての部分が招いた事件では 幻滅を味わうことになるが、それこそが貴子の硬質さを物語るものでもあるだろう。そのときの滝沢の態度には胸を打たれる。
人間模様と共に事件も混沌としているかに見えたのだが、丁寧な観察とふとした閃きが、一見無関係だったいくつかの事件を繋ぎ、一挙に解決へと向かわせるあたりは、興奮でゾクリとさせられる。

私的にも公的にも、音道貴子の物語は、まだまだ終わりそうもない。

ピリオド*乃南アサ

  • 2006/09/23(土) 13:50:28

☆☆☆☆・

ピリオド ピリオド
乃南 アサ (1999/05)
双葉社

この商品の詳細を見る

離婚して一人暮らしを続けるフリーカメラマン宇津木葉子のもとに、大学受験を迎えた甥の彰彦とその妹理菜がころがりこんできた。そんな時、不倫相手である杉浦の妻が殺されて…。日常に倦んだ心のカタルシスになる静かな物語。


急に代役を頼まれたカメラマンとしての取材旅行先の津軽で、葉子は取り残されたような長屋を目にする。そのうちの一軒は 人の住む家とは呼べないくらい打ち壊されて無残な姿を晒していた。タクシーの運転手に聞くと、そこは 連続殺人を犯した少年が暮らした場所だったということだった。物語はそんな衝撃的なエピソードを序章として始まる。

家、家族、そして家族の中の一人一人、人間としての一人の物語なのかもしれない。どう生きるか、人とどう関わって生きるか、そしてどう終わらせるかの。

出ていく者は、いつも勝手だ。勝手に未来を思い描き、新しい世界に身を投げ入れて、無我夢中で泳ぎきることしか考えない。後に何を残し、自分が誰に、どんな後ろ姿を見せているかなど、考える余裕もありはしない。


という一節が、家族として 人として、送り送られることの哀しさと切なさをよく現していて考えさせられる。

火のみち 上・下*乃南アサ

  • 2006/09/21(木) 13:05:38

☆☆☆☆・

火のみち (上) 火のみち (上)
乃南 アサ (2004/08/04)
講談社

この商品の詳細を見る

罪の、意味がわからない。
たった1人の妹を守るために、人を殺した男。心を焦がす、怒りと憎しみを、「土の冷たさ」だけが鎮めた。
時間が止まった刑務所の10年。自由。希望。命の実感。そのすべてを奪われ、赦されることもない男がたどる、壮絶な人生。


火のみち (下) 火のみち (下)
乃南 アサ (2004/08/04)
講談社

この商品の詳細を見る

奇跡を生むのは、炎。
空洞が埋まらない心。それが欲したのは、「天空の色」。触れたい、手に入れたい。男は魔力に取り込まれる。
古(いにしえ)の焼物・汝窯(じょよう)。奇跡のような色。いっさいの感情も、作為もゆるさない、「完全」。その奇跡を再現することが、自分の運命だと信じた。


昭和8年、大阪で生まれ、満州で終戦を迎えた一人の男の壮絶な一生の物語。
上巻では、戦争中に父と兄を亡くし、終戦後日本へ引き上げてくる船の中で幼い妹を亡くし、一家を養うために身を賭して働きに行く姉を見送り、病弱な母を看取り、ついには売られようとする幼い妹のために人を殺した南部次郎の、刑務所での十年の日々と出所して曲がりなりにも世間で生きていけるようになるまでを軸に、下巻では、雨上がりの青空の色だという中国の古の焼き物「汝窯」にのめりこんでいく次郎の姿を軸に、彼と否応なくかかわっていく人々の姿が描かれている。
時代背景や出来事は現実そのままに この物語の背景として語られ、まさに南部次郎という男が苦悩しながらそこに生きているかのような現実感を読者に与えている。誰をも心の底から信じずに生きてきた男の心底からの叫びが最後の最後に胸に痛い。

今夜もベルが鳴る*乃南アサ

  • 2006/08/30(水) 17:28:03

☆☆☆・・

今夜もベルが鳴る 今夜もベルが鳴る
乃南 アサ (1990/08)
祥伝社

この商品の詳細を見る

友人主催のパーティーで、ゆかりは岩谷と知り合った。落ち着いた物腰に、ゆかりはひどく惹かれた。二日後、岩谷から電話がかかり、ゆかりの中で恋の炎が燃え上がった。だが、それが恐怖の始まりだった。電話は毎夜かかってきたが、話すにつれて、彼女の心に恐ろしい疑惑が頭をもたげ始める。岩谷とは何者なのか!?
直木賞受賞の女流が鮮烈に描く、サスペンスの傑作!
  ――文庫裏表紙より


学生時代からの長いつき合いの吉岡に招かれていった彼の家のパーティーで ゆかりは岩谷と出会う。落ち着いていて穏やかでなんとなく見えない壁を感じさせる岩谷に、ゆかりは惹かれる。岩谷は、毎夜電話はくれるのだが、なかなかふたりで会おうとしない。かと思えば、あっさり会うことをOKすることもある。そして、会っているときには、彼のことをわかったように思えるのに、電話で話すとまったく違う一面を見せ、ゆかりは岩谷のことがどんどんわからなくなっていく。そしてある日、留守電に入っていた二回のメッセージを続けて聞いたとき、ゆかりはあることに思い当たる。

ひとりの人のことをほんとうにわかることはできないのかもしれない。だが、話すたびに印象が変わり 輪郭がはっきりしたかと思うとまたおぼろげになるなどということは それほど多くはないだろう。岩谷の本質が掴みきれないことに苛立ちを覚え 不安になるゆかりの心はよくわかる。そしてあることに思い至ったとき、身震いするほどの恐ろしさを感じるのである。この物語の場合、その人物が悪意を抱いているわけではないことが やるせなくもあり、恐ろしさを倍化させもする。

躯*乃南アサ

  • 2006/07/29(土) 17:08:36

☆☆☆・・

躯(からだ) 躯(からだ)
乃南 アサ (1999/09)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

キレイが怖い――。
臍出しルックのために臍整形を母親にねだる少女。
しぶしぶ娘と病院を訪れた母親が下した意外な決断とは・・・・・。
「臍」ほか四篇。 あなたの躯が静かな復讐を始める。

-----

「臍」
 臍整形をせがむ高二の娘と一緒に病院を訪ねた母の決断。

「血流」
 女性の膝に興奮する中年男が、偶然見つけた新たな恍惚とは。

「つむじ」
 ガールフレンドのためにと、手を出した怪しい育毛剤の効き目。

「尻」
 東京の有名女子大付属高校に入学した少女は、なに気ない友人の一言がきっかけで・・・・・。

「顎」
 先輩に殴られていたところを助けてくれた黒フードの男の正体とは。
  ――帯より


たかが躯、されど躯、である。 しかも躯のたった一部のことで、人はこれほど様々な落とし穴に落ちてしまうものなのか。
恐ろしさや情けなさ、哀しさに包まれるなんとも言えないホラーである。

夜離れ(よがれ)*乃南アサ

  • 2006/07/03(月) 17:20:24

☆☆☆・・

夜離れ 夜離れ
乃南 アサ (1998/05)
実業之日本社

この商品の詳細を見る

追えば逃げる。待てば忘れられる。
だからなおさら、花散るまえに、
あなたの視線に溺れたい・・・・・

-----

女子大生の就職難に見舞われて就職浪人の身となった比佐子は、ブランクの1年間を有意義に過ごすため、夜の赤坂で働くことにした。他人に何といわれようと、自分さえしっかりしていれば染まったり流されたりはしないはず、だったのだが・・・・・(夜離れ)

自分を見つめつつも、流れにあらがえない女性真理全六編。
  ――帯より


表題作のほか、4℃の恋・祝辞・青い夜の底で・髪・枕香。

自分のしていることを冷静に見ている自分がいることを判っていながら 何かに取り憑かれたように行動してしまう六人の女たちの物語。
思い描いたように上手くはいかず、かといって中途半端にやめるわけにもいかない。ジレンマを抱えながらどんどん深みに落ちてゆく女たちがもどかしくもあり恐ろしくもある。

しゃぼん玉*乃南アサ

  • 2006/06/22(木) 17:48:11

☆☆☆・・

しゃぼん玉 しゃぼん玉
乃南 アサ (2004/11)
朝日新聞社

この商品の詳細を見る

やりたいことをやり尽くして、弾けて消えればいい――
現代の若者の“絶望感”をこまやかな心理描写で描き出す傑作長篇サスペンス

ひったくりを繰返した挙げ句、一人殺して、最後には、ついに一人暮らしの老婆まで殺して金を奪えば、法律のことなど何も分からない翔人だって、死刑以外にないだろうと思う。
客観的に見れば、そんな奴は死刑になって当然だ。
つまり、それが俺か。

親からも見捨てられ、通り魔や強盗傷害を繰り返す無軌道な若者・伊豆見翔人は、逃亡途中で宮崎の山村にたどり着く。
成り行きから助けた老婆スマの家に滞在することになった翔人は、近所の老人シゲ爺の野良仕事を手伝ううちに村の暮らしに馴染んでいくが・・・・・。
  ――帯より


障害に立ち向かうことができず、逃げることしか考えられない若者・翔人が、どこだか場所もわからずにたどり着いたのは、宮崎県椎葉村だった。
ひょんなことで怪我をしているのを助け、やっかいになったスマは、何も詮索せずに翔人を家に置いてくれた。近所の人たちは彼のことをスマの孫だと思い込んでいたが 訂正することもなかった。
初めのうちこそだらだらと無為に時間を過ごしていた翔人だったが、シゲ爺の山仕事を手伝ううちになにやら張り合いめいたものを感じ始め、自分を変えられるかもしれないと思い始めるのだった。

スマと翔人は縁もゆかりもない赤の他人だったが、スマは翔人に不出来な息子の子を見、翔人はろくでもない父の母を想っていたのかもしれない。
村の人たちの詮索しないが遠慮のない接し方も 翔人の胸の中で何かを変えるきっかけになったのだろう。翔人はきっと大切なものを取り戻せるに違いない。

> more >>>

悪魔の羽根*乃南アサ

  • 2006/06/10(土) 17:25:33

☆☆☆・・

悪魔の羽根 悪魔の羽根
乃南 アサ (1997/01)
幻冬舎

この商品の詳細を見る

決して、天使なんかじゃない――。
桜、梅雨、台風、雪・・・・・、
豊かな四季が人の心を追いつめる。
哀しみ、憎しみ、恨み、後悔――
あらがえない自然の力に揺り動かされる、日々の営みの泣き笑いを描いた直木賞作家による最新連作サスペンス。

-----

フィリピンから日本にやってきて、日本の銀行員に嫁いで十年になるマイラは、新潟へ越して、初めて雪を体験する。灰色の空から来る日も来る日も落ちてくる悪魔の羽根は、快活だったマイラをやがて蝕んで、家族の歯車はゆっくりと狂っていく・・・・・。
表題作「悪魔の羽根」をはじめ、「はなの便り」「はびこる思い出」「ハイビスカスの森」他全七作品を収録。
  ――帯より


表題作はもちろん、どの物語も日常の泣き笑いである故に切なくやるせなくさせられる。
いちばんはじめの物語「はなの便り」が大どんでん返し(!)で愉しんだ。

微笑みがえし*乃南アサ

  • 2006/05/25(木) 19:11:31

☆☆☆・・



元アイドルタレントの阿季子は若手敏腕プロデューサーと結婚、子供にもめぐまれ何不自由ない幸せな生活をおくっていた。
テレビ界へのカムバックも決まった12月、彼女は夫の知人や高校時代の友人を招いてホームパーティーを開いた。ところがその日に送られてきた宅急便の袋の中には顔の部分を無数の針で刺した阿季子のブロマイドが入っていた。そしてもう一個の宅急便にも悪意の品が・・・・・。阿季子の周辺で小さな亀裂がしだいに重なり合っていく。
  ――帯より


元アイドルで復帰を目前に控えている阿季子、故郷に帰って早々と結婚し 子どもにも恵まれ タウン誌の編集長として仕事もしている由記、札幌の放送局でアナウンサーとして活躍しているちなみ、女優の夢が破れた後も劇団に所属し 子どものためのぬいぐるみ劇などをしている玲子。4人は中学からのつき合いであり 高校でも同級生なのだった。
わがままで目立ちたがりで無意識に人を傷つける阿季子を厭えば厭うほど彼女の身に起こることで溜飲を下げたくもなるのだが、ほんとうに恐ろしいのはもっと別のところにある悪意なのである。それぞれが、やさしげな顔をしながら投じた破滅のきっかけは、重なり合うことによって阿季子を滅ぼそうとする。だが、阿季子の何も考えていないがゆえのしたたかさはまだまだ滅びようとはしないのだった。
みんなが微笑みあっているだけに怖い物語である。

鬼哭*乃南アサ

  • 2006/04/01(土) 20:32:04

☆☆☆・・



新直木賞作家の衝撃作!
これは殺人事件の被害者の死に至るわずか3分間の物語である。
  ――帯より


的場が気がついたとき、一瞬自分がどこにいてどうなっているのか思い出せなかった。酔って足を縺れさせ倒れたのだろうか。不自然に捻じ曲がった体勢で見上げる天井は、見慣れた実家のもので、自分は20年来の付き合いで唯一信頼できるといっていいほどの真垣と二人きりで飲んでいたはずだった。
次第に思い出してくると、自分は真垣にナイフで背中を突かれ、首を切られたのだった。
そして、高校受験のための家庭教師として行った、真垣徹の家で初めて彼に会ったときからいままでのことをくっきりと思い出しているのだった。心臓が動くのを止め、血液がすべて流れ出たあとも意識だけが真垣と自分のことを思い出しつづけ、的場は動かない躰で泣くことも身悶えることもできずに苦しむのだが、それはたった3分間のことなのだった。

結局、真垣がどうして的場を殺そうと思ったのか、いつから実行に移そうと思っていたのか、など 事件の成り立ちや核心にはまったく触れられていない。ただ、殺されて死んでゆく男の最期の3分間が描かれているのだ。そしてそれだけで、無神経な気持ちの押し付けや思い込みがどれほど人の神経を逆撫でしていたかということに思い至り愕然とするのである。的場にとっては唐突なことが、真垣にとっては悩みに悩んだ末のことだったのだろうから。

窓*乃南アサ

  • 2006/03/30(木) 17:49:34

☆☆☆・・



ほんの一歩、踏み出せば、疑われずに済んだのに・・・・・。
高校3年生の麻里子の揺れ動く心に宿る大きな不安。
新直木賞作家による書下ろし長編サスペンス。

西麻里子は聴覚障害のある高校三年生。
両親はすでにないが、結婚間近の姉、脱サラの兄、兄の親友の新聞記者・有作らに囲まれ、暮らしている。
ある日、レストランで毒入りジュース事件が発生。容疑者の一人に、麻里子と同じ障害を持つ直久という少年がいるらしい。
  ――帯より


『鍵』の一年後の物語である。
兄・俊太郎とも普通に接し、兄の友人・有作は麻里子のなかでますますその存在を大きくしているそんな折、レストランで起こった同窓会毒入りジュース事件の容疑者と疑われたのは同じ高校三年の聴覚障害を持つ少年だった。
みんなから置いてきぼりにされているような疎外感を強くしていた麻里子は、その少年がちゃんとゆっくり話を聞いてもらえているのかどうかが気になり、有作に頼んで彼に会わせてもらったのだったが。

歌野晶午さんを想わせるような思い込みの怖さを巧みに突いた展開は、あとで思い返せばすとんと腑に落ちるばかりである。
心の窓を開けて、困難を次々に乗り越えて大人になってゆく麻里子の姿をもっと見たい。
1996年にこの作品は書かれているので、もうとっくに続編が出ているのだろうか。

幸せになりたい*乃南アサ

  • 2006/02/24(金) 17:15:05

☆☆☆・・



女と男の深奥に巣食う悪魔が目覚める時・・・
新直木賞作家が贈る
受賞後第一作サイコサスペンス作品

今夜、桐江は恋人(・・)だった。が、あすからは愛人(・・)になる――
エリートサラリーマン依田は、家庭的な真純と性に奔放な桐江の二人と同時につき合っていた。人生の伴侶には真純を選び、その家庭を守りながら桐江との関係も続けようと考えた依田は、挙式前夜を桐江の部屋で過ごした。が、その夜の甘い会話が、翌日の惨劇をもたらすことに・・・。(「二人の思い出」より)
男と女の愛憎を描く、新直木賞作家のサスペンス傑作!
  ――見返しより


キャンドル・サービス・背中・お引越し・たのしいわが家・口封じ・挨拶状・二人の思い出、の7つの短編集。

どれも主役は女。幸せになりたいと思っているのになぜかまま成らない女である。男たちは誰もが女を一人前の人間として扱わず、女はそんな男の底の浅さをとっくに見抜き 愛想を尽かす。利口ではないと思わせておいて最後にチクリと仕返しの悪戯をすることも忘れない。この物語に出てくる男たちと一緒にいては幸せも逃げていくだろうと思われるが、幸せになれないのは男のせいばかりでもないことに女たちも早く気づいた方がいいと思う。

嗤う闇*乃南アサ

  • 2006/02/03(金) 08:22:44

☆☆☆・・



このほどはれて巡査部長に昇進、それに伴って警視庁第三機動捜査隊から隅田川東署に異動した、ご存知・女刑事・音道貴子。バツイチ、34歳、ステディあり。新天地の下町で、個性派の同僚たちに揉まれながら四つの奇妙な事件に挑む、超人気短編シリーズ第三弾!  ――帯より


表題作のほか、その夜の二人・残りの春。木綿の部屋。

音道貴子は、女であることで向けられる 良くも悪くも特別な目となんとかかんとか折り合いをつけながら前任の機動捜査隊でもやってきたのだが、普通の刑事として異動してきた隅田川東署でも また初めから(男性の)上司や同僚との関係を築いていかなければならないのだった。ただここには、先輩の女性鑑識課員・奈苗がいてくれることで気分的にはずいぶん助けられていた。

また、隅田川東署で扱う事件には機動捜査隊のときのような派手さはないが、発生から解決まで通して扱うので被疑者・被害者のことをより深く知ることになり、思い入れも生まれるのだった。

刑事としての貴子、()刑事としての貴子、女としての貴子、人間としての貴子。さまざまな貴子がそれぞれの悩みに揺れながらも ひとりの貴子として生きている様が興味深い。

駆けこみ交番*乃南アサ

  • 2006/02/01(水) 17:44:14

☆☆☆・・



新米警官・聖大の脳髄に電光が走った。
交番に入りびたる老人グループも戦いた。
こりゃぁ例のお宮入り事件の糸口かも・・・・・

さる老婦人が深夜の交番に駆け込んできたのをきっかけに、
何故だかお手柄続きの勝ち組み新米巡査・高木聖大。
東京は等々力のパワフル老人七人衆に可愛がられるようになった聖大は、
ヤル気のない先輩に悩まされつつ所轄を駆け回るうち、
十数年来の未解決事件を解く糸口をつかんでしまった。
さあ、聖大、どうする!?
  ――帯より


設定も語り口もコメディっぽいのだが、内容は結構シリアスだったりもする。
≪とどろきセブン≫と名乗り、その情報網を頼りに聖大に情報を提供してくれたりする老人たちと、何とか手柄を立てて早く刑事になりたいという夢を抱く新米警官であり 早く彼女がほしいと切実に願う若者でもある聖大との交流が微笑ましい。しかし、実はそれはただ微笑ましいだけのものではないのだった。
聖大の やる気満々ながら物足りない心持ちになるところや、老人たちの ただ人がいいだけでなく さまざまな人生の荒波を乗り越えてきた人たちらしいかけ引きも、まさに人間らしくて好もしく思える。
聖大のこれからが愉しみである。

> more >>>

二十四時間*乃南アサ

  • 2005/10/30(日) 17:45:35

☆☆☆・・



 「私には、小説でしか絶対に起こりえないような、
 24の不思議な体験があります」
 24の時間帯、24の痛切な記憶。
 自身に取材した連作小説。

 小学生時代、深夜放送にチューニングしたまま微睡んだ耳が
 異形の者たちの会話を捉えた「午前零時」の恐怖。
 
 一人暮らしを始めたアパートの階上で繰り広げられた修羅場に
 否応なく想像が走る「午前二時」の興奮。

 二十四の時間帯それぞれに刻まれた痛切な人生のステージ。
 過ぎ去った記憶が不思議な二十四角形を描く初の連作短編集。

                               (帯より)


目次には 二十四時が、一時から順番にでもなく、時系列でもなく並んでいる。小学生時代の午前零時だったり 高校時代の二十二時だったり。
著者自身の不思議な記憶を元に書かれた物語たちなのだというが、エッセイではなく小説であるらしい。
そう思いながら読んでも著者の記憶に近しく寄り添った心地にさせられる。
限りなくエッセイに近い連作小説と言えるのではないだろうか。