fc2ブログ

メルカトル*長野まゆみ

  • 2007/07/19(木) 21:19:07

☆☆☆☆・

メルカトル メルカトル
長野 まゆみ (2007/04)
大和書房

この商品の詳細を見る

「あなた、自分に値段をつけたことある?」「…値段?」「そう。自分の値打ちがどのくらいかってこと」 地図収集館で働く青年リュスの周囲で次々と起こる不可思議な出来事。地図をめぐるロマンティック・ストーリー。


リュスは両親も本当の自分の名前も知らずに救済院で育った孤児である。高校を17歳で飛び級で卒業し、育った街を出てミロナの地図収集館に勤めはじめたのだが・・・・・。
ずいぶんたくさんの登場人物が入れ替わり立ち代りリュスのいる舞台上に現れては彼に関わっていくのだが、最後まで読んで、実際のところ登場人物は何人いたのだろう と思わず指を折ってしまうのだった。
地味で変わり映えのしない日常に地図がもたらしたちょっとした不思議。そしてそれが行き着いたところは自分自身の原点とも言えるところだったのだ。まるで物語り全体がリュスのための地図のようである。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する