壁の男*貫井徳郎

  • 2017/03/05(日) 16:33:19

壁の男
壁の男
posted with amazlet at 17.03.05
貫井 徳郎
文藝春秋
売り上げランキング: 76,082

ある北関東の小さな集落で、家々の壁に描かれた、子供の落書きのような奇妙な絵。
その、決して上手ではないが、鮮やかで力強い絵を描き続けている寡黙な男、
伊苅(いかり)に、ノンフィクションライターの「私」は取材を試みるが……。
彼はなぜ、笑われても笑われても、絵を描き続けるのか?

寂れかけた地方の集落を舞台に、孤独な男の半生と隠された真実が、
抑制された硬質な語り口で、伏せたカードをめくるように明らかにされていく。
ラストには、言いようのない衝撃と感動が待ち受ける傑作長篇。


民家の壁に幼児が描いたような原色の絵が描かれている集落があると話題になり、ノンフィクションライターの鈴木は、本にまとめるのもいいかと、その集落に取材に訪れる。描いた当人の所在は容易に判り、インタビューを試みるが、伊苅という男は口が重くてとっつきにくく、ほとんど何も聞き取れずに取材を終えることになる。近所の人に聞くと、どうやら壁の絵は、それぞれの住人が頼んで描いてもらったようなのだが、その理由がどうにもよく呑み込めない鈴木なのだった。鈴木の目線で語られる部分と、伊苅を主語として語られる部分が交互になっていて、伊苅の部分では、彼の来し方が少しずつ明らかにされていく。初めは取りつく島もない不愛想な男としか見えていなかった伊苅が、次第に体温を持って生きてくると、読み手の壁の絵に対する気持ちも変わってくるのが不思議である。子どもの落書きのような、一見無邪気にも見える壁の絵の裏側に、これほどの深い人生があったのかと驚愕するばかりである。いいものを読んだという気持ちに満たされる一冊である。

女が死んでいる*貫井徳郎 作  藤原一裕 モデル

  • 2015/06/11(木) 18:46:34

ダ・ヴィンチ ビジュアルブックシリーズ 女が死んでいる (ダ・ヴィンチBOOKS)
貫井 徳郎
KADOKAWA/メディアファクトリー
売り上げランキング: 206,000

本当におれが殺したのか……?
貫井徳郎が描く、最悪な男。
二日酔いで目覚めた朝、ベッドの横の床に何かがあった。
……見覚えのない女の、死体。
おれが殺すわけがない。知らない女だ。では誰が殺したのか?
密室のマンションで、女とおれは二人きりだった……。

藤原一裕(ライセンス)を小説のモデルに、貫井徳郎が書き下ろし。
小説とグラビアで描く“最悪な男"。


こういう趣向の本とは知らずに手にしたのだが、写真を挟み込む必要性がよく判らない。藤原氏のファンは喜ぶだろうが……。それにつられてなのか、物語自体も寸足らずな印象がぬぐえない。同じ題材で、もっと突き詰めた緻密な物語が読みたいものである。どっちつかずの印象の一冊だった。

我が心の底の光*貫井徳郎

  • 2015/05/05(火) 16:59:04


峰岸晄は五歳で伯父夫婦に引き取られ、空腹を抱えながら育った。
母は死に、父は人を殺したからだった。
学校では、椅子に画鋲が置いてあったり、いじめに遭った。
幼なじみの木下怜菜は万引きまでさせられる晄をただ一人、案じてくれる存在だった。
まったき孤独の闇の中で、晄が向かう先は――。
驚愕のラストが待ち受ける、心に迫る傑作長編!


晄がどんな大人になり、どんな人生を歩んでいくのか。前半はあまりにも過酷な晄の幼少期に目を覆いたくなりながらも、今後の展開を期待しながら読み進んだ。途中からなにやら犯罪に手を染め、どういう経緯なのか、どんな理由でターゲットを決めたのかに興味が移る。常に底にに流れているのは自分自身を尊重できない晄の姿であり、歪んだ思いであるように思えて仕方がない。だが、最後にその理由がわかったときには、いささか拍子抜けした思いであったが、それほどまでに親にないがしろにされた子ども心に光となった出来事だったのかと思うと、言葉を失う。重くやるせない一冊だった。

私に似た人*貫井徳郎

  • 2014/06/17(火) 07:29:18

私に似た人私に似た人
(2014/04/08)
貫井徳郎

商品詳細を見る

小規模なテロが頻発するようになった日本。ひとつひとつの事件は単なる無差別殺人のようだが、実行犯たちは一様に、自らの命をなげうって冷たい社会に抵抗する“レジスタント”と称していた。彼らはいわゆる貧困層に属しており、職場や地域に居場所を見つけられないという共通点が見出せるものの、実生活における接点はなく、特定の組織が関与している形跡もなかった。いつしか人々は、犯行の方法が稚拙で計画性もなく、その規模も小さいことから、一連の事件を“小口テロ”と呼びはじめる―。テロに走る者、テロリストを追う者、実行犯を見下す者、テロリストを憎悪する者…彼らの心象と日常のドラマを精巧に描いた、前人未到のエンターテインメント。


十人がそれぞれ主人公になった十の連作短編である。初めは、この人物たちにどんなつながりがあるのだろうという興味で読み進み、次第に小口テロをインターネット上で巧みに唆す<トベ>と名乗る人物への興味も加わり、著者はこの物語にどんな決着をつけるのだろうかという興味もさらに湧いてくる。各章が、必ずしも時系列に並べられているわけではない理由が最後に判り、さまざまなことが腑に落ちる。そもそもの始まりが、思い描いていた<トベ>像とあまりにも違うことに驚かされ、そんなこと――というのは語弊があるかもしれないが――からここまで広がってしまうインターネットの力に改めて恐ろしさも感じる。ないとは言えないレベルの物語なのも厭な感じである。華々しい盛り上がりはないが、ずんずんと胸の奥に迫ってくる一冊である。

北天の馬たち*貫井徳郎

  • 2013/12/07(土) 17:00:38

北天の馬たち (単行本)北天の馬たち (単行本)
(2013/10/19)
貫井 徳郎

商品詳細を見る

毅志は、横浜の馬車道近くで、母親と共に喫茶店「ペガサス」を営んでいる。ある日、空室だった「ペガサス」の2階に、皆藤と山南というふたりの男が探偵事務所を開いた。スマートで快活な彼らに憧れを抱いた毅志は、探偵仕事を手伝わせてもらうことに。しかし、付き合いを重ねるうちに、毅志は皆藤と山南に対してある疑問を抱きはじめる…。


ふたりの探偵・皆藤と山南と、彼らと強く結びつく人々との事情を含めたあれこれを、探偵が事務所を構えることになったビルの一階で喫茶店を営む若者・毅志が、憧れのまなざしを持って語る物語である。皆藤と山南に惹かれ、日々の鬱屈から逃れるためもあり、探偵の仕事を手伝うことになる毅志だが、ふたりの間に入り込んで行けないもどかしさも感じているのであった。そのわけが、この物語の根底にあるのは、後半になってやっと判るのだが、最後の最後の処理の仕方が、それまでのスマートさと比べて、いささか芸がないように思われるのが残念でもある。相手の性質が悪かったせいもあるのかもしれないが、それにしてもなにかもっとカタルシスを得られる対処法はなかったものかと思われてならない。そのこと以外は人と人との結びつきの強さ深さを思わされ、ページを捲る手が止まらない一冊であった。

> more >>>

ドミノ倒し*貫井徳郎

  • 2013/08/06(火) 16:43:18

ドミノ倒しドミノ倒し
(2013/06/21)
貫井 徳郎

商品詳細を見る

「元彼の殺人容疑を晴らして欲しい」探偵・十村の元に舞いこんだ美女からの依頼。しかし事件に触れると別の事件に行き当たり、さらなる別の事件を呼び起こす……。


貫井作品にしてはいささか物足りなかったかなぁ、というのが正直なところである。私立探偵・十村のキャラクターも、嫌いではないが、ハードボイルド探偵物語にありがちな設定だし。タイトルから想像して、ラストに向かってバタバタとドミノが倒れるようにスカッと真実が暴かれていくのかと思いきいや、そういうわけでもないようで。期待が大きかった分、ちょっと肩透かしを食らった気分である。愉しくないわけではないんだけれどなぁ、という一冊である。

微笑む人*貫井徳郎

  • 2012/10/10(水) 07:10:15

微笑む人微笑む人
(2012/08/18)
貫井 徳郎

商品詳細を見る

エリート銀行員の仁藤俊実が、意外な理由で妻子を殺害、逮捕・拘留された安治川事件。
犯人の仁藤は世間を騒がせ、ワイドショーでも連日報道された。
この事件に興味をもった小説家の「私」は、ノンフィクションとしてまとめるべく関係者の取材を始める。
周辺の人物は一様に「仁藤はいい人」と語るが、一方で冷酷な一面もあるようだ。
さらに、仁藤の元同僚、大学の同級生らが不審な死を遂げていることが判明し……。
仁藤は本当に殺人を犯しているのか、そしてその理由とは!?

貫井氏が「ぼくのミステリーの最高到達点」と語る傑作。
読者を待つのは、予想しえない戦慄のラスト。


最初から最後までリアルである。ノンフィクションだと言われれば、何の疑いも抱かずに納得してしまいそうだ。ある殺人事件の被疑者(仁藤)のことを、彼の物語を書こうとする小説家が、彼を知る人々に取材し、真実の仁藤を浮かび上がらせようとするのである。少しずつ仁藤の真の姿が明らかになり、事件の隠された真実が暴かれる、というストーリーを、つい期待してしまうが、現実はなかなかそう思い通りにはいかないものである。そして本作も、そんな期待には全くと言っていいほど応えてくれない。それがもどかしくもあり、どうしようもない現実を見せつけられるようでもあって、見事である。著者自身も執筆しながら、スッキリ真相を解明したい欲求に駆られなかっただろうか、と思わず想像してしまうような一冊である。

> more >>>

新月譚*貫井徳郎

  • 2012/06/04(月) 18:37:00

新月譚新月譚
(2012/04)
貫井 徳郎

商品詳細を見る

八年前に突然絶筆した作家・咲良怜花は、若い編集者の熱心な復活のアプローチに、自らの半生を語り始める。そこで明かされたのは、ある男性との凄絶な恋愛の顛末だった―。


突然筆を折り、いまは静かに暮らしている作家・咲良怜花に新作を書いてもらうべく、若い編集者が彼女のもとを訪ねるところから物語は始まるが、物語の主な部分は、咲良怜花が編集者に向けて語る絶筆に至る真実の吐露である。語られる内容は常識に当てはめられない彼女の恋愛事情であり、それに絡まる小説の執筆と数々の受賞の事実である。よくある話と言ってしまえばそれまでだし、劇的な作風の変化が現実的かどうかは素人のわたしには判断がつかないが、それらを置いておいても、彼女が語り終えた後の着地点が想像できなくてページをまくる手が止まらなくなる。登場人物の誰かに感情移入できるわけでもなく、誰かに肩入れするわけでもないにもかかわらず、先を知りたくてたまらなくなる何かを秘めている。そして待ちに待った着地点は、全く想像もできないものだった。肩透かしを食った気がしなくもないが、それ以外には考えられないようにも思われる。咲良怜花の生涯は小説が認められたことで意味を成したかもしれないが、本名の後藤和子の一生は木之内に振り回されただけで、しあわせだったのだろうか、と思ってしまう。560ページというボリュームを感じさせない一冊である。

> more >>>

崩れる--結婚にまつわる八つの風景*貫井徳郎

  • 2011/05/02(月) 19:00:05

崩れる 結婚にまつわる八つの風景 (角川文庫)崩れる 結婚にまつわる八つの風景 (角川文庫)
(2011/03/25)
貫井 徳郎

商品詳細を見る

仕事もしない無責任な夫と身勝手な息子にストレスを抱えていた芳恵。ついに我慢の限界に達し、取った行動は…(「崩れる」)。30代独身を貫いていた翻訳家の聖美。ある日高校の同級生だった真砂子から結婚報告の電話があり、お祝いの食事会に招待されるが…(「憑かれる」)。家族崩壊、ストーカー、DV、公園デビューなど、現代の社会問題を「結婚」というテーマで描き出す、狂気と企みに満ちた8つの傑作ミステリ短編集。


表題作のほか、「怯える」 「憑かれる」 「追われる」 「壊れる」 「誘われる」 「腐れる」 「見られる」

結婚にまつわる物語なのだが、明るくもなくしあわわせいっぱいでもなく、薄い影が差していてどの話もじんわりと怖い。そして、出てくる女性がみな立体的なのでびっくりする。ページからふと目をあげると、斜め後ろに実際にいそうである。荻原浩氏も実はおばさんではないかと思わせるほど中年女性を描いて見事だが、著者は荻原氏とはテイストは違うが、若い女性を見事に描いていて唸らせられる。八つの物語はどれも絶妙に捻じれたりはぐらかされたり裏切られたりして、ラストまで目が離せない。贅沢な一冊である。

灰色の虹*貫井徳郎

  • 2010/11/18(木) 09:15:19

灰色の虹灰色の虹
(2010/10)
貫井 徳郎

商品詳細を見る

身に覚えのない殺人の罪。それが江木雅史から仕事も家族も日常も奪い去った。理不尽な運命、灰色に塗り込められた人生。彼は復讐を決意した。ほかに道はなかった。強引に自白を迫る刑事、怜悧冷徹な検事、不誠実だった弁護士。七年前、冤罪を作り出した者たちが次々に殺されていく。ひとりの刑事が被害者たちを繋ぐ、そのリンクを見出した。しかし江木の行方は杳として知れなかった…。彼が求めたものは何か。次に狙われるのは誰か。あまりに悲しく予想外の結末が待つ長編ミステリー。


事件の捜査や裁判のあり方に疑問を抱かせる一冊である。身に覚えのない罪で罰せられる者の魂の訴えは、ほんとうにここまで権力側には通じないものなのだろうか。確固たる自分自身というものを見失いふらふらと自白に逃げてしまう精神状態に陥るまで過酷なものなのだろうか。想像することしかできないが、背筋が凍る心地である。復讐を肯定するわけにはいかないが、心情的にはどうしても江木に肩入れしてしまう。本作では山名という江木の犯罪にほんの少しでも懐疑的な刑事の存在によって、(手遅れだったとは言え)江木の無念にほんの僅かではあるが晴れ間がのぞいた感もあるが、現実だったらそうはいかず、取り返しのつかない誤った判決を何代にも亘って引きずらざるを得ないことの方が圧倒的に多いのだろう。
どんよりと重い読後感であるが、まったくの他人事ではいられない思いも残る。ずしんとやりきれない一冊である。

> more >>>

明日の空*貫井徳郎

  • 2010/07/14(水) 13:30:54

明日の空明日の空
(2010/05/26)
貫井 徳郎

商品詳細を見る

両親は日本人ながらアメリカで生まれ育った栄美は、高校3年にして初めて日本で暮らすことに。「日本は集団を重んじる社会。極力目立つな」と父に言われ不安だったが、クラスメイトは明るく親切で、栄美は新しい生活を楽しみ始める。だが一つ奇妙なことが。気になる男子と距離が縮まり、デートの約束をするようになるが、なぜかいつも横槍が入ってすれ違いになるのだ。一体どうして―?栄美は、すべてが終わったあとに真相を知ることになる。


生まれてから17年をアメリカで過ごし帰国したエイミーの高校時代の物語と、語学力向上のために六本木で外国人に声をかけて手助けをしてはチップをもらう大学生ユージとそこで知り合ったアンディの物語が相次いで語られる。一見何の関係もないように見えるふたつの物語は、エイミーが大学生になり、山崎さんという男子学生に出会ったことでつながり、次第に解き明かされていく。だが、解き明かされた先に待っているのは安心感でも満足感でもない。それは切なさと後悔なのである。それでも、明日は晴れると信じて、あたたかな気持ちを次の誰かにバトンタッチしていくしかないのだ。映像化は絶対にできない一冊である。

> more >>>

天使の屍*貫井徳郎

  • 2010/05/10(月) 13:43:13

天使の屍 (角川文庫)天使の屍 (角川文庫)
(2000/05)
貫井 徳郎

商品詳細を見る

思慮深かった中学二年の息子・優馬がマンションから飛び降り、自殺を遂げた。動機を見出せなかった父親の青木は、真相を追うべく、同級生たちに話を聞き始めるが…。“子供の論理”を身にまとい、決して本心を明かさない子供たち。そして、さらに同級生が一人、また一人とビルから身を投げた。「14歳」という年代特有の不可解な少年の世界と心理をあぶり出し、衝撃の真相へと読者を導く、気鋭による力作長編ミステリー。


中学二年生・14歳を扱った一冊。何かと問題になる年頃である。子どもたちには、大人の論理とはまったく別の「その年代特有の論理」があり、大人たちが自分の尺度で物事を捉えている限り、とても彼らを理解できるものではない、ということがよくわかり、うなずけもする。実際にこの物語のように踏み外す少年たちがどのくらいいるのかは見当もつかないが、仕掛けられた穴に落ちたあとの彼らの行動心理は、やはり大人からみれば信じられないと言うほかないものなのである。それでもこれが、彼らなりの論理に従った結果だとすれば、大人は愕然とするしかないのである。恐ろしい、とひとことで片づけてしまえない苦しさが胸に残る。

失踪症候群*貫井徳郎

  • 2010/04/09(金) 11:05:37

失踪症候群 (双葉文庫)失踪症候群 (双葉文庫)
(1998/03)
貫井 徳郎

商品詳細を見る

「真梨子が緊急入院したのよ、自殺未遂かもしれないって…」 原田は呼んでも一向に応えない娘に強く語りかけた。何でこんなことを…。ミステリファン待望の長篇・第3作。


最後になってしまったが、症候群シリーズ一作目である。
タイトルに「症候群」とつけられた理由が読んで初めて判った。これらの失踪には仕掛け人がいたのである。だが本作は、それぞれの失踪について、深く掘り下げようというものではない。たまたまその内のひとりと繋がる者たちが引き起こす、目を覆いたくなる無頼ぶりが描かれ、翻って、誇りを持った人間としてどう生きるかということを問われているように思う。思わず目を逸らしたくなる暴力的な描写もあったが、人間ドラマでもあり、はらはらどきどきさせられるエンターテインメントでもある一冊である。

誘拐症候群*貫井徳郎

  • 2010/04/06(火) 18:33:21

誘拐症候群 (双葉文庫)誘拐症候群 (双葉文庫)
(2001/05)
貫井 徳郎

商品詳細を見る

警視庁人事二課の環敬吾が率いる影の特殊工作チーム。そのメンバーのある者は私立探偵であり、托鉢僧であり、また肉体労働者である。今回の彼らの任務は、警察組織が解明し得なかった、自称・ジーニアスが企てた巧妙な誘拐事件。『症候群シリーズ』第二弾。再び現代の必殺仕置人が鮮やかに悪を葬る。


シリーズを逆順で読むことになってしまった。本作は、症候群シリーズ二作目である。
単行本出版は、1998年、インターネット接続がまだダイヤルアップだった時代である。インターネットの匿名性を悪用した犯罪を描くという本作の試みは、当時としてはかなり最先端をいっていたのではないだろうか。いまとなっては、懐かしい描写もあるが、そのことで興がそがれることはまったくない。ふたつの流れの誘拐事件を同時に描き、他方の事件を利用することによってもう一方の犯人を追いつめる。環ならではの絶妙な作戦に、次の展開が待ちきれない心地にさせられる。キャラクターも彼らの心の動きも見事な一冊である。

> more >>>

殺人症候群*貫井徳郎

  • 2010/03/25(木) 13:47:21

殺人症候群 (双葉文庫)殺人症候群 (双葉文庫)
(2005/06)
貫井 徳郎

商品詳細を見る

警視庁内には、捜査課が表立って動けない事件を処理する特殊チームが存在した。そのリーダーである環敬吾は、部下の原田柾一郎、武藤隆、倉持真栄に、一見無関係と見える複数の殺人事件の繋がりを探るように命じる。「大切な人を殺した相手に復讐するのは悪か?」「この世の正義とは何か?」という大きなテーマと抜群のエンターテインメント性を融合させた怒涛のノンストップ1100枚。


症候群シリーズ、迂闊なことに読んでいなかったが、本作が三部作のラストストーリーのようである。
未成年者による犯罪とその処罰の正当性、被害者の無念とその後の人生のことなどを考えさせられる。正義とはなにか、必要悪はあるのか。被害者家族に代わって反省の様子のない加害者を殺めることを「悪」と思わない響子は、自らもまた未成年の犯罪の被害者だからだった。一方、看護婦の和子は、移植しか助かる手立てのない息子のために、ドナーとなり得る人物を事故に見せかけて殺している。この無関係に見えるふた筋の流れが、じわじわとひとつに撚り合わされ、一本になったとき、特殊チームの面々は、意外な事実を知ることになる。あるところでガラッと様相を変えた物語は、哀しく愚かしく、あまりにも報われない物語である。