fc2ブログ

ZERO*麻生幾

  • 2004/03/10(水) 13:43:51

☆☆☆・・


 これが公安警察、驚愕の真実だ!
 常に厚いベールに包まれる全国公安警察の頂点に君臨する組織<ZERO>。
 その存在は国家機密であり、名称を警察内部で口にすることさえ許されない――。
                (帯より)

巻頭に全国公安へのZEROの指導・関係の略図、中国共産党の関係略図などが載せられている。
そのあとに 主要登場人物の一覧。
これらを見ただけで これから読もうとするものの難しさや複雑さは容易に予想ができる。

公安の実情など一般国民には知る由もないので ここに書かれていることがどれほど真実に近いのかは判りようもない。だがのほほんと毎日を暮らす人々の裏で 国を守るために命がけで行われていることがあるのだということを 考えさせられるものではある。
真に忠誠を誓うのは誰か?
己の命を捨ててまで守り通さねばならないものとは?
何を信じ何を疑うのか?
国家を信じていいのか?それとも信じるべきは自分自身だけなのか?

読むだけで体力を消耗するような過酷な作品だったが
最後に頼るものはやはり人間の誇りと真心だったということが唯一疲労を癒してくれた。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する