FC2ブログ

重力ピエロ*伊坂幸太郎

  • 2003/09/07(日) 14:27:33

☆☆☆☆・

春が二階から落ちてきた。 で 始まり

春が二階から落ちてきた。  で 終わる物語。


初めの 春は~~ では ん??????と思わせられ
最後の 春は~~ は涙の中で頷いていた。

読後感を どんな言葉で表わせばいいのか 正直言うと 迷っている。
ただ 暗く重いテーマに沿って物語が進んでいるにもかかわらず
あふれる涙は あたたかく 登場人物を包み込みたくなるような
反対に 包み込まれたくなるような 妙な満足感に包まれている。

本の帯に 大きく書かれた 担当者が思わず叫んだという一言

「小説、まだまだいけるじゃん!」*

まさにその通りを ぼそっとつぶやきたい気分。


ピエロは重力を忘れさせるために、メイクをし、玉に乗り、
空中ブランコで優雅に空を飛び、時には不恰好に転ぶ。
何かを忘れさせるためにだ。
         (本文より)

  重力ピエロ

V
V

TB
おいしい本箱
ぱんどら日記
ぱんどら日記@妄想キャスティング
書評風-読んだら軒並みブックレビュー
道草読書のススメ

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

妄想キャスティング――伊坂幸太郎【重力ピエロ】

【重力ピエロ】文庫化記念。伊坂幸太郎5回目の直木賞ノミネート記念。ダブル記念の妄想キャスティング。遺伝子を扱う会社につとめている「泉水」(いずみ)には、小出恵介。その弟の「春」には、

  • From: ぱんどら日記 |
  • 2006/07/04(火) 14:01:20

伊坂幸太郎【重力ピエロ】

仙台の某書店で伊坂幸太郎氏を見かけたことがある。私は文庫本を物色しながら、ちらりと隣の客を見て、「どこかで見たような顔」と思ったけど、そのときは思い出せなくて。あとから思い出した。あの人、伊坂幸太

  • From: ぱんどら日記 |
  • 2006/07/04(火) 14:03:22

伊坂幸太郎『重力ピエロ』(新潮文庫)

伊坂幸太郎『重力ピエロ』を読んだ。 少し変わった異父兄弟の話だ。飄々として乾いた...

  • From: 書評風-読んだら軒並みブックレビュー |
  • 2006/07/10(月) 17:05:47

重力ピエロ |伊坂 幸太郎

半分しか血のつながりがない「私」と、弟の「春」。春は、私の母親がレイプされたときに身ごもった子である。ある日、出生前診断などの遺伝子技術を扱う私の勤め先が、何者かに放火される。町のあちこちに描かれた落書き消しを専門に請け負っている春は、現場近くに、スプレ

  • From: ミステリー倶楽部 |
  • 2007/02/24(土) 08:44:11

重力ピエロ

伊坂幸太郎作品4作目『重力ピエロ』を読み終えた。

  • From: 古谷千秋の食い倒れ日記 |
  • 2007/02/25(日) 23:19:18

『重力ピエロ』伊坂幸太郎

シェアブログ1152に投稿伊坂さん初読みです。文章が優しく、なんていうかー、おしゃれ!!ですね。女性に大人気なのもわかる気がします。そして登場人物たちがなぜかみんなカッコイイ(容姿云々ではなく)。こりゃー、や

  • From: 道草読書のススメ |
  • 2007/05/30(水) 23:28:17

この記事に対するコメント

こんばんは★
実は伊坂さん初読みだったのですが、
端正でオシャレで、ちょっぴりキザで、でも嫌みじゃなくて。
そして登場人物たちがカッコイイ。
女性にモテる作品・作家さんですね。
人気の理由が少しわかった気がしました。
伊坂さんの文庫本を積んであるので、
じっくり堪能していきたいと思います。

この作品は、しみじみと愛に満ちていましたね。
お互いがお互いをおもいやる、
言葉にはしないけれど通じるものがある、
そんな優しい心を端正に綴ってあるのが印象的でした。

  • 投稿者: Rutile
  • 2007/05/30(水) 23:28:38
  • [編集]

わたしも伊坂作品初読みは
『重力ピエロ』でした。
それですっかり虜になったのでした。
ほんとうにしみじみと愛に満ちていて
しみじみと大好きです。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2007/05/31(木) 07:01:34
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する