fc2ブログ

猫と魚、あたしと恋*柴田よしき

  • 2007/05/31(木) 19:12:28

☆☆☆☆・

猫と魚、あたしと恋 猫と魚、あたしと恋
柴田 よしき (2001/10)
イーストプレス

この商品の詳細を見る

猫は水が嫌いなのに、どうして魚が好きなんでしょう?女の子は辛いこと、苦しいこと、めんどくさいことなんかみんな嫌いなはずなのに、なぜ、いつも恋を追い掛けているのでしょう?辛くなく、苦しくなくて、面倒でもない恋なんてどこにも転がっていないって、みんな知っているのに。
---
36歳の雛子は長女の中学受験準備にかかる費用を捻出するためパートに出たファミレスでの不倫に自己嫌悪を感じていた。ある日、幼なじみの澄子が殺されたことを知るが…。(「トム・ソーヤの夏」より)
恋愛とミステリーを中心とした短編集。


上記のほか、「やすらぎの瞬間(とき)」「深海魚」「どろぼう猫」「花のゆりかご」「誰かに似た人」「切り取られた笑顔」「化粧」「CHAIN LOVING」

境遇も生活環境も立場もまったく違う恋する女性たちの物語。
面倒で辛いことは嫌いなはずなのに、いくつであっても恋なくしてはいられない女たち。自分の分身を見るような思いではまり込んでいく女性読者も多いのではないだろうか。
だが、恋の駆け引きだけの物語ではなく、ミステリの味付けもしっかりとされているのが著者のお見事なところである。




V
V

TB
しんちゃんの買い物帳

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「猫と魚、あたしと恋」柴田よしき

猫と魚、あたしと恋柴田よしき (2004/09/10)光文社 この商品の詳細を見る「猫は水が嫌いなのに、どうして魚が好きなんでしょう?女の子は辛いこと、苦しいこと、めんどくさいことなんかみんな嫌いなはずなのに、なぜ、

  • From: しんちゃんの買い物帳 |
  • 2007/06/02(土) 10:41:48

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する