FC2ブログ

パリ警察1768*真梨幸子

  • 2021/04/10(土) 18:38:52


人に潜む闇を、どぎついまでに見せつけ さらに待ち受ける衝撃の結末。 あなたの知らない真実。 革命直前のパリを舞台にした 繊細で大胆なミステリー。


1768年のパリで起きた騒動は、18年前に起きた事件を思い起こさせ、どちらの渦中にも登場するサド侯爵と彼の周りの人々のことが改めて思い起こされる。それらをめぐるあれこれを探る、マレー警部やほかの警察官の出自や育ちにまで物語は及ぶ。現在からは全く想像ができない18世紀のパリの風物も興味深く、眉を顰めたくなるようではあるが、犯罪も、その環境に影響される部分も多くあったのかもしれないと思ったりもする。現代のミステリとは全く別の読み解き方を示された一冊でもあるかもしれない。

フシギ*真梨幸子

  • 2021/02/21(日) 18:31:48


作家の私のもとに、死んだはずの担当編集者から不思議なメールが届いた。
意識不明の時に三人の女が“お迎え”に来たというもので、一人目と二人目は亡くなった親族、三人目は誰だか分からないという。
その後、「とんでもない正体が分かった」「三人目の女が、先生のところに現れませんように」という言葉を残して連絡は途切れ……。
三人目の女とは誰なのか? 連続する不審死は、その女が関わっているのか?
とてつもない絶望と衝撃に襲われるラストまでページを捲る手が止まらない、精緻にして大胆な長編ミステリ!


タイトル通り不思議な物語である。時間も空間も何重にも入れ子になっていて、いまここに立っていたと思ったら、いつの間にかまったく別の人物になって、まったく別の時空にいることに気づくような、狐に化かされたような心地に何度もさせられる。不思議極まりない出来事が、この入れ子構造に閉じ込められることによって、さらに不思議さが倍加され、眩暈がしてきそうになる。怖さと不思議さに惑わされながら一気に読み終えた一冊である。

聖女か悪女*真梨幸子

  • 2021/01/22(金) 18:29:14


結婚パーティーの最中、カリスマブロガーの月村珠里亜が倒れ、昏睡状態に。カウンセラーの麻乃紀和は、死んだ息子を陥れた珠里亜に復讐を果たすべく、彼女の身辺を調べ始める。そんな折、四谷の超高級マンションで発見された8体の惨殺死体。紀和が辿り着いたのは、六本木のマンションで8人の子供たちが監禁された“モンキャット事件”だった―


相変わらず厭な話だが、これまでよりも生々しい厭らしさが前面に出ている印象である。直接的な悪意、とでもいうのだろうか。とはいえ、最後の最後で、いままで見ていたものが覆されるのはいつものことで、その後味の悪さも期待通り(?)である。現実にもありそうな話で、思わず眉間にしわが寄ってしまう一冊だった。

向こう側の、ヨーコ*真梨幸子

  • 2020/10/30(金) 16:47:29


独身を謳歌する陽子には幼い頃からよく見る夢があった。それは、もう一人の私、かわいそうなヨーコが出てくる夢。一方、夫と子供の世話に追われる陽子は愚痴ばかりこぼす毎日を送っていた。境遇の異なる二人の陽子の人生が絡み合う、イヤミスの傑作!


CHAPTERごとにA面とB面があって、その度に場面が転換する。A面は、独身を謳歌している小説家の陽子。B面は、結婚して子供もいる陽子。こちらは、A面の陽子の夢の中の世界らしいのだが、読み進めるうちに、存在感がものすごくリアルになってきて、どちらが現実なのか夢なのか、頭の中がぐるぐるしてくる。その理由のひとつは、関係性こそ違っているが、登場人物がほぼ同じだということだろう。さらには、関係性が違っても、その人物に対する陽子の感情が似通っているので、さらに境界が曖昧になっているのかもしれない。夢の中のはずの世界で起こったことが現実にも起こったり、どちらがどちらかめまいがしそうでもある。どちらの世界でも、陽子の周りで次々に起こる殺人事件。真犯人は、途中で予測できたが、最後の最後に現実に立ち戻らせてくれたのも、その犯人だったと言える。結局は、すべては自分の身から出たことなのではなかったのか。もどかしく、苛立たしく、厭な気分にさせられる一冊だった(誉め言葉であるのはもちろんだ)。

縄紋*真梨幸子

  • 2020/10/13(火) 16:07:47


フリーの校正者・興梠に届いた自費出版小説『縄紋黙示録』の校正紙。それは“縄「紋」時代”に関する記述から始まる不可思議なものだった。読み進めていくうち、貝塚で発見された人骨など、現在にも繋がる共通点が幾つも現れて…。この著者の正体は誰?『縄紋黙示録』に隠されているメッセージとは。やがて興梠たちの身辺でも異変が起こり始め―。多くの文豪たちが暮らし、今も有名学校が犇めく東京・文京区を舞台に、過去と現代、そして未来が絡み合う驚天動地の大長編。


夫を殺してゴミ置き場に埋め、娘の頭を鍋で煮込んだ殺人犯・五十部靖子(筆名:黒澤セイ)が書いた小説の校正を、興梠が引き受けたところからこの物語は始まる。だが、実は、そのはるか昔に、物語はとっくに始まっていて、あらゆるものが巻きこまれながら、どこまでも延々と繋がっていく印象である。夢か現かも判然とせず、正気なのか狂気なのか、実際に目で見たものなのか幻影なのかも曖昧で、読み進めるごとに頭の中がぐるぐる回るような心地にさせられる。いますぐ先を知りたいような、ある一線から先へ進んではいけないような、恐ろしさも内包している。いま自分が目にしているのが、縄文時代なのか、現在なのか、はたまた遠い未来なのか、読めば読むほど謎が深まり、絡めとられるような一冊だった。

ふたり狂い*真梨幸子

  • 2020/10/07(水) 18:37:29


「自分のことが書かれてる」小説の主人公と同姓同名の男が妄想に囚われ、作家を刺した。それに端を発し起こるデパ地下総菜売場異物混入騒ぎ、企業中傷ネット祭り、郊外マンション連続殺人。事件の陰には意外な“ふたり"の存在が。クレーマー、ストーカー、ヒステリー。私は違うと信じる人を震撼させる、一瞬で狂気に転じた人々の「あるある」ミステリ。


ひとつひとつの物語も、それだけで完結していて、充分不気味で背筋がぞくっとする心地を味わえるのだが、それが、ゆるく繋がり、全体としてひとつの流れの物語としても読めるので、さらに恐ろしさは何倍にも増している。しかも、その恐ろしさは、普通の考え方では御しがたく、一筋縄ではいかない種類のものなので、なんとも言えない不協和音が絶えず響いているような気持の悪さに支配されてしまうのである。なんとも後味の悪い(もちろん誉め言葉である)一冊だった。

クロク、ヌレ!*真梨幸子

  • 2020/08/15(土) 07:39:45


プールで謎の死を遂げた世界的流行作家“ジョー・コモリ”。かつてやり手だった広告代理店勤務の深田貴代美と、売れっ子プランナーの嶋本ミチルは、プライドを懸けた一世一代の大企画のため、彼の人生を追い始めた―。やがて浮かび上がる無名画家の非業の死!!二人の間に一体何があったのか。


N電気の新製品CMの企画を考えるうちに目を止めた、流行作家ジョー・コモリの死の謎と、彼にまつわる事々に関する調べを進める、貴代美とミチル。一族の厄介者だった自称画家の義兄・岩代章夫の遺作を思いつめたように集め、何事かを成そうとしている岩代久仁枝と、それを手伝う娘の章子。それぞれの目線でそれぞれの物語が語られ、ときどき、もはやこの世の者ではないジョー・コモリの語りが挿みこまれる。それが、ある種の謎解きと言えばそうなのだが、現世の人たちは、それぞれの立場から組み立てたストーリーにしがみつくばかりで、真実になかなか辿り着かないのが、不思議でもどかしい。誰もが何も成し遂げられないままの物語とも言えるのかもしれないと思わされる一冊でもあった。

お引越し*真梨幸子

  • 2020/08/02(日) 16:39:47


引っ越した先は闇の中。マンションの内見、引っ越し前夜の片付け、隣人トラブル…「引っ越し」に潜む“恐怖”を描いた、世にも奇妙な連作短編集。


紹介文にもあるように、「世にも奇妙な物語」で映像化されそうなストーリーばかりである。怖いが、他人事だと思うと覗き見したくなってしまう。そして、普段解説を読まない読者も、騙されずにこの解説は読まなければならない。中古物件に潜む闇と、知ってしまったからこそ、あるいは、知りそうになってしまったからこその恐ろしさが満載の一冊である。

坂の上の赤い屋根*真梨幸子

  • 2020/01/15(水) 09:58:42


人格者と評判も高かった夫婦が、身体中を切り刻まれコンクリート詰めにされ埋められた。血を分けた娘と、その恋人によって…。その残虐性から世間を震撼させた『文京区両親強盗殺人事件』から18年後。事件をモチーフにした小説が週刊誌で連載されることになる。そこで明らかになる衝撃の真実とは!?極上のイヤミス長篇。


のどかなタイトルとは裏腹に、凄惨で残酷で、愛情もや救いのかけらもない物語である。この物語の登場人物たちは、どんな人生を生きたくてこんな人格になってしまったのだろうかと、まるで別の次元の生物を見るような心持ちになってしまいそうでさえある。だが、どの人物にも寄り添えないからこそ余計に、その心の動きを追ってみたくなるのか、ページを繰る手はとまらない。最後の最後まで厭な気分のループで終わり、読後は眉間にしわが寄っていること間違いなしである。これぞイヤミスという一冊である。

三匹の子豚*真梨幸子

  • 2019/10/01(火) 16:37:29

三匹の子豚
三匹の子豚
posted with amazlet at 19.10.01
真梨 幸子
講談社
売り上げランキング: 14,156

『三匹の子豚』が朝ドラで大ヒットした斉川亜樹。鳴かず飛ばずの時代からようやく抜け出し、忙しくも穏やかな生活を送っていた。そんなある日、彼女のもとに武蔵野市役所から一通の封書が届く。その内容は、会った覚えもない、叔母の赤松三代子なる人物の扶養が可能かどうかという照会だった。亜樹はパニックに陥る。見ず知らずの叔母の面倒を本当にみる義務があるのか――と。混乱しつつも役所からの問い合わせは放置していると、急に固定電話が鳴る。電話を取ると、相手は開口一番、赤松三代子のことで話があるという。問い合わせの回答をしていなかったので、役所からの電話かと思いきや、『NPO法人 ありがとうの里』の菊村藍子という人物からだったとわかる。彼女は、会って三代子の話がしたいと言う。仕方なく会う約束をした亜樹だったのだが――。
真梨ワールド炸裂! 衝撃の結末にページをめくる手が止められない!


初めはばらばらだった登場人物たちが、物語が進むにつれてどんどんその関係を明らかにしていくのだが、時間軸が一定ではないせいか、時々あまりに唐突に感じられる場面がある。そこもおそらく著者の意図するところなのだろう。ドキドキが止まらない感じである。そして、誰の言っていることにもどこかに嘘がある印象で、何を信じればいいのか判らなくなることもたびたびである。そしてこのラスト。そこに落としたかと、驚くばかりである。著者らしく厭な後味の一冊である。

初恋さがし*真梨幸子

  • 2019/08/11(日) 18:32:25

初恋さがし
初恋さがし
posted with amazlet at 19.08.11
真梨 幸子
新潮社
売り上げランキング: 26,385

成功も失敗も、かけがえのない記憶。だから会いたい、あの人に――。所長も調査員も全員が女性、その探偵事務所の目玉企画は「初恋の人、探します」。青春の甘酸っぱい記憶がつまった初めての恋のこと、調べてみたいとは思いませんか? ただし、ひとつご忠告を。思い出の向こう側にあるのは、地獄です――。他人の不幸は甘い蜜、という思いを、心のどこかに隠しているあなたに贈る、イヤミス極地点!


何となくほのぼのささえ感じさせるタイトルとは裏腹な表紙のイラストである。そして実際に、ほのぼのとは程遠い物語である。そこは著者、さもありなんである。ひとつの依頼ごとに章を成しているので、一話完結の物語集といった趣なのだが、次第にそれだけではないことが明らかになってきて、最終章ですべての点がつながるのである。そうまとめたか、という感じである。一話一話が充分厭な感じなのに、こう繋がることで厭度がさらに増し、背筋が寒くなる。他人事として読むには興味をそそられる一冊である。

ツキマトウ 警視庁ストーカー対策室ゼロ係*真梨幸子

  • 2018/09/23(日) 16:09:54

ツキマトウ 警視庁ストーカー対策室ゼロ係
真梨 幸子
KADOKAWA (2018-07-27)
売り上げランキング: 150,325

自己顕示欲の塊となって、ブログに日々よしなしごとを綴るダメンズ女、離婚したパートナーの動向チェックに余念がない元妻、ささいなことで恨みを募らせていく反社会性パーソナリティ障害の元同僚、妄想を暴走させてSNSを炎上させるアイドルオタク…ふとした日常の違和感、感情の掛け違いから、妄執に取り憑かれていく男女たち。詐欺、ストーカー、リベンジポルノ、盗撮、盗聴…「愛」という大義の下の暴力を、イヤミスの女王が執拗にあぶり出す!


さまざまな立場のツキマトイが描かれていて、そのどれもがいつ現実になってもちっとも不思議ではないものばかりなので、背筋が寒くなる。しかも、本作では、それが奇妙に連鎖していて、つきまとわれているのかつきまとっているのか、時に判然としなくなる。一方的な言い分だけで判断してはいけないと、そこも恐ろしくなる。人は、自分に都合のいい理屈で行動するものなのである。充分厭な気分にさせらた後、そこに待っているのはさらに厭な事実だった。いい加減にして!と叫びたくなる一冊である。

向こう側の、ヨーコ*真梨幸子

  • 2018/06/05(火) 16:52:39

向こう側の、ヨーコ
向こう側の、ヨーコ
posted with amazlet at 18.06.05
真梨幸子
光文社
売り上げランキング: 546

独身を謳歌する陽子には幼い頃からよく見る夢があった。それは、もう一人の私、かわいそうなヨーコが出てくる夢。一方、夫と子供の世話に追われる陽子は愚痴ばかりこぼす毎日を送っていた。境遇の異なる二人の陽子の人生が絡み合う、イヤミスの傑作!


あの時、違う選択肢を選んでいたらこうなっていただろう、というパラレルワールドを生きる自分を夢に見るA面の陽子と、B面のパラレルワールドのなかの陽子の物語が、交互に描かれている。初めはその違いははっきりしているのだが、物語が進むにつれて互いに浸食しあい、影響しあってくる印象である。なので、いまどちらの面にいるのか、ふと判らなくなり、めまいに似た気分になることが時々あって混乱させられる。分岐した世界であるはずなのに、人間関係も時としてもつれ合っていて、夢遊病のように、あちらとこちらの世界を行き来しているのではないかと思わされることも、ことに後半ではたびたびある。陽子がどんどん追い詰められていき、深みにはまっていく様は、見ていて痛々しく、どのエピソードも胸がささくれるようなものである。ラストの後味の悪さは格別で、自業自得ともいえるが、やりきれなさすぎる。登場人物の誰にも親近感を抱けない一冊である。

アルテーミスの采配*真梨幸子

  • 2018/05/10(木) 20:32:15

アルテーミスの采配
アルテーミスの采配
posted with amazlet at 18.05.10
真梨 幸子
幻冬舎
売り上げランキング: 394,656

AV女優連続不審死事件。容疑者の男は行方不明。男が遺した原稿『アルテーミスの采配』が、隠された嘘、或は真実を語り始める。私の人生、狂ったのは誰のせい?毎日は無数の罠で満ちている。最後一ページまで、見事なる真梨幸子の采配。


AV女優のインタビューを集めた本を作るという企画のためにインタビューを受けたAV女優が次々に不審な死を遂げる、連続不審死事件を軸に、物語は進む。彼女たちの生い立ちや、AV女優になろうと思った動機がインタビュー記事として読者の前に明らかにされ、どうして殺されなければならなかったのかに興味を惹かれる。そして、「アルテーミスの采配」に関わった者たちの関係が次々に明らかになり、深く根差した恨みもさらけ出される。芋づる式に暴かれる恨みの連鎖に背筋が寒くなる。アリジゴクのような苦界に絡めとられる成り行きも恐ろしい。見たくないのに見てしまう、怖いもの見たさ欲をそそられる一冊であるとも言えるかもしれない。

5人のジュンコ*真梨幸子

  • 2018/05/09(水) 07:28:20

5人のジュンコ
5人のジュンコ
posted with amazlet at 18.05.08
真梨 幸子
徳間書店
売り上げランキング: 293,121

なぜ私は、あの子と同じ名前になってしまったのだろう。篠田淳子は、中学時代の同級生、佐竹純子が伊豆連続不審死事件の容疑者となっていることをニュースで知る。同じ「ジュンコ」という名前の彼女は、淳子の人生を、そして淳子の家族を崩壊させた張本人だった。親友だった女、被害者の家族、事件を追うジャーナリストのアシスタント……。佐竹純子容疑者と同じ「ジュンコ」という名前だったがゆえに、事件に巻き込まれていく4人の女たちの運命は。


現実の事件からの着想だということはすぐにわかるが、その事件を掘り下げているわけではなく、そこからさらに深く入り込み、事件の裏側、さらには、そこに至るはるか以前の子ども時代のエピソードから描いている。そこでは、たまたまジュンコという同じ名前だったからこそ生まれた悲劇がすでに始まっており、いかに根深いものだったかがうかがい知れる。その後も、佐竹純子にかかわったジュンコという名を持つ女性たちが、さまざまな形で影響を受け、泥沼にはまり込んでいくのである。たかが同じ音を持つ名前だっただけで、と思うが、その影響の強さには恐ろしささえ感じる。ジュンコさんが読むとしばらく落ち込むかもしれないとも思ってしまう。映像化されていたのは全く知らなかったが、観てみたいと思わせる一冊である。