FC2ブログ

5年目の魔女*乃南アサ

  • 2007/02/07(水) 17:29:42

☆☆☆・・

5年目の魔女 5年目の魔女
乃南 アサ (1992/03)
有楽出版社

この商品の詳細を見る

先輩の夫である上司の新田と親友の貴世美が不倫。景子はそれを知らされた瞬間、奇妙な不安を覚えた。親友ながら貴世美には得体の知れない“恐さ”があったのだ。案の定、他ならぬ新田は離婚後、悲惨な事故で亡くなってしまい、景子も会社をやめざるを得なくなる。それから5年、景子は着実に自分の道を歩きながらも、未だに貴世美の記憶に捉われている。ケジメをつける為に彼女は貴世美の消息を調べ始めるが、あるとき、どこからともなく、3回鳴って切れる無言電話がかかりはじめる。それで景子は1つの歌を思い出した…。


この季節、自分が暮らす部屋にどれくらいの陽が射し込むものか、町田景子は会社をやめてから初めて知った。
――書き出しの一文


仕事仲間でもあり、親友だとも思っていた貴世美から、先輩の夫であり上司である新田との関係を打ち明けられたときから運命は思っても見ない方向に動き始めた。
景子は、居心地の悪さに 半ば追い出されるようにして会社を辞め、新しい職について充実した日々を送っていたのだが、五年後にそれはやってきたのだった・・・・・。

「魔女」とはいったい誰のことだろう。前半は当然のように貴世美のこととして読んでいたのだが、ある時点から、起こったことの意味が それまでと様相を変える。ある意味、女性は誰もが魔女であるとも言えるのかもしれない。
物語は終わっても、彼女たちの闘いはまだまだこれからが本番なのかもしれないと思うと、背筋が寒くなる思いである。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する