FC2ブログ

僕の探偵*新野剛志

  • 2020/04/08(水) 16:24:06


僕と宗介は半年前、街で偶然再会した。学生時代からの友人は、仕事を辞めて行くあてもないらしい。仕方なく一晩だけ泊めてやるつもりだったのが、今ではすっかり居着いてしまっている。そんな彼は、僕の周辺で起きた事件を素人探偵となって次々と解決していくのだが…。それぞれ暗い過去を持つ青年、勇吾と宗介。彼らに訪れる出会いと別れを描き、爽やかな余韻を残す連作短編集。


主人公の家に居候する友人が、話を聞いて事件を解決する、ある意味安楽椅子探偵物語なのだが、そう単純なものでもない。この探偵、普段はヨガの修行とやらでとんでもない恰好をしていたりするのだが、ときにものすごくアクティブだったりするので驚かされる。主人公の僕・勇吾は素人の女の子が売りのデリヘルの雇われ店長で、女の子たちやお客たちがらみで、あれこれ問題が起きると、居候の宗介に話をし、何となくアドバイスをもらったり、言うとおりにしてみると解決してしまったりするのである。宗介自身も、抱えきれない屈託を隠し持っていて、それがとんでもない展開になったりもする。それでもなんだかんだ言って、後味は爽やかで、青春物語のような読み心地でもあるのが不思議である。ドロドロしたものを爽やかに解決してくれる一冊かもしれない。

地面師たち*新庄耕

  • 2020/03/12(木) 18:38:42


ある事件で母と妻子を亡くした辻本拓海は、大物地面師・ハリソン山中の下で不動産詐欺を行っていた。ハリソン山中を首謀者とし、拓海を含む五人のメンバーが次に狙ったのは、市場評価額百億円という前代未聞の物件だった。一方、ハリソン山中を追う定年を間近に控えた刑事の辰は、独自の捜査を続けるうち、ハリソンが拓海の過去に深く関わっていたことを知る。一か八かの最大級の詐欺取引、難航する辰の捜査、そして、地面師の世界の深奥に足を踏み入れた拓海が知る事実とは―。


まるでドキュメンタリーのような緊迫感を味わえる物語である。人間の欲望に巧みにつけいっているとは言え、こんなことをされたら騙されない方がおかしい、と思わずうなってしまうような巧妙さである。さまざまな証明書や書類の類の偽造技術の巧妙さも、ここまで来ているのかと、ため息が出るほどである。被害者側の思惑にも同情できない要素があることもあって、つい地面師たちに肩入れしそうになってしまうが、そんなころ合いに定年間近の刑事・辰の捜査状況が挿みこまれるので、一時我に返ることができる。一旦悪の片棒を担いだら、泥沼だということもよく判る。文句なく面白い一冊だった。

カトク 過重労働撲滅特別対策班*新庄耕

  • 2020/02/06(木) 16:30:22


大企業の過重労働を特別捜査する東京労働局「カトク」班の城木忠司は、今日も働く人びとのために奮闘する!ブラック住宅メーカー、巨大広告代理店、IT系企業に蔓延する長時間労働やパワハラ体質。目標達成と“働き方改革”の間で翻弄されるビジネスパーソン達を前に、城木に出来ることは?時代が待望した文庫書下ろし小説。


過重労働を撲滅するという目的のために、ブラック企業を捜査する「カトク」にスポットを当てたお仕事小説である。確かにカトクの仕事内容も描かれているが、それよりも、捜査対象のブラック企業の闇がよく描かれている印象である。どうしてここまでブラックになってしまったのか、その実態を、時には我が身に引き寄せながら真剣に考える城木の、自らもまた苦悩している姿が胸に痛い。なにを、あるいはどこを、そして誰の考えを正せば労働環境が改善されるのか。捜査しながら的確に判断を下す彼らが救いの神にも見えてくる。愉しみながらも考えさせられる一冊だった。

絶声*下村敦史

  • 2019/10/08(火) 16:23:08

絶声
絶声
posted with amazlet at 19.10.08
下村 敦史
集英社
売り上げランキング: 131,608

親父が死んでくれるまであと一時間半――。
もう少しで巨額の遺産が手に入る。大崎正好はその瞬間を待ち望んでいた。
突如、本人名義のブログが更新されるまでは……。
『私はまだ生きている』
父しか知り得ない事実、悔恨、罪などが次々と明かされていく。
その声が導くのは、真実か、破滅か。
驚愕のラスト&圧倒的リーダビリティの極上ミステリー!


すい臓がんを患い、余命いくばくもない時期に突然疾走し、生死不明のまま時が経ち、遺産目当ての子どもたちの動きが慌ただしくなった折も折、父のブログが更新される。失踪宣告は一旦棚上げされ、一日も早く遺産を手に入れるためだけに、子どもたちはあれこれ調べ始めるのだが……。先妻の子どもと後妻の子ども、後妻が離縁された経緯、遺産のために仕組まれたあれこれ、父本人の後悔、などなど、複雑な要因が絡み合い、さらには、父本人によって仕組まれた仕掛けによって、思ってもみない結末を迎えることになる。面白く読んだのだが、登場人物の誰もが、私利私欲のためにしか動いておらず、個人的には誰にも肩入れすることができなかったことが、もうひとつのめり込めなかった一因かもしれない。自らの生き方が招いたこととはいえ、父親の哀れが思われてならない一冊ではあった。

府中三億円事件を計画・実行したのは私です。*白田

  • 2019/04/19(金) 16:24:46

府中三億円事件を計画・実行したのは私です。
白田
ポプラ社
売り上げランキング: 15,247

1968年12月10日に東京都府中市で起きた『三億円事件』。
「その犯人は、私です。」
今年8月、突如インターネットサイトに投稿された小説によって、日本中が話題騒然となった。
あの日、何があったのか――。

昭和を代表する迷宮入り事件。
奇しくもちょうど50年目を迎える節目の今年、「小説家になろう」に投稿され、ネット騒然!
ランキング1位! 800万PV突破の話題作、緊急発売!!


惹句があまりにも興味深いのでつい手に取ったが、ちらっと危惧した通りのないようで、正直がっかり感が強い。長年連れ添い、先日亡くした妻はあの彼女だったのか、事件を起こした後きょうまで、どんな思いで生きてきたのか、そして、奪った現金を実際はどこに隠し、どう使ったのか、などなど、著者が真犯人だと言う設定で小説にするなら、真犯人以外には想像できないその後の現実をこそ、深く掘り下げてほしかったと思う。お薦めしようとは思わない一冊である。

ルールズ*新藤晴一

  • 2017/10/23(月) 06:57:08

ルールズ
ルールズ
posted with amazlet at 17.10.22
新藤晴一
マガジンハウス
売り上げランキング: 5,435

人気ロックバンド、ポルノグラフィティの新藤晴一が描く
青春ロック小説の傑作!

ポルノグラフィティのギタリスト・作詞家として活躍する著者が、
2010年の小説家デビュー以来、待望の第2作目を上梓!

舞台は、著者が長きにわたって身を置く音楽業界。
メジャーデビューを目指して奮闘する
ロックバンドのベーシストを主人公にすえ、
ロッカーたちの生き様を追いかけた本書は、
細部にまでリアリティが宿るロック小説の傑作!

運命をともにするメンバーたちとの人間関係、
デビューにかけるひたむきな想いや葛藤、
成功を夢みる男たちの欲望……。
彼らの未来のカギを握るのは、いったい誰なのか?
この出来事は、伝説となりうるのか?
夢か現実か?
一気読み必至の青春グラフティ。


ロックは全くの門外漢だが、それでもそのばかばかしいほどの熱さがひしひしと伝わってくる。なにを大切に思い、なにを最優先に生きていくかということは、ロッカーに限らず、その人なりの譲れない理由があるだろう。彼らにとって、それがロックだということだ。損得勘定など微塵も考えずにいられた時代から、人生設計を俯瞰してみなければならない年代になってもなお、譲れないものは譲れないけれど、少しずつ妥協も覚えなければ生き残ってはいけない。そんなジレンマと、それでも熱い仲間たちとの結びつきが、読んでいて心地好い。有名人が物した小説という色眼鏡を外しても充分読み応えのある一冊だと思う。

騙し絵の牙*塩田武士

  • 2017/10/12(木) 16:23:36

騙し絵の牙
騙し絵の牙
posted with amazlet at 17.10.12
塩田 武士
KADOKAWA (2017-08-31)
売り上げランキング: 741

大手出版社で雑誌編集長を務める速水。誰もが彼の言動に惹かれてしまう魅力的な男だ。ある夜、上司から廃刊を匂わされたことをきっかけに、彼の異常なほどの“執念”が浮かび上がってきて…。斜陽の一途を辿る出版界で牙を剥いた男が、業界全体にメスを入れる!


主人公の編集者・速水には俳優の大泉洋があてがきされているので、初めから明確なイメージを持って読み進められるという、テレビドラマを観た後で原作を読んでいるような不思議な読書体験ができる。ほんとうにこの速水、大泉洋氏以外では考えられないキャラクタである、と思ってしまった時点でまんまとやられているのだろう。エピローグがあるからこその騙し絵ということなのだろうが、流れとしては当然とも言えるのではないかとも思った。カバー写真の仕掛けも秀逸で、物語をよく表している。仕掛けでも内容でも愉しませてくれる一冊だった。

罪の声*塩田武士

  • 2016/12/02(金) 19:19:47

罪の声
罪の声
posted with amazlet at 16.12.02
塩田 武士
講談社
売り上げランキング: 234

逃げ続けることが、人生だった。

家族に時効はない。今を生きる「子供たち」に昭和最大の未解決事件「グリ森」は影を落とす。

「これは、自分の声だ」
京都でテーラーを営む曽根俊也は、ある日父の遺品の中からカセットテープと黒革のノートを見つける。ノートには英文に混じって製菓メーカーの「ギンガ」と「萬堂」の文字。テープを再生すると、自分の幼いころの声が聞こえてくる。それは、31年前に発生して未解決のままの「ギン萬事件」で恐喝に使われた録音テープの音声とまったく同じものだった――。

未解決事件の闇には、犯人も、その家族も存在する。
圧倒的な取材と着想で描かれた全世代必読!
本年度最高の長編小説。

昭和最大の未解決事件―「ギンガ萬堂事件」の真相を追う新聞記者と「男」がたどり着いた果てとは――。
気鋭作家が挑んだ渾身の長編小説。


グリコ森永事件を題材にした409ページの大作である。青酸ソーダ入りのお菓子が店頭に置かれたということで、当時子どもが生まれたばかりだったわたしも我が身のこととして恐ろしさを感じた事件だったので、興味深く読んだ。大々的に報道された割には、実際犯人は何が目的だったのかよくわからず、尻すぼみに終わった印象があったが、本書を読むと、妙に納得できてしまう。記者が、大きな事件の取材に際して、犯人はどんなにもっともらしい大義名分を持っているのかと思って臨むと、どうしようもない理由で事件を起こしていることが多々あり、がっくりする、というようなことを言っているが、このギンガ萬堂事件の犯人たちも、まさにそうで、それがリアルさをより増している。読後は、あの事件の真相はまさにこうだったのだろうと思えてしまうほどである。テープの声の子どもにスポットを当てたのも見事だと思う。読み応えのある一冊だった。

田嶋春にはなりたくない*白河三兎

  • 2016/09/06(火) 17:02:04

田嶋春にはなりたくない
白河 三兎
新潮社
売り上げランキング: 379,223

正しいことを正しいと言って、何が悪いんですか! 史上最高に鬱陶しい主人公、誕生! 一流私大の法学部に在籍する女子大生「田嶋春」、通称タージ。曲がったことが大嫌いで、ルールを守らない人間のことは許せない。そのうえ空気は、まったく読まない。もちろん、友達もいない。そんなタージが突撃した「青春の謎」には、清冽で切ない真実が隠されていて――。読めば読むほど、不思議とタージが好きになるかも! ?


個人的には、初めからちょっと好きだったかも、田嶋春。これほど極端に空気を読まないわけではない(と自分では思う)が、似たところがある気がして、親しみを覚えてしまったりもする。なので、タージの気持ちが全く分からないというわけではなく、かと言って、全面的に支持できるというわけでもないので、肩頬に苦笑いを浮かべて眺めてしまうような読書タイムだった。きっと深く知ればみんな好きになると思うよ、田嶋春。彼女のことをもっともっと知りたくなる一冊なのである。

殺人犯はそこにいる*清水潔

  • 2014/06/01(日) 17:08:49

殺人犯はそこにいる: 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件殺人犯はそこにいる: 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件
(2013/12/18)
清水 潔

商品詳細を見る

犯人が野放しになっている? 「桶川ストーカー事件」を手掛けた記者が迫る! 5人の少女が標的になった知られざる大事件。それを追う記者が直面したのは、杜撰な捜査とDNA型鑑定の闇、そして司法による隠蔽だった――。執念の取材で冤罪「足利事件」の菅家さんを釈放へと導き、真犯人を特定するも、警察は動かない。事件は葬られてしまうのか。5年の歳月を費やし、隠された真実を暴きだす衝撃作。


報道を鵜呑みにしてはいけない、と常々思ってはいることだが、本書を読むと、一体何を信じればいいのだろう、と戸惑い、憤りさえ覚えてしまう。警察とは、市民の安全を守り、何を措いても市民の安全安心を脅かす真犯人を捕まえてくれるもの、というのは建前に過ぎないのだろうか。なにを信じればいいのか疑心暗鬼に駆られる中、著者の取材と調査が真実に迫る様子はもどかしさのなかから一条の光が差すようである。そしてそれでも自身の保身ゆえに動かない警察組織には落胆を隠せない。真実を知りたいと切実に思わせる一冊である。

叫びと祈り*梓崎優

  • 2013/09/08(日) 16:43:31

叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)
(2010/02/24)
梓崎 優

商品詳細を見る

砂漠を行くキャラバンを襲った連続殺人、スペインの風車の丘で繰り広げられる推理合戦、ロシアの修道院で勃発した列聖を巡る悲劇…ひとりの青年が世界各国で遭遇する、数々の異様な謎。選考委員を驚嘆させた第五回ミステリーズ!新人賞受賞作「砂漠を走る船の道」を巻頭に据え、美しいラストまで一瀉千里に突き進む驚異の連作推理誕生。大型新人の鮮烈なデビュー作。


ミステリと呼んでいいのかどうか迷うくらい、いままでなかったミステリなのではないだろうか。少なくともわたしがいままで読んできたミステリとは別のもののように思われる。斉木という一人の男が世界のあちこちを旅して体験した出来事というキーで繋がる連作短編集なのだが、物語とか筋立てとか舞台とか、それら自体が初めから謎解きなどなくても成立してしまうような気がする。それでいてきちんと謎解きもあるのだが、その種明かしの根拠もまたただ事ではないのである。そしてそれらの物語を束ねるラストの一作が、何とも切ないというか、それでいいのか、と読む者を悩ませるのである。悪い意味でなくとらえどころのない一冊とも言えるかもしれない。

続 岳物語*椎名誠

  • 2013/09/04(水) 16:42:57

続 岳物語続 岳物語
(1986/07/18)
椎名 誠

商品詳細を見る

ご存知、シーナさんちの岳少年。いま、男の自立の季節を迎えている。ローバイしつつも、ひとりうなずく父シーナ。カゲキな父と子のやさしい時代が終わり、新しくキビシイ友情物語が始まる!


家族の、というよりも、親子の、というよりも、男と男の、人間と人間の友情物語なのだと改めて思わされる。教育的とか躾の極意とか、そんな意図は微塵も感じられない、ひとりとひとりのぶつかり合いである。岳くんが成長してくるに従って、それは幼いころよりもなお顕著になってきて、この物語のその後もさらに厳しくも愛しいぶつかり合いが続いていくことになるのだろう。全身全霊で考え悩みためらい応える力について考えさせられる一冊でもある。

岳物語*椎名誠

  • 2013/08/21(水) 16:56:23

岳物語岳物語
(1985/05/14)
椎名 誠

商品詳細を見る

彼の名は岳(がく)。椎名誠の息子である。椎名誠よりもシーナ的といわれている。これは、ショーネン・岳がまだ父親を見棄てていない頃のウツクシイ父と子の友情物語である。著者初の私小説。


私小説と聞かなければ、フィクションの少年物語だと思ってしまうくらいである。岳少年の少年らしい無邪気さや一途な興味の向い方、父との関係、母との関係、現れ方は様々だが、きわめて健やかに描かれていて好ましい。気持ちの好い一冊である。

快挙*白石一文

  • 2013/07/02(火) 17:04:32

快挙快挙
(2013/04/26)
白石 一文

商品詳細を見る

変質しない夫婦関係などない。罪と罰を抱き共に生きる。それこそが、結婚――。あの日、月島の路地裏であなたを見つけた。これこそが私の人生の快挙。しかし、それほどの相手と結婚したのに五年が過ぎると、夫婦関係はすっかり変質してしまった。共に生きるためには、不実さえも許す。それこそが夫婦。そう思っていたが、すべては私の驕りにすぎなかった……。結婚の有り様をあなたに問う傑作夫婦小説。


男と女がある日出会って夫婦となり、愛ばかりではなくさまざまな波風に翻弄され、壁に突き当たり、乗り越えたり回り込んだりしながら共に暮らす日々を、淡々と描いた物語である。マニュアルなどどこにもなく、一筋縄ではいかない夫婦生活だが、これぞ快挙、と思える一瞬が確かにあったこと、そのことを忘れずにいられること、それが共に生きる味わいとでもいうものだろう、と思わせてくれる。しみじみと味わい深い一冊である。

狭小邸宅*新庄耕

  • 2013/04/18(木) 07:08:30

狭小邸宅狭小邸宅
(2013/02/05)
新庄 耕

商品詳細を見る

戸建物件を売る不動産会社に勤める「僕」。ノルマ、容赦ない上司の罵声。そこは売上という結果以外、評価されない過酷な職場だった。戦力 外通告を受けた異動先の営業所でも辞職を迫られるが、ある日幸いにもひとつの物件が売れ、周囲からも徐々に認められ、自身も変わっていく のだが……。


不動産業界が――多少の誇張はあるかもしれないが――まことにリアルに描かれているらしい。まずは、我が子が不動産業界に就職しなくてよかった、と胸をなでおろしてしまった。優秀な大学を卒業しているが、なかなか実績を出せずにいる松尾が主人公。上司に罵られ、殴られ蹴られ、ねちねちと嫌みばかり言われながらも、なぜか辞めずに家を売ろうとし続けている。人間性を根こそぎ否定されるような毎日はまさに地獄のようである。それが変わったのは、辞めるのも仕方がないと腹をくくった最後の一か月に焦げ付いている物件を売ったことがきっかけだった。それからは、優秀な部長の個人指導の下、どんどん不動産屋になり切っていく松尾であった。営業は実績がすべて、とは言え、あんまりな職場環境だなぁ、と思うのは甘いのだろうか。他人事として読むには面白い一冊である。