fc2ブログ

ミハスの落日*貫井徳郎

  • 2007/07/02(月) 07:09:21

☆☆☆☆・


貫井 徳郎 / 新潮社(2007/02/21)
Amazonランキング:111793位
Amazonおすすめ度:


突然の呼び出しは、面識のない相手からだった。名前だけなら誰でも知っている会社の創業者で財界の実力者。不可解な思いを抱きつつ訪問すると、年老いた紳士は、ある事件について語り始めた。私の母が関わっていたとされる、三十年以上も昔の、信じがたい密室殺人の真相を……。表題作他、五つの都市に響き渡る、五つの悲鳴。


表題作のほか、「ストックホルムの埋み火」「サンフランシスコの深い闇」「ジャカルタの黎明」「カイロの残照」

五作中三作は、それぞれ別のアンソロジーで既読だったが、こうして外国が舞台の短編だけを続けて読むと、「場」の持つ力のようなものを感じる。同じストーリーのものを書いたとしても舞台が日本だったならもっと粘っこく絡みつくようなものになったのでは、と思う。それぞれの舞台設定が生きている。
そして、いつもながら最後の最後に明かされる捻りの効いた種明かしが絶妙である。この感覚を味わいたいために貫井作品を読むと言ってもいいかもしれない。

V
V

TB
粋な提案
じゃじゃままブックレビュー
<花>の本と映画の感想
AOCHAN-blog

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ミハスの落日 貫井徳郎

装幀は新潮社装幀室。章扉写真は貫井徳郎。カバー写真はJTBフォト。主に「小説新潮」1998年10月号から2006年10月号まで不定期掲載。世界各国五つの都市が舞台のミステリー短編集。・ミハスの落日面識もない財

  • From: 粋な提案 |
  • 2007/07/09(月) 11:11:52

ミハスの落日 貫井徳郎著。

なんだか時間がかかりました。これはすべて海外を舞台にした短編小説を書くという趣旨で書かれてるので、私の感想なんぞは戯言と思ってください。 やはり、ほとんどの人物が外国人ってのは違和感ありました。だってこれ日本人作家だよね~、ジュアンだのオルガスだの、マフム

  • From: じゃじゃままブックレビュー |
  • 2007/07/13(金) 16:45:13

本「ミハスの落日」

ミハスの落日貫井徳郎  新潮社 2,007年2月  「ミハスの落日」ジュリアンは、製薬会社創業者のオルガスから、ミハスまで、来てほしいという電話を受け会いに行き、昔のジュリアンの母の話を聞く・・・・これも密室殺人になるのか?

  • From: <花>の本と映画の感想 |
  • 2007/07/17(火) 23:14:52

「ミハスの落日」貫井徳郎

タイトル:ミハスの落日 著者  :貫井徳郎 出版社 :新潮社 読書期間:2007/07/26 - 2007/07/27 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 突然の呼び出しは、面識のない相手からだった。名前だけなら誰でも知っている会社の創業者で財界の実力者。不...

  • From: AOCHAN-Blog |
  • 2007/09/21(金) 20:21:32

この記事に対するコメント

「場」の持つ力、ありましたね。
おっしゃるとおり、たぶん日本だったらもっと粘り(どろどろ?)があったと思います。
さまざまなスタイルで書かれているのも楽しめました。

  • 投稿者: 藍色
  • 2007/07/09(月) 11:11:32
  • [編集]

なかなかたのしい試みでしたね。
丁寧な取材の賜物でしょうか。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2007/07/09(月) 17:36:45
  • [編集]

すみません、私は島国根性から抜け出せないのか、どうもほとんどが外国人で馴染めなかったんですよね。
日本人がそれぞれの「場」で巻き込まれた方がしっくり来たんですけど、なんか私って人間が小さいですね。

  • 投稿者: じゃじゃまま
  • 2007/07/13(金) 16:47:33
  • [編集]

なるほど、言われてみればほとんど外国人でした。
わたしはまったく違和感なく読みましたけれど
そこに引っかかっちゃうとちょっと読むのは辛いかもですねぇ^^;
外国で日本人が巻き込まれるお話もいつか読んでみたいです。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2007/07/13(金) 18:39:49
  • [編集]

こんにちは!

外国を舞台にしたからこそ生まれたお話、すばらしいと思いました。
このような場所に行ったことはない私ですが、ちょっと旅行した気分も味わえました。

  • 投稿者: 花
  • 2007/07/17(火) 23:17:31
  • [編集]

実際にその場所を訪れたとしても
あぁなるほど!と思えそうでしたね。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2007/07/18(水) 07:41:22
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する