fc2ブログ

誰にも書ける一冊の本*荻原浩

  • 2011/12/28(水) 19:10:14

誰にも書ける一冊の本 (テーマ競作小説「死様」)誰にも書ける一冊の本 (テーマ競作小説「死様」)
(2011/06/18)
荻原浩

商品詳細を見る

「私」は、アルバイトと自分を含めて五人の広告制作会社を営んでいる。広告業のかたわら小説を書き、二冊の本を出している。会議中に、母親から電話があった。入院している父親の容態が悪くなり、医者から、会わせたい人は今のうち呼ぶように言われたという。函館に飛ぶ。父は、生体情報モニタという機械に繋がれていた。父とは不仲だったわけではないが、男同士で腹を割った話をした経験も、二人きりの親密な体験をした記憶もない。母から原稿用紙の束を渡された。父が書いていたものだという。本にしたくて、専門家のお前に意見を聞きたいんじゃないかと。父は八十年間、北海道で暮らしていた。出世したとは言い難い会社員、見合い結婚、子どもは「私」と妹の二人。平凡な人生を綴ったであろう厚さ四、五センチの原稿を息子以外の誰が読みたがるだろう。読み始めた。少年時代に羆の一撃を食らい、祖父とのニシン漁で学資を稼ぎ、北大文学部の英文科を目指すところまで読んだ時点で、父は事切れた。すべて初めて知ることばかりであった。最初は、素人が陥りやすい自慢話と思ったが、その後創作と思うようになる。葬儀まで暦の関係で日にちが空き、物言わぬ父の傍らで読み終えた。そして葬儀の日、すべては明らかになった……。  一人の人間が死した後に厳然と残り、鮮やかに浮かび上がってくるものとは。


「死様」というテーマの競作のなかの一冊のようである。ほかには、佐藤正午、白石一文、土居伸光、藤岡陽子、盛田隆二各氏が参加している。
父の死に接し、父が残した自伝のような原稿を読む息子である「私」は、生きているころには聞けなかった、聞こうともしなかった父の生き様をじっくりと知っていくことになる。戦争を体験し、北海道に移民として入植して並々ならぬ苦労をしてきたひとりの男の人生の重みが胸にずっしりと訴えかけてくるようである。校正しながら読み進み、自費出版でもしてやろうというつもりで読み始めた「私」も、いつしか惹き込まれ、読み終える頃にはそんな気持ちはなくなっていたのだった。これは、自分と母と妹が読めばそれでいい。そう思えるようになったのである。そして迎えた葬儀当日は、雪に降り込められ一面白い世界であった。争議会場となる自宅へ向かってやってくる人々の顔を見たとき、「私」は父の人生の宝を目の当たりにしたような心地だったのだろう。ひとりの人間の歴史を感じさせられる一冊である。

月の上の観覧車*荻原浩

  • 2011/06/24(金) 09:12:08

月の上の観覧車月の上の観覧車
(2011/05)
荻原 浩

商品詳細を見る

守れるはずもないことを、いくつ約束したのだろう。逃げ出した故郷、家族に押しつけた身勝手な夢。いつだってその残酷さに、気付かぬわけでは決してなかった―。月光の差し込む観覧車の中で、愛する人々と束の間の再会を遂げる男を描いた表題作ほか、繰り返せない時間の哀歓を描く著者最高の傑作短篇集。


表題作のほか、「トンネル鏡」 「金魚」 「上海租界の魔術師」 「レシピ」 「胡瓜の馬」 「チョコチップミントをダブルで」 「ゴミ屋敷モノクローム」

どれも胸を締めつけられるような切なさを内包した八つの物語である。取り戻せないからこその後悔や郷愁、過去のあるときへと飛ばす思いのどうしようもなさが見事である。そしてまた今作でも荻原さん=おばさん説が浮上するのだった。ご本人の講演会に伺ったことがあるので男性だということは重々承知しているが、それでもなお女性――ことに中年女性――の心情を描いて妙である。ときにどきりとさせられるほどなのである。どういうことなのだ、とご本人に問いたいくらいである。高いところは苦手なので観覧車にも自分から乗りたいとは思わないが、月の出ている夜になら乗ってみてもいいかもしれない、などと思ってしまう一冊である。

砂の王国 下*荻原浩

  • 2011/04/24(日) 19:19:55

砂の王国(下)砂の王国(下)
(2010/11/16)
荻原 浩

商品詳細を見る

奇跡のような成功の中、私は思う。
誰かに救ってほしいと。

作りだされた虚像の上に見る間に膨れ上がってゆく「大地の会」。
会員たちの熱狂は創設者の思惑をも越え、
やがて手に負えないものになった。

ホームレス生活からの劇的な生還。
だが多くを手に入れ、ふと振り返ると
そこにあるのは空虚な祝祭と、不協和音だった。

人の心を惹きつけ、操り、そして--壮大な賭けが迎える結末は。

人間の底知れぬ強さとかぎりない脆さ。
傑作長編小説、衝撃のラスト!


途中までは上巻を読みながら想像していた通りの成り行きだった。勢いづいた大地の会は、創始者である山崎遼一の思惑をはるかに超えて入会者を増やし、ひとり歩きをはじめたのである。ここまでは容易に想像できる話である。だが、ラストに向かって風向きがいささか怪しくなってくる。教祖に祭りあげられた仲村の行動も、最後の最後で意外だった。山崎の人生、いったいどこからが間違いだったのだろう、と彼と一緒に考え込みたくなる一冊だった。

> more >>>

砂の王国 上*荻原浩

  • 2011/04/23(土) 11:03:38

砂の王国(上)砂の王国(上)
(2010/11/16)
荻原 浩

商品詳細を見る

俺はまだ自分の運というやつに貸しがある。
さぁ、勝負だ。

全財産は、3円。転落はほんの少しのきっかけで起きた。
大手証券会社勤務からホームレスになり、
寒さと飢えと人々の侮蔑の目中で閃く--「宗教を興す」

段ボールハウスの設置場所を求めて辿り着いた公園で
出会ったのは、怪しい辻占い師と若い美形のホームレス。
世間の端に追いやられた3人が手を組み、
究極の逆襲が始まる--

驚愕のリアリティで描かれる極貧の日々と宗教創設計画。

『明日の記憶』から6年。人間の業(ごう)を描き出す
新たなる代表作の誕生!


ほんのしばらく前まで大手証券マンだった山崎遼一は、自分がホームレスだとなかなか認められなかったが、プライドを捨てて認めてしまえば生きる術はあれこれとあるのだった。潜入取材でもしたのかと思わせる過酷なその日暮らしの様子は薄ら寒くもあるが、一匹狼では生きていけない過酷さもよくわかる。そして山崎が、ねぐらに決めた公園で知り合った二人の男を巻き込み、証券会社時代に培ったビジネスのノウハウを生かして最低限の元手を蓄え、宗教団体「大地の会」を起こして活動をはじめたところまでがこの上巻で描かれている。
ここまでは、山崎のもくろみは成功しているように見える。このタイトルなので先はある程度想像できるが、「大地の会」がどうなっていくのかに興味津々である。下巻が愉しみ。

ひまわり事件*荻原浩

  • 2009/12/08(火) 19:11:54

ひまわり事件ひまわり事件
(2009/11/13)
荻原 浩

商品詳細を見る

実行犯は、ジジババと幼稚園児?隣接する有料老人ホーム「ひまわり苑」と「ひまわり幼稚園」。老人とガキどもの不思議な交流、やがて起こるカゲキな「事件」とは?荻原浩渾身の熱血幼老小説!―。


101の章から成るが、101章目(現在)が冒頭に置かれ、そのあとに1章(13年前)以降がつづく。
隣り合った、経営者を同じくする老人ホームと幼稚園。経営者側の勝手な思惑に降りまわされながら、甘んじている老人たちと、そんなことは関知せずに無邪気にはしゃぐ園児たち。そんな中、ホームの待遇など姿勢のあり方に疑問を投げかける人物が現れ、落ちこぼれ園児たちを巻き込んで、権力闘争へと発展するのである。
普段交流のない老人と園児が、いきなり苑園合同行事をつきつけられ、はじめは戸惑い、恐る恐る様子を伺うが、次第に自然に振舞えるようになって行く過程が無理なく描かれていて微笑ましい。老人も子どもも、それぞれが自分の身に引き比べて相手のことを考える様も興味深い。重いテーマがいくつも盛り込まれているのだが、園児の奔放な行動力や無邪気なのか生意気なのかわからない生態を交えて、重苦しくなくコメディタッチで描かれているので、難なく読めるのだが、考えさせられることは意外に多い一冊だった。

> more >>>

オイアウエ漂流記*荻原浩

  • 2009/09/14(月) 19:36:57

オイアウエ漂流記オイアウエ漂流記
(2009/08/22)
荻原 浩

商品詳細を見る

塚本賢司、28歳。接待出張で乗り合わせた飛行機が遭難し、なんと、流れ着いたのは水も火もないポリネシアの孤島!!賢司をコキ使う上司たち、スポンサー企業の御曹司、挙動不審な新婚カップル、小学生とそのじっちゃん、怪しいガイジン。あり得ないメンバー10人での毎日は、黒~い本音も秘密の過去も、隠しきれない生活だけど…。


桐野夏生著『東京島』と同じく、無人島サバイバル物語である。文明社会からいきなり隔絶されて戸惑い、葛藤や試行錯誤の末、少しずつ自給自足の暮らしを営み始めるところは同じなのだが、描かれ方の違いのせいか、本作にはブラック感がない。おじいちゃんとふたり連れの小学生・仁太がいるおかげでもあるかもしれない。初めは、文明社会での上下関係そのままだったのが、徐々に崩れ、意外な人のサバイバル力が役立って見直されるなど、虚飾を剥ぎ取った本来の人間性が現れてくるのも興味深い。
それにしてもこのラスト、あっけないと言えばあまりにもあっけなく、ブラックと言えばこれ以上ないほどブラックな展開ではないだろうか。

> more >>>

ちょいな人々*荻原浩

  • 2008/12/26(金) 17:13:43

ちょいな人々ちょいな人々
(2008/10)
荻原 浩

商品詳細を見る

隣の庭木を憎む主婦、脱サラした占い師、いじめられっ子と一緒に復讐する相談員など、ちょっと変でちょっと可哀そうな人達のお話


表題作のほか、「ガーデンウォーズ」 「占い師の悪運」 「いじめ電話相談室」 「犬猫語完全翻訳機」 「正直メール」 「くたばれ、タイガース」

ちょい悪、ちょいモテ・・・などなど、ちょっぴりの親しみやら可笑しみやら悲哀やらをこめて呼ばれる、ちょいな人々の物語である。大それたところなど欠片もなく、至って小市民的な彼らの日々は、同様の読者の共感と自嘲と切なさを呼ぶのである。愛すべきちょいな人々満載の一冊である。

> more >>>

愛しの座敷わらし*荻原浩

  • 2008/06/02(月) 18:50:30

愛しの座敷わらし愛しの座敷わらし
(2008/04/04)
荻原 浩

商品詳細を見る

生まれてすぐに家族になるわけじゃない。一緒にいるから、家族になるのだ。東京から田舎に引っ越した一家が、座敷わらしとの出会いを機に家族の絆を取り戻してゆく、ささやかな希望と再生の物語。朝日新聞好評連載、待望の単行本化!


食品会社で課長を務める晃一は、力を注いだ企画――豆腐デザート――を没にされ、東北の田舎に転勤させられることになった。そこで彼は、これからは仕事よりも家族だ、とばかり家探しをし、広いが古い古民家を借りる契約をしてしまったのだった。
物語はその家を家族そろって――妻・史子、中学生の娘・梓美、小学生の息子・智也、晃一の母・澄子――見に行くところから始まる。
それぞれの思惑が絶妙に交錯し、結局その家に住むことになった高橋一家だったが、引越し一夜目にしてすでに波乱含みである。梓美がもともと置いてあった手鏡をのぞくと、そこに自分以外の顔が映っていたのだ。小さな子どもの顔だった・・・・・。
子どもは、いつでも誰にでも見えるわけではなさそうで、初めて目にしたときのそれぞれの反応やその後の対応が丁寧に描かれていて、それぞれその人らしくてほほえましくさえある。
学校での居場所、会社での立場、近所づきあい、などなど・・・・・。都会に暮らしていたときには、狭い家のなかで家族のそれぞれが自分の抱える問題をばらばらに思い煩っていたが、田舎の広すぎる家で、座敷わらしという共通の問題(?)を囲むうちに、家族の距離も少しずつ縮まってくるのだった。
ただいるだけの座敷わらしなのだが、やはり福を呼ぶ神様なのかもしれない。

> more >>>

さよなら、そしてこんにちは*荻原浩

  • 2007/11/28(水) 13:01:49


さよなら、そしてこんにちはさよなら、そしてこんにちは
(2007/10/20)
荻原 浩

商品詳細を見る

テレビ番組の健康コーナーを日々チェックしながら仕入れに追われる、スーパーの食品売場責任者。若い妻と愛娘にクリスマス・パーティをねだられる住職。プロフェッショナルの悲哀を描く著者独壇場の傑作集。


表題作のほか 「ビューティフルライフ」 「スーパーマンの憂鬱」 「美獣戦隊ナイトレンジャー」 「寿し辰のいちばん長い日」 「スローライフ」 「長福寺のメリークリスマス」

自分のため、家族のため、大切な人のために日々戦う(働く)人々がそれぞれの物語の主人公である。一生懸命になればなるほどその背中には悲哀が滲んだりもする。だが、「やーめた」と言って投げ出してしまえないところがまた彼らの性質でもあるようだ。
つい声援を送り、一緒になって嘆き、他人事のようにくすりと笑いを漏らしながらじんと切なくなる、そんな一冊である。

> more >>>

ハードボイルド・エッグ*荻原浩

  • 2007/10/19(金) 17:14:17


ハードボイルド・エッグハードボイルド・エッグ
(1999/10)
荻原 浩

商品詳細を見る

中学の頃にフィリップ・マーロウのようなクールな探偵になることを心に決め、とうとう脱サラして事務所を開いた私。だが、来る依頼は動物の捜索ばかり。おまけにとんでもない婆さんを秘書に雇うはめになり…。
たっぷり笑える。1回泣ける。ワンダフルなミステリー。


ハードボイルド探偵・最上俊平シリーズ第一弾であるこの作品の魅力はなんといっても秘書募集のチラシを見てスナップ写真入りの履歴書を送ってきて採用された片桐綾の魅力と、綾と俊平の絡みである。この絡み方がなんとも大人っぽくて味わい深い。綾、なかなかやるのである。
動物探しの便利やもどきに間違われそうな最上俊平の探偵稼業の方も、スリルとサスペンスに満ち満ちていて、思わず知らず苦笑を浮かべてしまう箇所多数。解かれてみれば結構切ない事実でもある。
そしてまた綾、引き際までなんと切なく格好好いことか。泣けるのである。
シリーズ第二弾で、秘書との絡みが少ないのも、最上俊平、綾との日々を未だに引きずっているからかもしれない。(再読)

> more >>>

サニーサイドエッグ*荻原浩

  • 2007/09/15(土) 16:43:31


サニーサイドエッグ (創元クライム・クラブ)サニーサイドエッグ (創元クライム・クラブ)
(2007/08)
荻原 浩

商品詳細を見る

私は最上俊平、私立探偵である。ペット専門の探偵ではないのだ。ある日、若く美しい女性が事務所を訪れてきた。ペット捜しなら、もう――「うちの猫を捜してほしいんです」はい喜んで。1カ月ぶりの仕事ではないか。しかもそうこうするうち、「ブロンドで青い目の若い」秘書まで雇えることに。え、な、なんだこいつは!? おまけに猫捜しも、ただの猫捜しではなくなっていくのだった……あの名作『ハードボイルド・エッグ』続編!


ハードボイルドを気取っているが、どこかハードになりきれない――というよりもダメダメな――最上俊平がいい味を出している。自分で道を切り開いているというよりも、どういうわけかいつも誰かに助けられて乗り切ってしまうところが、情けなくもあって愛着が湧くのである。「運も実力のうち」などと言うから、最上俊平、もしかするとほんとうに優秀な探偵なのかもしれない。

> more >>>

母恋旅烏*荻原浩

  • 2007/05/08(火) 17:13:42

☆☆☆☆・

母恋旅烏 母恋旅烏
荻原 浩 (2002/03)
小学館

この商品の詳細を見る

花菱清太郎が家族全員を巻き込んで始めたのは、レンタル家族派遣業。元大衆演劇役者という経歴と経験を武器に意気揚々と張り切ったものの、浮草稼業に楽はなし。失敗につく失敗に、借金がかさみ火の車。やがて住む家すらも失い、かつての義理で旅まわりの大衆演劇の一座に加わることとなったが。はてさて、一家6人の運命やいかに!?


父である花菱清太郎(旅回りの役者としての芸名)こと菱沼清の行き当たりばったりのいい加減な生き方に振り回される家族の物語、かと思いきや――そういう要素もなくはないが――立派な自立の物語である。
語るのは、清太郎の次男で少々物事の呑み込みの遅くて同年代の者たちから落ちこぼれ気味の寛二(17歳)。見たままをそのまま語る素直すぎる語り口が物語を和ませるのに一役買っている。寛二には兄と姉がおり、姉には赤ん坊の娘もいる。そして美しいが自分の我を通すことをしない母。
父と喧嘩したり、引きずられたり、たまには協力し合ったり、と秦から見ればドタバタ喜劇のような毎日を送る彼等が、それぞれに自分のことを考え 家族のことを思い、少しずつ成長し自立していくのである。
そんな中、母の自立は家族にとって寂しいことに、父と離れることだった。だが、ラストの家族それぞれの成長した姿をきっとどこかで見ているだろうと思いたい。いまのこの家族のもとにならば帰って来てもいいんじゃない?と訊いてみたくもある。

千年樹*荻原浩

  • 2007/04/08(日) 14:08:38

☆☆☆☆・

千年樹 千年樹
荻原 浩 (2007/03)
集英社

この商品の詳細を見る

木はすべてを見ていた。
ある町に、千年の時を生き続ける一本のくすの巨樹があった。千年という長い時間を生き続ける一本の巨樹の生と、その脇で繰り返される人間達の生と死のドラマが、時代を超えて交錯する。


不思議な感覚に包まれる物語である。
主役は樹齢千年と言われる「くす」の巨樹。だがもちろん、主役の「くす」はただそこにあるだけであり、物語として描かれているのは その木の周りで 時代を超えて人を替えて行われる人々の営みなのである。いつの時代にも繰り返される愚かしさや身勝手さをくすの樹はすべて見せられ、時どきの人々の喜びや悲しみ、憂いや恨みを吸い取ってどんどん枝葉を繁らせているようにも思える。
長大なスパンの定点観測のようでもあり、人間の小ささを嗤う大きな何者かの目のようでもある。ふといま自分が立っている足元をみつめてしまうような一冊だった。

> more >>>

四度目の氷河期*荻原浩

  • 2006/10/17(火) 18:47:07

☆☆☆☆・

四度目の氷河期 四度目の氷河期
荻原 浩 (2006/09/28)
新潮社

この商品の詳細を見る

人生を語るには、早すぎるなんて言わせない。ぼくは今日から、トクベツな子どもになることにした―何をやっても、みんなと同じに出来ないワタルは、ある日死んだ父親に関する重大な秘密を発見する。その瞬間から、少年の孤独なサバイバルゲームは始まった。「自分」を生きるため、本当に大切なことって何?『明日の記憶』の著者が描く、今ここにいることの奇跡。感動青春大作。17歳の哀しみと温もりが、いま鮮やかに甦る。


ワタルと母は町のはずれの坂の上にひっそりと建つ一軒家に二人暮らしだった。父はいない。顔も知らない。母は研究員として研究所で働き、彼らはいつまでたってもこの町ではよそ者だった。そしてワタルは外見も成長の度合いも ほかの子どもたちとは違っていた。ある日ワタルは、いくつかの要因から 自分がクロマニヨン人の息子だと推測し、そう信じることで ほかの子どもたちとの違いにも納得することができ、自分だけの自信と目標を持つことができたのだった。

自分とは?他者とは?という 思春期に誰でもがもてあます悩みを、姿かたちと生い立ちの違いという際立った差異によって人よりも強く抱いてしまったワタルが 自分がほかの誰でもない自分だということに気づくまでの長い長い道のりは ときに叫びだしたくなるほどであり、ある意味似たもの同士のサチの存在が雪野原で流す涙のあたたかさのようにじんと沁みる。

> more >>>

押入れのちよ*荻原浩

  • 2006/08/06(日) 20:54:46

☆☆☆・・

押入れのちよ 押入れのちよ
荻原 浩 (2006/05/19)
新潮社

この商品の詳細を見る

今ならこの物件、かわいい女の子(14歳・明治生まれ)がついてきます…。幽霊とサラリーマンの奇妙な同居を描いた表題作ほか、「木下闇」「殺意のレシピ」「介護の鬼」など全9話を収録した、ぞくりと切ない傑作短編集。


表題作のほか、お母さまのロシアのスープ・コール・老猫・殺意のレシピ・介護の鬼・予期せぬ訪問者・木下闇・しんちゃんの自転車。
どの物語にも、なにかしら普通に生きていては出会えない何者かが現われる。 心の中の鬼だったり、恐怖だったり、出来心だったり、幽霊だったり。
そして、生きている者の方が幽霊よりも断然恐ろしい と思わされてしまうのが切なくもある。
表題作『押入れのちよ』でも、ちよは何も悪さをしないが、その力を一瞬でも利用しようとする生きた人間の欲はどうだろう。 ほんとうに恐ろしいものは何かを考えさせられる一冊だった。

> more >>>