FC2ブログ

リアルワールド*桐野夏生

  • 2003/09/06(土) 14:23:48

☆☆☆・・

母を金属バットで殴り殺して逃げている 有名進学高3年の少年。
そして 彼の隣に住む 偏差値的にはたいしたことない私立女子高3年の少女と
その仲間たちの長い夏休み中の物語。

【リアル】って一体なんだろう?と考えさせられた。
合わせ鏡のように リアルの中にはまた別のリアルがあり
その奥には また違うリアルがあり...どこまでも限りがないような。

今時の高校生言葉には 失笑するしかないけれど
それはある種 擬態のひとつかもしれない。

人が いつでもどこでも 【ありのままの自分】でいられるならば
犯罪は 今よりも減るのかもしれない。
自分を作って生きる場が多すぎて(というかそれしかなくて)
そもそも自分とは何だったのかを 人は忘れてしまうのかもしれない。

印象に残ったのは テラウチ の言葉。
本物の「取り返しのつかないこと」というのは、永久に終わらなくて
ずっと心の中に滞って、そのうち心が食べ尽くされてしまう恐ろしいことだ。


  リアルワールド

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する