FC2ブログ

配達あかずきん*大崎梢

  • 2007/02/14(水) 07:12:15

☆☆☆☆・

配達あかずきん 配達あかずきん
大崎 梢 (2006/05/20)
東京創元社

この商品の詳細を見る

「いいよんさんわん」―近所に住む老人に頼まれたという謎の探求書リスト。
コミック『あさきゆめみし』を購入後、失踪した母の行方を探しに来た女性。
配達したばかりの雑誌に挟まれていた盗撮写真…。
駅ビル内の書店・成風堂を舞台に、しっかり者の書店員・杏子と、勘の良いアルバイト店員・多絵のコンビが、さまざまな謎に取り組んでいく。初の本格書店ミステリ、第一弾。


図書館に予約を入れて約半年、やっと順番が回ってきました。長かった__。

成風堂書店シリーズ第一弾。
巻末に収録されている書店員さんたちの対談を読んでも判るが、書店の仕事がかなりリアルに描かれているようである。客としてしか書店を知らない者には想像を超えるご苦労もたくさんあるようだ。そして、この物語は、そんな苦労の重さもさりげなく知らしめつつ、あくまでも軽やかに語られている。
本大好き書店員の杏子とある点を除いてたいそう優秀な大学生アルバイトの多絵は、一作目からしてすでに名コンビぶりを見せてくれている。そして、この二人だけでなく、登場人物がみな親しみやすく愛すべき人物たちで、知っている誰彼に当てはめてみたくなるようなのである。
タイトルにもなっている「配達あかずきん」のヒロちゃんの愛すべき思い入れの深さとか、出版社の営業・島村さんの本とその読み手への愛など。きゅんとしてしまうのである。
この本のページを繰るとき、いつでもどこでも しあわせな時間を過ごせること請け合いである。

V
V

TB
今日何読んだ?どうだった??
気楽に♪気ままに♪のんびりと♪

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「配達あかずきん」(大崎梢著)

 今回は 「配達あかずきん」 大崎 梢著 です。この本は5編の短編を収録している連作短編集ですね。

  • From: たりぃの読書三昧な日々 |
  • 2007/02/14(水) 21:32:17

配達あかずきん成風堂書店事件メモ 大崎梢

東京創元社ミステリ・フロンティア。「本の雑誌」2006年上半期ベストテン第2位。COVER PHOTO:(c)WONDER WARKZ。BOOK DESIGN:岩郷重力+WONDER WARKZ。駅ビル内の成風堂書店でしっかり者の書店員・木下杏子と勘の

  • From: 粋な提案 |
  • 2007/02/15(木) 16:29:12

「配達あかずきん」 大崎梢

配達あかずきんposted with 簡単リンクくん at 2006. 8. 9大崎 梢著東京創元社 (2006.5)通常1-3週間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る

  • From: 今日何読んだ?どうだった?? |
  • 2007/02/17(土) 21:30:19

この記事に対するコメント

2作目から先に読んでしまった身の上(?)としては、あちこちでレビューを見かける人気の高さの理由が腑に落ちた感じでした。
愛すべき登場人物たち、書店ならではの謎解き。楽しいユーモア・ミステリでした。
3作目が楽しみです。

  • 投稿者: 藍色
  • 2007/02/15(木) 16:29:00
  • [編集]

わたしも藍色さんと同じ身の上(?)なので
もう待ち遠しくて待ち遠しくてたまらなかったのだけれど
やはりみなさんの評価の高さに納得でした。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2007/02/15(木) 20:23:11
  • [編集]

ミステリフロンティアシリーズもかなりの数発刊されたことになってますが、中でも図書館での人気がとても高い本みたいです。わたしも読むまで苦労しました…でも本好きにはたまらないですよね。4月には第三弾も出るとか。そちらも楽しみです。

  • 投稿者: まみみ
  • 2007/02/17(土) 21:32:08
  • [編集]

ほんとにもう、この本は文句なく面白かったです。
次の作品もとってもたのしみ。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2007/02/17(土) 21:43:16
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する