青空と逃げる*辻村深月

  • 2018/07/12(木) 10:49:29

青空と逃げる (単行本)
辻村 深月
中央公論新社
売り上げランキング: 13,725

深夜の交通事故から幕を開けた、家族の危機。押し寄せる悪意と興味本位の追及に日常を奪われた母と息子は、東京から逃げることを決めた――。

辻村深月が贈る、一家の再生の物語。読売新聞好評連載、待望の単行本化。


新聞小説だったとは知らずに読んだのだが、連載中に呼んでいたとしたら、次の展開を知りたくて、さぞやもどかしい思いをしたことだろう。舞台俳優の父・本条拳は、共演女優の運転する車に同乗していた時に事故を起こし、女優はその後自殺。彼自身も故あって家族のもとから姿を消すことになる。拳の息子・力の目線で、その後の母・早苗と二人の逃亡生活が語られる。小学四年の力に、母な詳しい事情は語らず、それでも逃げているのだろうことは察せられるので、力自身ももどかしく寄る辺ない心地で着いていくしかないのである。行った先々で出会う人々との関わり、母の苦労と自らの非力さ、人々の温かい心遣いと先行きの見えない毎日は、どれほど不安だったろうかと思うと胸が痛む。追手は、どこへ逃げてもやってきて、人間関係が築けそうだと思うと、そこを離れなければならなくなるのは、やり切れなさすぎる。それでも、力も早苗も、少しずつ強くなり、経験値を上げていく姿を、応援したくなる。さまざまな要素で想像を掻き立てられるが、ラストは青空の色があたたかく思える。涙が止まらない一冊だった。

僕と彼女の左手*辻堂ゆめ

  • 2018/06/16(土) 19:28:15

僕と彼女の左手 (単行本)
辻堂 ゆめ
中央公論新社
売り上げランキング: 393,713

「明日から私の家庭教師をしてください」幼い頃遭遇した事故のトラウマで、医者の夢が断たれた僕。そんな時に出会ったのは、左手でピアノを奏でる不思議な子・さやこだった。天真爛漫な彼女にいつしか僕は恋心を抱くようになるが、同じ時間を過ごせば過ごすほど、彼女の表情は暗くなっていく。彼女はいったいどんな事情を抱え、僕のところへきたのだろうか。その謎が解けたとき、僕らはようやく最初の一歩を踏み出すことができる―。繊細な心理描写&精密なミステリを融合した、辻堂ゆめの傑作!


幼いころ列車の脱線事故に遭い、壮絶な体験をし、さらに父を亡くしたことがトラウマになっている医大生の時田習と、清家さやこが出会う場面で、既にさやこの思惑は想像がついたが、それからのことは、思いもよらないことが多かった。事実がひとつずつ明らかにされるたびに、ひとつずつ腑に落ち、さらに二人を応援したくなる。ひとりではだめでも、二人なら乗り越えられることもあるだろう。哀しい過去の記憶を上回るくらいたくさんの幸せが二人にあることを祈りたくなる一冊である。

かがみの孤城*辻村深月

  • 2018/06/04(月) 07:08:54

かがみの孤城
かがみの孤城
posted with amazlet at 18.06.03
辻村 深月
ポプラ社
売り上げランキング: 128

あなたを、助けたい。

学校での居場所をなくし、閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、城のような不思議な建物。そこにはちょうどこころと似た境遇の7人が集められていた――
なぜこの7人が、なぜこの場所に。すべてが明らかになるとき、驚きとともに大きな感動に包まれる。
生きづらさを感じているすべての人に贈る物語。一気読み必至の著者最高傑作。


学校でいじめられている中学生を励ます物語かと思って読み始めたが、想像よりもはるかに深く温かく胸の奥までしみ込んでくる。お城のナビゲーター役のオオカミさまとは誰なのか、なぜこの七人が選ばれたのか、願いの部屋の鍵を見つけるのは誰で、どんな願い事をし、その後はどうなるのか。などなど、さまざまな興味がを掻き立てられながら読み進むことになる。いじめの陰湿さや、傷ついて、殺されるとまで思い詰める被害者の心の動きと、学校側の認識との激しすぎるずれにいらだったり、母の心配や焦りや不安のリアルさと、それにさえ反発してしまう娘の苦しさ。それぞれに苦しみを抱えて城にやってくる仲間たちとのやりとりも、初めは手探りで、全面的には心を許すことができない。それほどに傷ついていることのやりきれなさにも胸が痛む。そして、少しずつ、ひとつずつ、さまざまな事情が明らかになっていくにつれ、さらに涙を誘われる場面が多くなり、最終的にすべてがつながったときには、さらなる驚きと納得、そして安心感に包まれるのである。城に呼ばれる子どもなどいないほうがいいが、彼らはここに呼ばれて、まさに人生を生き抜く力を得たのだと思う。子どもだけでなく、すべての人が勇気づけられる一冊である。

オーダーメイド殺人クラブ*辻村深月

  • 2016/05/13(金) 21:17:38

オーダーメイド殺人クラブ
辻村 深月
集英社
売り上げランキング: 364,499

クラスで上位の「リア充」女子グループに属する中学二年生の小林アン。死や猟奇的なものに惹かれる心を隠し、些細なことで激変する友達との関係に悩んでいる。家や教室に苛立ちと絶望を感じるアンは、冴えない「昆虫系」だが自分と似た美意識を感じる同級生の男子・徳川に、自分自身の殺害を依頼する。二人が「作る」事件の結末は―。少年少女の痛切な心理を直木賞作家が丹念に描く、青春小説。


まったく親しいわけではないが、奥底に似通った感性を感じたクラスメイトの昆虫系男子・徳川に自分を殺すことを依頼したアン。中二という、自分の存在がまだ確立されておらず、些細なことで揺らぐ年頃特有の面倒臭いことこの上なく、しかもひどく狭い人間関係に翻弄されつつ日々を過ごす様子が、息苦しいほどリアルである。そんな中で、アンにとって、自分が殺されるXデーが、生きる希望になっているのも矛盾してはいるが、解る気がしなくもない。徳川と計画を練っていくうちに、彼のことをまったく知らないことに気づいたり、Xデー以後の彼の周りのことに想いを馳せることもできるようになったりするが、それは少しずつ成長している証しでもあるように思われる。そして二人の関わり方も微妙に変わってくる。大人になって振り返れば、小さなコップの中の嵐のようなものであるのだが、あまりに激しく束の間の嵐ではあった。途中、やや中だるみ感はあった印象はあるが、展開から目が離せない一冊だった。

きのうの影踏み*辻村深月

  • 2015/10/27(火) 17:08:27

きのうの影踏み (角川書店単行本)
KADOKAWA / 角川書店 (2015-09-26)
売り上げランキング: 9,630

子どもの頃、流行っていたおまじないは、嫌いな人、消したい人の名前を書いた紙を十円玉と一緒に十日間続けて賽銭箱に投げ込むことだった。ある日、子どもたちは消えた子どもについて相談していて……(「十円参り」)。あるホラー作家が語る謎のファンレターの話を聞きぞっとした。私のところにも少し違う同じような怪しい手紙が届いていたからだ。その手紙の主を追及するうちに次々と怪しいことが連続し……(「手紙の主」)。出産のため里帰りしていた町で聞いた怪しい占い師の噂。ある日、スーパーで見知らぬ老女を見かけた瞬間、その人だと直感し……(「私の町の占い師」)。
怪談専門誌『Mei(冥)』に連載した作品ほか、書き下ろしを収録した全13篇。人気絶頂の著者が、最も思い入れあるテーマに腕をふるった、エンターテインメントが誕生しました。


こういうテイストとは知らずに読み始めたのだが、怪談だったとは。ただ、ホラーは苦手なのだが、本作は、現実に即しているというか、荒唐無稽な理不尽さはなく、実際に身近で起こっているかもしれないと感じられるレベルなので――だからなおさら怖いとも言えるが――親しんで読めた気がする。このホラーは結構好きかも、と思わせてくれる一冊だった。

朝が来る*辻村深月

  • 2015/09/30(水) 16:40:01

朝が来る
朝が来る
posted with amazlet at 15.09.30
辻村 深月
文藝春秋
売り上げランキング: 6,145

「子どもを、返してほしいんです」親子三人で穏やかに暮らす栗原家に、ある朝かかってきた一本の電話。電話口の女が口にした「片倉ひかり」は、だが、確かに息子の産みの母の名だった…。子を産めなかった者、子を手放さなければならなかった者、両者の葛藤と人生を丹念に描いた、感動長篇。


栗原夫妻の物語から始まる。結婚し、子を望んでも叶わず、辛い不妊治療を途中で断念し、子どもがいない人生を考え始めたところに、特別養子縁組という制度を知り、産んだが育てることが叶わない母から生後間もない赤ん坊を引き取って実子として育てることを選ぶ。子どもやその親とのちょっとしたトラブルも含め、しあわせに暮らしている栗原家にあるときからかかるようになった無言電話。その先にいたのは、息子・朝斗の生みの親・片倉ひかりだった。その先は、ひかりが子を産み、養子に出し、その後どんな風に生きてきたかが描かれる。ひかりが出産したのは中学生のときであり、栗原家に電話をしたのは二十歳のときなのだが、その六年は、読むのが辛くなるものである。とは言え、あまりにも無知で無防備で後先を考えない行動の結果であることを考えると、同情するばかりでもいられない。結局は行いは自分に返って来るのだろうとも思う。ラストの栗原家の対応は大人すぎる気がしなくもないが、それで朝斗もひかりも救われたに違いない。やるせなさもどかしさとともに、人のあたたかさが胸を打つ一冊である。

にぎやかな落ち葉たち*辻真先

  • 2015/05/10(日) 06:57:39


北関東の山間にたつグループホーム「若葉荘」。世話人は元天才少女小説家。居住者は自在に歳を重ねた高齢者たちと、車椅子暮しながら筋骨隆々の元刑事と、身寄りのない彼の姪。賑やかで穏やかな日々は、その冬いちばんの雪の日、とつぜん破られる。密室に転がった射殺死体の出現によって―ホーム最年少の少女スタッフは、隠された因縁を解き明かし、真相に迫ることができるのか!?半世紀を超える筆歴を持つ日本一やんちゃな巨匠が、稚気と叙情と茶目っ気を縦横に駆使して描く、本格ミステリ長編!


まず、登場人物がそれぞれに個性的で、にもかかわらず親しみやすく、読者もあっという間に若葉荘の雰囲気に馴染めてしまうので、つい入居者の一人になった心地で読んでしまう。最年少、17歳の綾乃は、世話人の寥(りょう)を甲斐甲斐しく手伝いながらも、人一倍屈託を抱えているのが端々に伺えて気になる。仕事熱心とは言いかねる杵谷が解雇もされずに若葉荘にいるのも気にかかる。何かが起きそうだと思っているところに大雪で道路が閉ざされ、殺人事件が起きるのである。過去から続く恨みの気持ちと時のいたずら、そして別の流れが加わったとき、とんでもない力になってしまったのである。何度もそうだったのかと思わされる一冊である。

家族シアター*辻村深月

  • 2015/01/04(日) 06:58:26

家族シアター家族シアター
(2014/10/21)
辻村 深月

商品詳細を見る

お父さんも、お母さんも、おじいちゃんも、おばあちゃんも、娘も、息子も、お姉ちゃんも、弟も、妹も、孫だって―。ぶつかり合うのは、近いから。ややこしくも愛おしい、すべての「わが家」の物語。


「「妹」という祝福」 「サイリウム」 「私のディアマンテ」 「タイムカプセルの八年」 「1992年の秋空」 「孫と誕生会」 「タマシイム・マシンの永遠」

姉と妹、母と娘、祖父と孫。家族にもさまざまなつながり方がある。近いがゆえに却って見えないこと、近すぎて気づけないこと。愛の深さをそうと気づかずに鬱陶しく思うこともある。それぞれがそのときどきの精一杯で家族と関わっていたのだと気づくのはいつもはるか先へ行ってふり返る時なのだ。もどかしくて切なくて、じゅわんとあたたかい一冊である。

エヴリシング・フロウズ*津村記久子

  • 2014/11/30(日) 18:38:11

エヴリシング・フロウズエヴリシング・フロウズ
(2014/08/27)
津村 記久子

商品詳細を見る

クラス替えは、新しい人間関係の始まり。絵の好きな中学3年生のヒロシは、背が高くいつも一人でいる矢澤、ソフトボール部の野末と大土居の女子2人組、決して顔を上げないが抜群に絵のうまい増田らと、少しずつ仲良くなっていく。母親に反発し、学校と塾を往復する毎日にうんざりしながら、将来の夢もおぼろげなままに迫りくる受験。そして、ある時ついに事件が…。
大阪を舞台に、人生の入り口に立った少年少女のたゆたい、揺れる心を、繊細な筆致で描いた青春群像小説。


中学生の物語である。大人から見れば狭い世界でうろうろしているように見える彼らにも、日々さまざまな出会いがあり、感情の揺れがあり、駆け引きがあり、心の通い合いがあるのだと、忘れかけていた気持ちを思い出させてくれる。しかも、それぞれに学校生活以外にも抱えているものがあり、ときには一人で抱えきれないこともある。新学期の出会いがあって現在がある。遠いようで近く、浅過ぎず深すぎない関わり方が、彼らなりの絶妙さでそれぞれの関係を成り立たせているのが素晴らしい。みんなに明るい未来があることを信じたくなる一冊である。

ウエストウイング*津村記久子

  • 2012/12/31(月) 13:33:39

ウエストウイングウエストウイング
(2012/11/07)
津村 記久子

商品詳細を見る

職場の雑事に追われる事務職のOL・ネゴロ、単調な毎日を送る平凡な20代サラリーマン・フカボリ、進学塾に通う母子家庭の小学生・ヒロシ。職場、将来、成績と、それぞれに思いわずらう三人が、取り壊しの噂もある椿ビルディング西棟の物置き場で、互いの顔も知らぬまま物々交換を始める。ビルの隙間で一息つく日々のなか、隠し部屋の三人には、次から次へと不思議な災難が降りかかる。そして彼らは、図らずも西棟最大の危機に立ち向かうことに…。


想像していたのとは全く違う物語だった。ゆるく生ぬるく始まったネゴロ、フカボリ、ヒロシの、なんの接点もない椿ビルディングでの日々の物語は、それぞれが別の目的で逃避場にしていたビルの隅の物置場を介して、ある日を境に、じわじわと少しずつ緊張感をはらんだものになっていくのだった。自分以外に――姿が見えない――誰かがいるかもしれないということが、張り合いとか期待とか名づけられるほどではないが、微かな心持ちの変化を生むのだった。それは読者にとっても同じで、いつどんな風にそれぞれに素性が明らかになり、交流が始まる――あるいは途切れる――のだろうか、と興味を惹かれながら読むことになる。物置場での見えない交流とは別に、ゆるくて生ぬるいと見えた日常は、実は椿ビルディングを生活の場にしている万人に降りかかる危機の序章だったのだ。ひとつを乗り越えると、そこにはまた新たな危機が立ちはだかり、途方にくれながらもなんとか解決策を手探りするのだが、彼らになんとなく緊迫感がないような気がするのは、椿ビルディングという建物の属性によるものだろうか。どうなることかといちばん気を揉んでいるのは読者かもしれない、とふと思う。ラストまでゆるいが、屋上のユンボが動かなくてよかったと、ほっと胸をなでおろした一冊である。

とにかくうちに帰ります*津村記久子

  • 2012/11/25(日) 08:29:32

とにかくうちに帰りますとにかくうちに帰ります
(2012/02/29)
津村 記久子

商品詳細を見る

うちに帰りたい。切ないぐらいに、恋をするように、うちに帰りたい――。職場のおじさんに文房具を返してもらえない人。微妙な成績のフィギュアスケート選手を応援する人。そして、豪雨で交通手段を失った日、長い長い橋をわたって家に向かう人――。それぞれの日々の悲哀と矜持、小さなぶつかり合いと結びつきを丹念に描く、芥川賞作家の最新小説集。働き、悩み、歩き続ける人たちのための六篇。


「職場の作法」
   ブラックボックス
   ハラスメント、ネグレクト 
   ブラックホール
   小規模なパンデミック
「バリローチェのフアン・カルロス・モリーナ」
「とにかくうちに帰ります」

本土から離れた「洲」にある小さな会社が舞台の連作である。私(鳥飼)の目線で、先輩や上司との職場での日常のあれこれが語られるのだが、そのどれもが些細なことでありながら、チクリと胸を刺されたり、それぞれの人の人となりがそれとなくにじみ出ていたりして興味深い。人間ってこうだよなぁ、と思わず深くうなずいてしまったりもする。そして表題作では、ほんとうにほんとうに心から屋根って素晴らしい、と思わされる。凄まじい雨に降りこめられた人たちが、とにかく何をおいても屋根のある家に帰って力を抜けることを祈らずにはいられない。不思議に魅力的な一冊である。

鍵のない夢を見る*辻村深月

  • 2012/09/25(火) 17:20:46

鍵のない夢を見る鍵のない夢を見る
(2012/05/16)
辻村 深月

商品詳細を見る

普通の町に生きる、ありふれた人々がふと魔が差す瞬間、転がり落ちる奈落を見事にとらえる5篇。現代の地方の姿を鋭く衝く短篇集


「仁志野町の泥棒」 「石蕗南地区の放火」 「美弥谷団地の逃亡者」 「芹葉大学の夢と殺人」 「君本家の誘拐」

普通の町で暮らす、ありふれた人々が主人公だが、語られていることは決して普通とは言えないことばかりである。心の昏い部分をわずかな隙間から偶然垣間見てしまったような、居心地の悪いうしろめたさが後に残る物語である。ラスト近くできゅっと捻られ、物語が様相を変えるのも興味深い。読後どんよりしてしまう一冊でもある。

水底フェスタ*辻村深月

  • 2011/11/10(木) 21:40:58

水底フェスタ水底フェスタ
(2011/08/24)
辻村 深月

商品詳細を見る

村も母親も捨てて東京でモデルとなった由貴美。突如帰郷してきた彼女に魅了された広海は、村長選挙を巡る不正を暴き“村を売る”ため協力する。だが、由貴美が本当に欲しいものは別にあった―。辻村深月が描く一生に一度の恋。


プライバシーなどあってないような狭い村の暮らしの閉塞感に倦んでいた湧谷広海と、村を捨てて東京でモデルになり映画にも出たのに、どういうわけか帰ってきている織場由貴美は、村を会場とするロックフェス「ムツシロック」の夜に出会う。その日から少しずつ何かが変わっていったのだった。広海の想いと真実を胸に秘めた由貴美の想いは重なることがあるのか。真実に近づくにつれ、やり場のない憤りを覚え、村の代々続く隠蔽体質に虫唾が走る。信じられるのは一体誰なのか。出口のない物語のように思える一冊である。

太陽の坐る場所*辻村深月

  • 2011/07/13(水) 19:59:50

太陽の坐る場所太陽の坐る場所
(2008/12)
辻村 深月

商品詳細を見る

高校卒業から10年。クラス会に集まった男女の話題は、女優になったクラスメートの「キョウコ」。彼女を次のクラス会へ呼び出そうともくろむが、「キョウコ」と向かい合うことで思い出される、高校時代の「幼く、罪深かった」出来事―。よみがえる「教室の悪意」。28歳、大人になってしまった男女の想いを描き、深い共感を呼び起こす傑作ミステリー。辻村深月の新境地。


地方の高校の同級生の十年後の物語である。高校二年と三年を同じ教室で過ごしたクラスメイトも、卒業後、地元に残った者あり、東京に出た者あり、結婚した者、女優になった者、地元テレビ局のアナウンサーになった者と、さまざまである。毎年クラス会として集まるたびに高校時代の残酷な罪深さを再認識することになるのである。高校時代と現在との印象がどうも合致しない人がいてずっと気になって仕方がなかったのだが、そういうからくりだったのか。そこが腑に落ちると物語りはがらりと様相を変える。その辺りは確かに面白かったが、内容にはさほど目新しさを感じられなくて、いささか残念でもある。映像化が不可能という点では面白い一冊である。

ふちなしのかがみ*辻村深月

  • 2010/01/08(金) 17:14:29

ふちなしのかがみふちなしのかがみ
(2009/07/01)
辻村 深月

商品詳細を見る

ひややかな恐怖が胸に迫る―青春ミステリの気鋭が初めて封印を破った現代の怪談!おまじないや占い、だれもが知っていた「花子さん」。夢中で話した「学校の七不思議」、おそるおそる試した「コックリさん」。やくそくをやぶったひとは、だぁれ?その向こう側は、決して覗いてはいけない―。


表題作のほか、「踊り場の花子」 「ブランコをこぐ足」 「おとうさん、したいがあるよ」 「八月の天変地異」

現代の怪談という惹句がこの一冊をよく表わしている。ラストに向かうほどに心が騒ぎ、様相が一変する瞬間は、背筋が寒くなる。驚愕のどんでん返しとか、ほのぼのとしたどんでん返し、というのではなく、哀しい大逆転という感じで、読後はやるせなくさせられる物語が多かった。