ホテルカクタス*江國香織

  • 2004/05/30(日) 20:38:22

☆☆☆・・


佐々木敦子さんの油絵による挿画と共に楽しむ一冊。

 ある街の東の外れに、ふるいアパートがありました。
 ふるい、くたびれたアパートです。
 灰色の、石造りのその建物は、でも中に入るとひんやりとして、
 とても気持ちがいいのでした。
 ホテル・カクタス、というのが、このアパートの名前でした。
 ホテルではなくアパートなのに、そういう名前なのでした。

                        (本文冒頭より)

このホテルカクタスには 帽子ときゅうりと(数字の)2 が住んでいるのです。この物語はホテルカクタスで出会ったこの三人の不思議な友情の物語なのかもしれません。でも違うかもしれない。ホテルカクタスそのものの物語なのかもしれません。
階段の空間の不思議さが見えてくるような挿画と一緒に ホテルカクタスのひんやりしたふるくくたびれた感じを一緒に味わっていただきたいと思います。

> more >>>

ドミノ*恩田陸

  • 2004/05/29(土) 20:36:54

☆☆☆☆・


 迫りくるタイムリミット もつれあう28のマトリクス
 必死の思いでかけまわる人々が 入り乱れぶつかりあって
 倒れ始めたドミノはもう、誰にも止められない!!

                        (帯より)

それはそれは大変なことが起こっている東京駅である。
笑いあり涙ありアクションありちょっぴり謎ありのドタバタコメディ。
本編に入る前に

――人生における偶然は、必然である――。

とあるのが この物語の全てを物語っていると言っても過言ではない。いや、人生をも物語っているとも言えるだろう。
自分とはかかわりのないどこか遠くで 一片の小さなドミノが倒れたらもう それが始まりなのだ。行き着くところまで行かないとドミノの駒は止まらないのである。始まりがいくら些細なことだったとしても。

二時間ドラマかなにかで観てみたい一冊である。
誰か作ってくれませんか?

> more >>>

キャベツの新生活*有吉玉青

  • 2004/05/28(金) 20:35:44

☆☆☆☆・


キャベツとは勝部拓人のことである。
カツベ→キャツベ→キャベツとなった。

少し長めの出張から帰ってみると 住んでいたアパートが原因不明の爆発事故によって跡形もなくなっていた、というところから物語は始まる。

時間も空間も自由にふわふわと行ったり来たりする。だまし絵のように ここがどこに繋がっているのか どこまで行くとそこに出るのかが判然としない。判然としないながらもどこまでも滑らかにストーリーは流れる。大事なことを見過ごしてしまいそうなほどに。

とても自然で幸福で悲しく切ない物語である。

語り女(め)たち*北村薫

  • 2004/05/26(水) 20:34:24

☆☆☆・・


恵まれた環境に育ちもともと空想壁があった主人公。30歳を過ぎた頃から急激に視力が落ちたことがきっかけとなり 活字を読むよりは市井の人の話を聞くほうが興味深かろうと 新聞や雑誌に広告を出し語り女を募集した。
様々な境遇・年齢の女性が 入れ替わり立ち替わり寝椅子の主人公のもとを訪れて自分の体験したちょっと不思議な出来事を語っていく、ただそれだけなのである。語られる話も 謎のようなものもあれば 気にしなければやり過ごしてしまうようなものもあるのだが なんとも言えない穏やかな時が流れているのである。女はどんな女でもきっと 語りたがりなのだろう という気がする。

象と耳鳴り*恩田陸

  • 2004/05/25(火) 20:33:18

☆☆☆・・



退職して悠悠自適の暮らしをしている 元敏腕判事の関根多佳雄がいわば安楽椅子探偵として 日々に点在するちょっと不思議な謎を推理しつつ解き明かす という趣向の短編集。
表題作を含む12の物語からなる。

現役を退いているので捜査の役に立つわけではなく――僅かに例外はあるが――腑に落ちない点に答えを見つけたがる推理小説ファンとしての趣味が昂じた感じである。が、意外に見過ごされている真実を暴いているのかもしれず 背筋が薄ら寒くなる結末を迎えることもある。
なんと言っても興味深いのは関根の思考の過程を共に辿れることだろう。

> more >>>

烙印*貫井徳郎

  • 2004/05/23(日) 20:31:59

☆☆☆・・
烙印

 愛し合っていた筈の妻が突然失踪し、投身自殺する
 なぜ、どうして?
 警察を辞め、単身真相究明に乗りだした主人公の前に、
 暴力団の影が!!

                       (帯より)


暴力団がらみなのでもちろん暴力シーンはあるのだが、元々の謎解きの動機が純粋な愛だからか 殺伐とした印象はない。夜の世界で生きている人々の裡にある屈折した思いや一筋縄ではいかない様も謎解きを面白くしていると思う。
うぅむ、後東さんは 巻き込まないで欲しかったなぁ。

> more >>>

秋の花*北村薫

  • 2004/05/22(土) 20:31:02

☆☆☆・・


『空飛ぶ馬』『夜の蝉』に続く 円紫さんと私シリーズ第三弾。
[私]が卒業した女子高で起きた事件(事故?)に関わる物語である。
ミステリィでは当たり前の人が死ぬということがこのシリーズには珍しい。なので シリーズの他の作品に比べて詩的に流れるような感じが薄かったように思う。円紫さんの謎解きも当然のことながらうきうきと微笑ましいものではなく真実を明るみに出すことよりも その後のことを深く思っている様子が見て取れる。
ただ どの作品を読んでも どんなことでも 知ろうと思えばヒントは辺りにころがっているのだということに気づかされる。わからないのは知ろうとしないからなのだ。きっと。

ただ これは単なる個人的なわがままなのだが 北村さんには人を殺して欲しくない。

> more >>>

パーフェクト・プラン*柳原慧

  • 2004/05/21(金) 20:29:48

☆☆☆☆・


第二回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作を大胆に改稿したもの。
受賞作より格段に素晴らしいものになっているという選考者の方々の評である。

身代金を要求せず罪に問われない誘拐・株価操作・代理母・ハッカーという現代を象徴するようなプロットをこれでもかと盛り込んだ作品である。しかもただ注目する要素が多いだけでなく筋立ても人物も描きこまれていて興味を逸らされることなく物語と一体になれるのである。
表紙の林檎が象徴的である。

> more >>>

魔球*東野圭吾

  • 2004/05/19(水) 20:28:27

☆☆☆☆・
魔球

ずば抜けた才能を持ち、無名の高校を春の選抜高校野球で準優勝に導いた須田武志にまつわる物語と 地元の有力企業 東西電気の物語とが 章ごとに交互に語られながら始まるが、やがて一本の物語になる。

武志の生い立ちからくる孤高さ、母と弟への熱い想いなどの描写も素晴らしい。そしてなにより あちこちに散らばる(散らばしているのは作者なのだが)要素を巧みに絡めて真実と言うたった一つの頂点に登りつめる過程が見事である。
魔球のような一冊だった。

> more >>>

九月の四分の一*大崎善生

  • 2004/05/18(火) 20:26:47

☆☆☆・・


 遥か遠くにいて、いまも君を近くに感じている。
 失われたときの痛みとぬくもり 心のゆらぎを紡ぐ

                         (帯より)

・報われざるエリシオのために
・ケンジントンに捧げる花束
・悲しくて翼もなくて
・九月の四分の一       という4つの短編からなる一冊。

どの物語もしあわせいっぱいではなく 見ようによっては不幸ともいえそうなのだが そこはかとないしあわせ感が胸の底に蕩う。
どこにいてもどんなに遠くても時を隔ててさえ 伝わるものはきっと伝わるのだと、失いながらも永遠に手に入れられるものもあるのではないかと思わせられる。

レインレイン・ボウ*加納朋子

  • 2004/05/17(月) 20:25:22

☆☆・・・


高校卒業から7年経って 当時のソフトボール部の仲間7人が久々に集まったのは同じソフトボール部員だった一人の通夜の席だった。

牧知寿子――通称チーズ――の突然の死によって集められた高校時代の部活仲間。7人それぞれが主人公となり、自分の選んだ道をそれぞれに歩いている現在を軸にして過去を絡めつつ語る7つの物語。そして最後には 最も親しかったにもかかわらず通夜にも告別式にも姿を見せなかった8人目の仲間を巡るひと騒動により思ってもいなかったチーズの秘密も明らかになる。
関わり方の度合いによって人の見方は千差万別だということ、ひと括りにされるものにもそれぞれの営みがあるということ、9人の元ソフトボール部員達の生き様には興味深いものもあるが 読後なんとなく満たされなさが残る。

puzzle*恩田陸

  • 2004/05/15(土) 20:24:08

☆☆・・・


無人島と化した廃墟の島でほぼ同時刻に無関係の3人が死んだ。
それぞれが別々のコピーされた紙を身につけて。

事件(?)後のその島に二人の検事が上陸し 現場を検証するのだが・・・。

設定や話の運びには興味深いものがあるが 何故検事である必要があるのか――小さなことにも引っかかって追求するのが仕事であるという職業上の特性は別として――何故 彼が選ばれたのか(ここのところは作品の重要な部分に触れるのでこれ以上書かないが)、ということの必然性に欠ける気がする。

> more >>>

慟哭*貫井徳郎

  • 2004/05/14(金) 20:23:26

☆☆☆・・


連続幼女誘拐殺人事件。それを追う警視庁捜査一課。
胸に開いた穴を塞ぐために新興宗教にのめりこんでいく一人の男。

二つの物語が章ごとに交互に展開されていく。
犯人は初めに閃いたとおりの人物だったが 途中首を捻り 一度は頭から追い出してしまった。時間軸のズレが見事に並べて描き出されているのが巧みとしか言いようがない。
横山秀夫さんの警察小説にも通ずるところがあるように思う。
初体験の作家だったが 別の作品も読んでみたい。

神との対話*ニール・ドナルド・ウォルシュ

  • 2004/05/13(木) 20:21:04

☆☆☆・・


谷川俊太郎さんが「心の最も深いところへ届いて感銘した本」と紹介していらしたのが読むきっかけになったもの。

サブタイトルは
――宇宙をみつける 自分をみつける――

何故自分の人生は上手く行かないのか?と神に真実を問うていた著者のもとに神が降りてきてこの本を書かせたという。

これまで考えられていたり 教えられたりしてきた「神」という概念を揺るがすものである。少なくとも私にとっては。
人は神が己を見るために創った者であり、予め何でもできるように創られているのだと言う。できないのは自分が選択しないだけなのだ、と。
普段から宗教観を胸に抱いて過ごしていない者には 一読では理解しがたいことが多く、考えてもよく解らないことも多いのだが、「そういえば」と納得のいくことも多いのである。
自分の中で発想の転換をするきっかけにできればいいと思う。言うは易く行うは難し、なのであるが。

地下街の雨*宮部みゆき

  • 2004/05/12(水) 20:20:03

☆☆☆・・


地下街の雨・決して見えない・不文律・混線・勝ち逃げ
ムクロバラ・さよなら、キリハラさん
という7編の短編集。

それなりの夢を抱いて都会に暮らす人々が出遭った出来事。
ありそうでなさそうで なさそうだけどないとは断言できない、
自分の身にもいつか起きてしまうかもしれないちょっと普通ではない出来事。
登場人物と一緒に読むものをも不可思議な夢の中に引き込むのだが 引き込まれたが最後醒めることはできない幻想の夢なのかもしれない。

> more >>>

アヒルと鴨のコインロッカー*伊坂幸太郎

  • 2004/05/11(火) 20:17:26

☆☆☆☆・


 わたしは辞書を一ページも開かないうちに、
 「(アヒルは外国から来たやつで、鴨はもとから日本にいるやつ)」
 と答えた。そう聞いた覚えがあったのだ。

              (本文より 註:( )内は英語で語られているという表記)

パズルのような組み立ての作品。
あっちの隅の一片、こっちの端の一片・・・と時間軸を行ったり来たりしながらピースをひとつずつ埋めていく。どこにどう繋がるのか初めは戸惑うが次第次第に現れる事実の部分が増えていき、次のピースへの期待が高まる。伊坂作品の特徴かもしれない。

哀しい物語である。成就するものが何もない。作品中のどこにも、ひとつも。
けれどなぜか読後感はやわらかい。なぜだろう。今はよくわからない。

人は 誰かの物語の途中から役を与えられた登場人物なのだ。自分ではない誰かの物語の登場人物の一人。物語はそれぞれにあり 複雑に絡み合って進行していく。毎日たった一人で何役もこなさなくてはならないのだ。上手くやれない役だってあって当然だよね、と思う。

> more >>>

号泣する準備はできていた*江國香織

  • 2004/05/09(日) 20:14:48

☆☆☆・・


 かつてあった物たちと、
 そのあともあり続けなければならない物たちの、
 短編集になっているといいです。

                     (あとがきより)


人には 今しかないのだ、今がいちばんなのだ。
そして今でないものはみんな過去なのだ。
未来は誰も知らない。あるのかないのか、どうあるのか。何も。
淡々と過ぎていく日々の中に姿を見せたり潜んでいたりする哀しみは 時としてしあわせという形をしていて つい心を許してしまう人をびっくりさせたりする。
号泣する準備はきっといつでもできているのだ。

宿命*東野圭吾

  • 2004/05/08(土) 20:13:11

☆☆☆・・




 犯人は誰か、どういうトリックか―手品を駆使したそういう謎もいいけれど
 もっと別のタイプの意外性を創造したいと思いました。
 このような題名をつけたのも、そういう意図のあらわれです。
 そして今回いちばん気に入っている意外性は、ラストの一行にあります。
 だからといって、それを先に読まないで下さいね。

                         (著者のことば)

東野さんのことばどおりの作品。
あぁ そうだったのか、と頷かされるラストである。
半ばくらいではもっとドロドロした糸(意図)を想像したりもしていたのだが 東野さんはそれほど人が悪くなかったようだ。
結局根本は何も解決されてはいないのだが なぜか未来は明るいような気がしてくるのは 晃彦の気持ちの変化ゆえだろう。

> more >>>

三月は深き紅の淵を*恩田陸

  • 2004/05/07(金) 20:11:54

☆☆☆・・


『三月は深き紅の淵を』という謎の多い小説をめぐる四部作。

そもそもこの作中の『三月は深き紅の淵を』という小説が四部作なのであり その容れ物であるこの作品も四部作、という入れ子状態。
しかも入れ子状態はこれだけではなく 作品のあちこちに ちらりちらりと姿を見せるものがあるのである。恩田作品を多く読んだ方には思い当たる節が多々あり うぅぅんと唸らされることも多いだろう。
喩えて言うなら、やっとの思いで迷路を抜け出し 深呼吸して空を見上げようとしたら そこはそれまでよりももっと深い迷路の中だった。そしてまたやっとのことでそこを抜け出し ため息を吐きつつ背筋を伸ばそうとすると そこはまたそれまでよりもっともっと入り組んだ迷路の中だった。そしてまた・・・・・。という感じだろうか。愉しい。

> more >>>

メジロの来る庭*庄野潤三

  • 2004/05/05(水) 20:10:08

☆☆☆・・


 美しい家族の原風景を描き続けてきた
 作家・庄野潤三のライフワーク

                    (帯より)

静かな時がゆるやかに流れている。何の機を衒ったところもなくそのままに書き記した穏やかさに溢れている。
80歳になって 一日二万歩以上を歩き ざぶとん枕のごろ寝を愛する著者に寄り添っているような一冊である。心地好い。
ありがとう・嬉しい・よかった などの言葉が何度もくりかえし出てくる。日々何事にも感謝の心を忘れずに過ごす著者の心持ちが素晴らしくやさしい。

Linemarkers*穂村弘

  • 2004/05/04(火) 20:04:22

☆☆☆・・


――ラインマーカーズ――

 歌が沢山入った本です。
 大学生のときに初めてつくった歌からさっき台所でつくった歌まで。
 全てのなかから四〇〇首を選んで一冊にまとめました。
 甘い歌。
 悲しい歌。
 くすぐったい歌。
 優しい歌。
 痛い歌。
 どこからでも開いて、眺めたり、口ずさんだり、忘れたり、
 思い出したりして貰えると嬉しいです。

                       (あとがきより)

ラインマーカーで描かれた表紙からしてポップである。
けれども ポップであるということは 軽いということではない。
見つめる目 を持った方だと思う。
歌人でも俳人でも詩人でも 言葉を紡ぐ人たちに共通しているのは 見つめる目・感じる心・切り取る感覚が鋭くしかも優しい ということではないだろうかと思う。
[穂村先生]と呼ぶべきなのだろうけれど つい[ほむほむ]と呼びかけてしまいそうになる感じも怖いけれど嬉しい。

天の瞳 あすなろ編*灰谷健次郎

  • 2004/05/03(月) 20:03:07

☆☆☆☆・


倫太郎たちの中学一年時代のことに終始するあすなろ編。

それほど困難が多いのである。特に学校でのことが。
生きていく上で何が悪いかと言って 無気力・無関心ほど何の実にもならないことはないのだ、ということを今更ながら思わされる。何かに引っかかったら ほんの少しでも動くこと、それが引っかかりを解消するための小さな一歩になるのだ。動かない内から諦めてはいけない。
しかし 言うは易し、なのである。多くの人々――もちろん私をも含めて――にとっては それが。

倫太郎たちはこれからどんな風に成長し どんな大人になり どんな子育てをするのか、楽しみである。

デジタル・ビスケット*荻原裕幸

  • 2004/05/02(日) 20:01:51

☆☆☆・・
デジタル・ビスケット―荻原裕幸歌集

第一歌集『青年霊歌』 第二歌集『甘藍派宣言』 
第三歌集『あるまじろん』 第四歌集『世紀末くん!』
に加えて未刊歌集『永遠青天症』を収録した歌集である。

今現在進行形で進んでいる催し【題詠マラソン2004】に投稿される荻原裕幸氏の短歌とこれらとは 少し作風が違うように私には思える。
この歌集に通底するのもは 「孤独」とか「淋しさ」というものだと思うのだが 投稿作品には それに包み込むような何かが加えられているように思える。短歌素人の私ですら「嗚呼!」とため息を漏らしてしまうのである。

かんたん短歌の作り方*枡野浩一

  • 2004/05/01(土) 19:59:32

☆☆・・・


(マスノ短歌教を信じますの?)

応募作品にコメントしながら短歌の作り方のツボを解説してくれるという趣向でかつて雑誌に連載されたものが出版化された一冊。

枡野浩一さんが マスノ短歌教祖となって信者たちを教え諭すという趣向なので こういう風になるのは仕方がないのかもしれないが 正直私は信者になるのには抵抗を感じる。
ただ 短歌作りに関して語られていることは納得のできることが多く勉強にはなると思う。
マスノ短歌は私にはちょっと作れそうもない。