FC2ブログ

幻の少女*安東能明

  • 2007/02/23(金) 07:11:58

☆☆☆☆・

幻の少女 幻の少女
安東 能明 (2003/08)
双葉社

この商品の詳細を見る

社長が心中事件を起こした日、突然記憶喪失になった営業部部長。彼は次期社長の一番手と目されていた。限界状況に置かれた人間を新進気鋭の作家が鋭く抉る。記憶が溶けていく恐怖をリアルに描いた問題作。


冒頭からショッキングな場面。燃え上がる車の中にいるのは誰なのか?少女を助け出したのは誰なのか?そして銀のライターは?

火傷を負い、5月15日早朝、記憶を失くして家の前に座り込んでいた松永秀夫。冒頭で少女を助け出したのは彼なのか?車に火をつけたのも彼なのか?
松永自身の記憶が消失しているので、真実がわからないもどかしさの中物語は進む。そして、もうひとつのもどかしさは、虚血性の痴呆と診断された松永の症状ゆえの掴みどころのなさ、心許なさである。真相に迫りそうでいて、あっという間に逆戻りして白紙に戻ってしまうようなことが繰り返され、読者のもどかしさは募り、先を急ぎたくなる。
そして真相は・・・・・。
冒頭のシーンではサスペンスにも思われる物語が一転ミステリになる。途中から想像はできたが、それでも凍りつくような想いがした。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する