処刑までの十章*連城三紀彦

  • 2014/11/19(水) 07:17:07

処刑までの十章処刑までの十章
(2014/10/09)
連城 三紀彦

商品詳細を見る

ひとりの平凡な男が突然消えた。弟直行は、土佐清水で起きた放火殺人事件、四国の寺で次々と見つかるバラバラ死体が、兄の失踪と関わりがあるのではと高知へと向かう。真相を探る度に嘘をつく義姉を疑いながらも翻弄される直行。夫を殺したかもしれない女に熱い思いを抱きながら、真実を求めて事件の迷路を彷徨う。禁断の愛、交錯する嘘と真実。これぞ、連城マジックの極み。耽美ミステリーの名手が遺してくれた渾身の1000枚!闘病中に書き上げた執念の大長編を、追悼の意を込めて、一周忌に刊行―。


怖かった。初めはただの浮気の果ての逃避行かと思われた平凡な男の失踪が、美しい青い蝶・アサギマダラを介してはるか四国の放火事件やバラバラ死体遺棄事件と繋がり、じわりじわりと怖くなる。しかも、夫・靖彦に失踪されて呆然とする妻だと思っていた順子は、靖彦の弟・直行に痴れっと嘘をつくのである。夫と妻と義弟の捻じれた三角関係、そしてはるか四国の歪んだ三角形。関係があるようで遠いようなもどかしさ。真相に近づきかけるとするりと逃げられるような喪失感。そして思っても見なかった真相。捻じれ歪み背筋がうすら寒くなる一冊だった。

小さな異邦人*連城三紀彦

  • 2014/08/28(木) 17:10:08

小さな異邦人小さな異邦人
(2014/03/10)
連城 三紀彦

商品詳細を見る

8人の子供と母親からなる家族へかかってきた1本の脅迫電話。「子供の命は預かった、3千万円を用意しろ」だが、家には子供全員が揃っていた!?生涯最後の短篇小説にして、なお誘拐ミステリーの新境地を開く表題作など全8篇。


表題作のほか、「指飾り」 「無人駅」 「蘭が枯れるまで」 「冬薔薇」 「風の誤算」 「白雨」 「さい涯てまで」

男女の愛の行方の哀しくも切ない物語たちであるが、なによりの印象は女性の強さである。どの物語でも、犯人であったり主役で会ったりする女性の芯の強さが際立っている。それは愛ゆえなのかもしれない。その辺りを丁寧に繊細に描きつつ、ぞくぞくする企みをそっと隠して、最後の最後に明かして見せる巧さは見事である。重たい曇り空が似合う雰囲気の一冊である。

夜よ鼠たちのために*蓮城三紀彦

  • 2010/05/25(火) 20:30:21

夜よ鼠たちのために (新潮文庫)夜よ鼠たちのために (新潮文庫)
(1986/04)
連城 三紀彦

商品詳細を見る

脅泊電話に呼び出されて出かけた総合病院の院長が殺され、続いて、同じ病院の内科部長の死体が発見された。見つかった二人の死体は、首に針金を二重に巻きつけられ、白衣を着せられていた。何故二人がこんな姿で殺されたのか?そして、「妻の復讐のために殺した」という犯人の電話の意味は?執拗な復讐者の姿を追う表題作ほか、人間の心の奥に潜む闇を描くサスペンス6編。


表題作のほか、「二つの顔」 「過去からの声」 「化石の鍵」 「奇妙な依頼」 「二重生活」

どれもとてもよくできた物語である。極自然にまっすぐに流れていた流れが、ある時点を境にもつれ絡まり合い逆流するように、がらっと様相を変える。その変わり様が見事である。真実がわかるとそれまで見逃していた些細な点が、浮かび上がるように見えてくるのが不思議である。どこでどうひっくり返されるかわくわくする一冊だった。

造花の蜜*連城三紀彦

  • 2009/04/23(木) 09:02:10

造花の蜜造花の蜜
(2008/11)
連城 三紀彦

商品詳細を見る

造花の蜜はどんな妖しい香りを放つのだろうか…その二月末日に発生した誘拐事件で、香奈子が一番大きな恐怖に駆られたのは、それより数十分前、八王子に向かう車の中で事件を察知した瞬間でもなければ、二時間後犯人からの最初の連絡を家の電話で受けとった時でもなく、幼稚園の玄関前で担任の高橋がこう言いだした瞬間だった。高橋は開き直ったような落ち着いた声で、「だって、私、お母さんに…あなたにちゃんと圭太クン渡したじゃないですか」。それは、この誘拐事件のほんの序幕にすぎなかった―。


一体何度クライマックスに近づく興奮を味わわせれば気が済むのだろう。登りつめたと思えば、更にその先に登るべき道が続いている。そして、とうとうほんとうに登りきり、頂上に立って再び下りてきたと思えば、気を抜くまもなく、まるでデジャブのように同じ登り道を登っていることに気づかされるのである。
単純な誘拐事件の様相ではじまった物語は、誰もが真実を語っていないような不穏さで満ちみち、最初から最後まで不協和音を奏でながら、しかし終わってみれば見事な協奏曲になっている。
ページを繰る手を止められない一冊だった。

恋文*連城三紀彦

  • 2005/07/24(日) 12:58:01

☆☆☆・・



 直木賞受賞作
 過ぎ去った想い出に苦笑いしつつ、なお人は誰かを愛さずにはいられない・・・・・。

 マニキュアで窓ガラスに描いた花吹雪を残し、夜明けに下駄音を響かせて
 アイツは出ていった――。結婚十年目に夫に家出をされた
 歳上でしっかりものの妻の戸惑い。しかしそれを機会に、彼女には
 初めて心を許せる女友達が出来たが・・・・・。
                  *
 表題作など著者の新しい才能が光るネオ・ロマン五篇!
   (帯より)


表題作のほか、紅き唇・十三年目の子守唄・ピエロ・私の叔父さん。

人を愛するとは何か、しあわせとは何かを考えさせられる作品たちである。
どの作品のどの登場人物も、自分のなかに湧いてくる愛という気持ちを上手く手なずけられず、さまざまな歪んだ形で表わそうとする。
それはあまりにも真っ直ぐすぎたり 回り道しすぎたりで、相手にそのまま届くことはない。
切なくもどかしく熱を帯びた五篇である。

明日という過去に*連城三紀彦

  • 2003/11/09(日) 07:38:49

☆☆☆・・   明日という過去に

一言でいってしまうと 往復書簡という形を取った女のたたかい。

終始 柔らかで穏やかな言葉遣いで綴られた二人(一時的には三人)の女の手紙のやり取りなのだが
その内容たるや 四次元方程式にもにた男女の関係の中での静かで激しい闘いそのものなのだ。
真実らしく語られた手紙の内容が「嘘でした」のひと言で何度覆されることか。
結局何が言いたいのか 最後までよく判らないままだった気もするし
途中 これもまた嘘なのぉ~ と笑い出したくなってしまうことがなくもないが
結局 女なんて いや人間なんて 薄い一枚の仮面の下に 何を仕舞いこんでいるか想像もつかない ということなのだろう。と 筆者が見たら溜息をつくかもしれない自分なりの納得の仕方で読了(笑