我ら荒野の七重奏(セプテット)*加納朋子

  • 2017/01/30(月) 16:33:29

我ら荒野の七重奏
我ら荒野の七重奏
posted with amazlet at 17.01.30
加納 朋子
集英社
売り上げランキング: 117,283

出版社に勤務する山田陽子は、息子の陽介を深く愛する一児の母。
陽介はトランペットに憧れ、中学校に入り吹奏楽部に入部したものの、トランペットからあぶれてファゴットのパートに割り振られる。陽子は思わず吹奏楽部の顧問に直談判、モンスターペアレントと囁かれるはめに。やがて、演奏会の会場予約のため、真夏に徹夜で市民ホール前に並ぶ役目にかり出された陽子は、中学生だしそうそう親の出番もないと思っていた自分の間違いに気づくのだった――。
部活動を頑張る少年少女のかげで奮闘する、親たちの姿をユーモラスに描いた、傑作エンターテインメント。


吹奏楽部の青春物語かと思ったら、さにあらず。吹奏楽部院の親たちの奮闘ぶりが描かれた物語なのである。我が子が可愛いのはもちろん。部の中で我が子が少しでもいい位置にいられればいいと願うのは当然のこと。そんな親たちが集まれば、それはいろいろあってしかるべきなのである。しかも、子どもに直接かかわることばかりではなく、予算も限られている公立中学の部活の運営には、保護者の助けが必須なのだ。裏方の仕事の大変さは、涙なくして語ることができないほど苛烈を極めるのである。経験はなくてもある程度想像はできるが、やはり現実は想像以上である。本作では、コメディタッチになっているので、それでもまだその厳しさは幾分まろやかになっていることだろう。ほんとうに心からご苦労さまと言いたくなる一冊である。
ただ、子どもたちの笑顔を見れば、そんな苦労も吹っ飛んでしまうのもまた親というものなのだと、微笑ましくもなる。

トオリヌケキンシ*加納朋子

  • 2014/10/31(金) 18:47:18

トオリヌケ キンシトオリヌケ キンシ
(2014/10/14)
加納 朋子

商品詳細を見る

人生の途中、はからずも厄介ごとを抱えることになった人々。でも、「たとえ行き止まりの袋小路に見えたとしても。根気よく探せば、どこかへ抜け道があったりする。」(「トオリヌケ キンシ」より)他人にはなかなかわかってもらえない困難に直面した人々にも、思いもよらぬ奇跡が起きる時がある――。短編の名手・加納朋子が贈る六つの物語。


表題作のほか、「平穏で平凡で、幸運な人生」 「空蝉」 「フー・アー・ユー?」 「座敷童と兎と亀と」 「この出口の無い、閉ざされた部屋で」

場面緘黙症、共感覚、脳腫瘍、相貌失認、脳梗塞、癌。どれもがただならない深刻さである。それが一話ごとの要素となっているのだから、さぞや暗く重い物語なのだろうと思われるが、さにあらず、どれもがなんだか爽やかでほのぼのさせられる物語なのである。何とも不思議な感覚である。それはやはり、たぶん著者ご自身が辛く苦しい体験をくぐり抜けてこられたからということが大きいのだろうと思う。誰だって明るく楽しく日々を生きていいのだ、きっと自分を必要としてくれる人がいるのだ、としみじみと思えてくる。物語同士が何気なくさらりと繋がっているのも嬉しくなる。読み終えても余韻に浸っていたい一冊である。

はるひのの、はる*加納朋子

  • 2013/11/21(木) 16:45:31

はるひのの、はるはるひのの、はる
(2013/06/27)
加納 朋子

商品詳細を見る

遠い遠い未来でいい。
あの人に出会えるなら、
いつまでだって待っていられるーー。
切なくも優しい連作ミステリー。ベストセラー「ささら」シリーズ第三弾!

ある日、僕の前に「はるひ」という女の子が現れる。初めて会ったはずなのに、なぜか彼女ば僕の名前を知っていてた。「未来を変えるために、助けてほしい」と頼まれた僕は、それから度々彼女の不思議なお願いをきくことになり……。
時を越えて明かされる、温かな真実。
切なくも優しい連作ミステリー。
ベストセラー「ささら」シリーズ第三弾!


夢のようで、哀しく、あたたかく、とびきり愛おしい物語である。胸の痛む出来事がたくさんでてくるが、人の「想い」によって、誰もがいつしかそれを乗り越え、未来へ向かって歩いているのだと思わせてくれる物語でもある。人と人との縁(えにし)のようなものも感じられ、その時その時を大切にしようと思わせてもくれる。大切な何かに守られているような心地の一冊である。

無菌病棟より愛をこめて*加納朋子

  • 2012/04/09(月) 22:00:36

無菌病棟より愛をこめて無菌病棟より愛をこめて
(2012/03)
加納 朋子

商品詳細を見る

2010年6月、私は急性白血病だと告知された。愛してくれる人たちがいるから、なるべく死なないように頑張ろう。たくさんの愛と勇気、あたたかな涙と笑いに満ちた壮絶な闘病記。


著者初のノンフィクションである。ご本人の闘病記なのだ。冗談を交えて軽い調子で書かれているのだが、だからこそご苦労の程が察せられて辛くなる。日記形式で書かれているのだが、その時期のご夫君の様子をtwitterで拝見していたので、あのお忙しそうで大変なときに、我々の見えないところではまったく別の大変な思いをなさっていたのだと知って驚きを隠せない。表に見えることだけではほんとうのことはなにもわからないのだと改めて思い知らされもする。告知を受けたときはどれほどの衝撃だったことかと思うが、身体も心もお辛い中で、見事に自己管理に努めていらっしゃることに感動する。愛する人たちのために、まだまだ死んでなどいられないという強い気持ちが壮絶な治療に立ち向かう力になっているのだろう。これほど早い段階で本になり読者の手元に届いたということにも、著者の生きようというパワーを感じさせられる。一日も早く発病以前の暮らしに戻れますように、そしてまた新しい作品をたくさん読めますように、と祈らずにはいられない一冊である。

七人の敵がいる*加納朋子

  • 2010/10/06(水) 16:48:41

七人の敵がいる七人の敵がいる
(2010/06/25)
加納 朋子

商品詳細を見る

ワーキングマザーのPTA奮闘小説

育児と仕事を何とか両立してきた、ワーキングマザーの陽子。息子の小学校入学で少しはラクになるかと思いきや、PTA・学童父母会・地域子供会などに悲鳴を上げる、想像以上に大変な日々が幕を開けた……。
●入学早々、初の保護者会はPTA役員決めの修羅場に。空気を読めない陽子は、早速敵を作ってしまう。ああ、永遠に埋まらぬ専業主婦と兼業主婦の溝…「女は女の敵である」
●仕事と子育ての両立に不可欠な、義母のサポート。“孫のためなら”の影に押しやられた本音は不満だらけ!?「義母義家族は敵である」
●夫は結局、家事も育児も“他人事”。保護者会も母親の姿ばかり。働く母親にできて働く父親にできないことなんて、ないはずなのに…「当然夫も敵である」
その他、わが子や先生、さらにはPTA会長に戦いを挑む!?笑いあり、涙あり、前代未聞の痛快ノンストップ・エンターテインメント!


女、義母義家族、男、夫、我が子、先生、PTA会長という七人の敵に立ち向かうやり手編集者・陽子の奮闘記である。痛快でありながらも、ほろりとさせられたり、あきれたり、憤ったり、落ち込んだり、さまざまな感情を味わうことができる一冊でもある。お気楽専業主婦の自分としては、保護者会で陽子さんのような女性を目の前にしたら怯み、俯いて目を合わせないようにしてしまいそうだが、役員の経験がないわけでもないので、両方の状況や気持ちが判って興味深い。役員を引き受けている人にも逃げている人にもそれぞれに事情があり、各人の事情を慮っていては役員決めなどできないという理不尽さに深くうなずき、声をあげてしまう陽子さんの不器用さに思わず苦笑しつつも尊敬の念を抱きもするのである。息子の陽介(ここにもある事情があるのだが)を思う気持ちと正義との板ばさみになって悩む様は、陽介をどれだけ愛しているかが見て取れて微笑ましい。これからも、少々の駆け引きを身につけながら、ぜひブルドーザーの陽子さんで突き進んでいって欲しいものである。

少年少女飛行倶楽部*加納朋子

  • 2009/10/03(土) 17:37:36

少年少女飛行倶楽部少年少女飛行倶楽部
(2009/04)
加納 朋子

商品詳細を見る

中学1年生の海月(みづき)が幼馴染の樹絵里に誘われて入部したのは「飛行クラブ」。メンバーは2年生の変人部長・神(じん)、通称カミサマをはじめとするワケあり部員たち。果たして、空に舞い上がれるか!?私たちは空が飛べる。きっと飛べる。かならず飛べる。空とぶ青春小説。


トノサマ体質の部長・斉藤神はともかくとして、現実の中学生男子はもっとずっと幼い気がしなくもないが、さわやかで明るい少年少女の青春物語であるのは間違いない。
ひょんなことから入部することになってしまった飛行倶楽部で、「飛ぶ」という端から実現できそうもない目標を前に、少しずつ実現に近づけ、とうとう飛んでしまった中学生たちの純粋なパワーは、同じ年頃を通り過ぎてきた者にとって、目標は違えど身に覚えのあることだろう。その頃の自分が胸のなかに戻ってきたような心地で読み終えた。彼らが生きていることのなにもかもを、無条件で応援したくなる一冊だった。

> more >>>

掌の中の小鳥*加納朋子

  • 2009/04/04(土) 13:33:32

掌の中の小鳥 (創元推理文庫)掌の中の小鳥 (創元推理文庫)
(2001/02)
加納 朋子

商品詳細を見る

ここ“エッグ・スタンド”はカクテルリストの充実した小粋な店。謎めいた話を聞かせてくれる若いカップル、すっかりお見通しといった風の紳士、今宵も常連の顔が並んでいます。狂言誘拐を企んだ昔話やマンションの一室が消えてしまう奇談に興味はおありでしょうか?ミステリがお好きなあなたには、満足していただけること請け合い。―お席はこちらです。ごゆっくりどうぞ。


表題作のほか、「桜月夜」 「自転車泥棒」 「できない相談」 「エッグ・スタンド」

それぞれが、のりしろを重ねるように少しずつ重なった連作短編集である。
ある物語では主役にもなっている女バーテンダーの店「エッグ・スタンド」で語られ、解かれる、日常のちょっとした謎の物語である。ブラックと言うほどではないが、ダークな風味の謎が解かれていくのを同じ店の傍らの席で聞いているような心地にもさせられる一冊である。

ぐるぐる猿と歌う鳥*加納朋子

  • 2007/08/24(金) 17:13:31

☆☆☆☆・

ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド)ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド)
(2007/07/26)
加納 朋子

商品詳細を見る

5年生に進級する春、北九州の社宅へ引っ越した森(シン)。東京ではいじめっ子の乱暴者というレッテルをはられ嫌われ者だったが、引っ越し先の社宅の子どもたちは森を受け入れてくれた。でもこの社宅には何か秘密が…。


森(シン)が5歳のときほんの一時仲良く遊んだ女の子とそのこと一緒のときにさらわれそうになった怖い記憶。乱暴者のいじめっ子としてしか見られなかった東京での小学生時代。そして5年生になるときに父の転勤で北九州の社宅に引っ越すことになったのだった。社宅の子どもたちは、シンをそのまま受け入れてくれ、しかも謎の少年パックとの不思議な関係をも知ることになる。
無邪気な子ども時代の思い出のひとコマなどとひと括りにしてしまえない数々のことが含まれており、子どもというのはなんと自由で、反面なんと弱く不自由なものなのだろうと思わされもする一冊である。

> more >>>

モノレールねこ*加納朋子

  • 2007/01/02(火) 16:41:57

☆☆☆☆・

モノレールねこ モノレールねこ
加納 朋子 (2006/11)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

時をこえて届くあの頃からの贈りもの。儚いけれど、揺るぎない―「家族」という絆。デブねこの赤い首輪にはさんだ手紙がつなぐ、ぼくとタカキの友情(「モノレールねこ」)。
夫を待つ時間に取り組んだ白いパズルの中に、犬の気配が(「パズルの中の犬」)。
家族をいっぺんに失った中学生の私と、ダメ叔父さんの二人暮らし(「マイ・フーリッシュ・アンクル」)。
私と偽装結婚したミノさんは、死んだ婚約者がそばにいると信じていた(「シンデレラのお城」)。
ロクデナシのクソオヤジに苦しめられてきた俺に、新しい家族ができた(「ポトスの樹」)。
会社で、学校で、悩みを抱えた家族の姿を見守るザリガニの俺(「バルタン最期の日」)。


上記に紹介されているほかに、「セイムタイム・ネクストイヤー」「ちょうちょう」

どれも、家族や近しい誰か(あるいは何か)を失う物語なのだが、失うところがおしまいではなく、そこからなにかがはじまる物語になっているので、悲しみよりも希望が、暗さよりも明るさが感じられる。
また、「ロクデナシ」が多く登場するが、どのロクデナシもいい味を出している。近くにいる者にとってはとんでもなく迷惑で、一刻も早く関わりを絶ちたく思うのだが、ロクデナシでなければ成せない役回りというのもあるのかもしれない と、こんな世知辛い世の中だからこそ思わされもする。
読後、しみじみと思うことの多い物語たちである。

> more >>>

てるてるあした*加納朋子

  • 2005/11/01(火) 08:26:41

☆☆☆☆・



『ささら さや』の続編。
ちょっと不思議なことが割と普通に起こる町・佐々良を舞台に繰り広げられる物語。
金銭感覚ゼロの両親の一人娘である15歳の雨宮照代が主人公。せっかく合格したレベルの高い高校にも、手続きをしてもらえなかったために入学できないのだが、母は悪びれもせず「だって、お金がなかったんですもの」といってのける。そんな両親の借金のせいで夜逃げ同然に家を後にし、両親とは別に遠縁と言われる魔女のような老婆・鈴木久代のもとで暮らさなければならなくなった。
久代とはもちろん『ささら さや』でサヤの周りに集まる三婆のひとりの久代であり、今回は 照代の身の上に彼女の人生も絡み合ってくる。
いくつもの人生がアラベスクのように絡まりあい、えも言われぬ模様を描き出しているのだ。
悲劇のヒロインとして周りに攻撃的な目を向けていた照代の心が、時に突き放し、時に包み込み、佐々良の町と人々によって癒されてゆくのだが、幸せそうに暮らしている佐々良の人たちの胸の中にも痛い想いが仕舞われているからこそ、そのやさしさが身に染みて伝わるのだろう。

> more >>>

コッペリア*加納朋子

  • 2005/10/23(日) 20:47:25

☆☆☆・・



 私とそっくり同じ顔をした人形が、じっと私を見つめている。
 その人形は官能的な肌と壊れた心をもっていた。
 天才的な人形作家、人形を溺愛する青年、
 人形になりきろうとする女優、そしてパトロン。
 人形に憑かれた人々が織りなす情念のアラベスク。

 目を閉じて胸の上で両手を組み、銀色の髪はふわりと広がり、
 そして周辺には細かな花が散らばっている。
 眠っているのだ、と最初は思った。けれど違った。
 死んでいる。最初から命などないのに、それでも死んでいる。
 これは人形の、遺体だ。
 喉が渇く。  胸の鼓動が速くなる。
           (帯より)


人形を愛するあまり、人形に翻弄されつづけた人々の物語。
如月まゆらとして人形師のカリスマとも言える 春野真由子。彼女の人形師としての才能を発掘し、育てた 創也。両親に望まれずに生まれたと信じ人間嫌いになった了。まゆらの作る人形とそっくりな容貌を持つ高慢な女優・聖。
聖 こと聖子の遠縁の佐久間の伯母様。
人形に魅せられたがために人生を踏み外し、道ならぬ道を歩き出してしまったような彼らは、正気を失い、何かに取り憑かれているように見える。彼らの何かが人形を呼び寄せたのか、それとも人形の方が彼らの裡に眠る何かと呼応し、引き寄せたのだろうか。
無機質な物であるはずの人形が、まるで生きて想いを遂げているかのような不気味さが際立っているのだが、きっとそれも結局は人間が作り出したものなのだろう。
本当に怖いのは人間の執念なのに違いない。


> more >>>

沙羅は和子の名を呼ぶ*加納朋子

  • 2005/10/13(木) 17:27:21

☆☆☆・・



表題作、沙羅(さら)和子(わこ)の名を呼ぶ ほか9つの この世ならぬ者がこの世と関わる物語。
この世ならぬとは言っても、川上弘美さんワールドに登場する異世界の者ではなく、いまはこの世にいなくなってしまった、いまにもこの世から消えそうになっている、そしてこの世にいることさえ許されなかった者たちなのである。
この世に強く心を残したままこの世にいられなくなった魂は、いつでも何とかして想いをこの世で形ある者に伝えようとしているのかもしれない。彼らを見ることのできる者ははたして幸せなのだろうか それとも不幸せなのだろうか。
この物語では少なくとも不幸せではなさそうである。見ることができなければ気づくこともできなかった物事に気づけただけでも幸せだったのかもしれない。


スペース*加納朋子

  • 2005/09/03(土) 08:45:21

☆☆☆☆・



 『ななつのこ』『魔法飛行』に続く待望の駒子シリーズ第三作

 「この手紙の中にも、<謎>はあったでしょう?」
 手紙に秘められた謎、そして書かれなかった“ある物語”とは・・・・・

 無数の物語が、ギリギリのところですれ違ったり、
 ときに交錯したりしている。
 それは誰の身にも、きっと起きる。
 もちろん、私自身にだって。
 大切なのは、それに気づくかどうかということ。
      (帯より)


『ななつのこ』で出会い、『魔法飛行』では瀬尾さんとしてより近づき、もっと近づきたいという駒子の想いが、この三作目になったのだろう。
今回は、謎好きな瀬尾さんに宛てて 短大で出会った謎を送るところから物語ははじまる。

それにしても思い込みというのは こうも事実を違った風景にしてしまうものかと驚かされる。折々にチラッチラッと違和感を抱きながらも、毛ほども疑わなかったことが、初めから思い込みによるまったくの勘違いだったなんて。
それがわかったときに、物語はまったく別の顔を見せるのだ。
『スペース』のあとに置かれている『バックスペース』で、それはまた別の角度から語られ、また別の驚きをもたらしたのだった。

魔法飛行*加納朋子

  • 2005/08/20(土) 17:13:27

☆☆☆・・



 女子大生駒子の周辺に起こる不可思議な出来事
 鮎川賞受賞作家が瑞々しい感性で描く連作推理

 論理(ロジック)じゃない、魔法(マジック)
                          有栖川有栖

                               (帯より)


『ななつのこ』の続編。
前作では『ななつのこ』の作者佐伯綾乃に宛てて手紙を書いていた駒子だが、本作では、≪あやめさん≫の正体だった瀬尾に宛てて自作の小説もどきを送る。
やはりその中には解かれるべき謎が織り込まれているのだ。
そして瀬尾にだけ見せているはずの物語を知っているかのような謎の手紙が駒子に届けられるようになる。
駒子の物語・瀬尾の謎解き・駒子の日常生活という縦糸に、この謎の手紙が横糸となって、バラバラの物語を繋ぎあわせることになる。

当たり前なのだが、有栖川有栖さんの解説が前作『ななつのこ』を含めてあまりにも的を射ているので感心してしまう。

> more >>>

ななつのこ*加納朋子

  • 2005/08/14(日) 17:14:59

☆☆☆・・



 第3回鮎川哲也賞受賞作
 郷愁を誘う幻想的な作品集『ななつのこ』の著者との交流を通して、
 日常の中の謎を解き明かしていく主人公――

 期待の女流作家が贈るほのぼのとした連作推理長編!
   (帯より)


短大に通う入江駒子が書店の新刊本コーナーで偶然見つけた『ななつのこ』という短編集に惹かれ、著者である佐伯綾乃に生まれて初めてのファンレターを書くところから物語ははじまる。

加納朋子著の『ななつのこ』のなかに、佐伯綾乃著の『ななつのこ』が入れ子になっている、という構成にまず目を惹かれる。
そして、佐伯綾乃著の『ななつのこ』のなかではやて少年があやめさんにちょっとした謎の答えを求めるように、駒子もまた日常生活で出会った謎を ファンレターという形で佐伯綾乃に提示し、返信という形でなされる佐伯綾乃の謎解きの鮮やかさとやさしさにまた惹かれるのだ。
≪ななつのこ≫に与えられたもうひとつの意味は読んでからのおたのしみ。

それにしても、駒子の謎を解いてくれる佐伯綾乃そのものが、解かれるべき謎だったとは!

> more >>>