FC2ブログ

木洩れ日に泳ぐ魚*恩田陸

  • 2007/08/22(水) 17:16:48

☆☆☆☆・

木洩れ日に泳ぐ魚 木洩れ日に泳ぐ魚
恩田 陸 (2007/07)
中央公論新社

この商品の詳細を見る

一組の男女が迎えた最後の夜。明らかにされなければならない、ある男の死。それはすべて、あの旅から始まった――。運命と記憶、愛と葛藤が絡み合う、恩田陸の新たな世界


朝になればこの部屋を出て右と左へ別れ別れに歩いていく。そんな二人の最後の一夜の物語である。
時間にすれば短いのだが、二人はなんと遠くまで行って帰ったのだろう。アパートの一室にいながらなんと遠くまで出かけてきたのだろう。物語の冒頭に出てくる写真の持つ意味が短くて長いこの物語を経たラストで、こんな風に見えてくるとは思ってもいないことだった。
脳の襞のすきまに埋もれたまま忘れ去られようとしていた記憶の旅とも言える物語だった。

V
V

TB
おいしい本箱
粋な提案
じゃじゃままブックレビュー
じゅずじの旦那
ぱんどらの本箱

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

木洩れ日に泳ぐ魚 恩田陸

装画は佐々木悟郎。装幀は中央公論新社デザイン室。「婦人公論」2006年1月22日号~2007年2月22日号連載に加筆。高橋千浩と藤本千明が、数年間一緒に暮らしたアパートで迎えた最期の夜。二人とも、一年前に旅先で起

  • From: 粋な提案 |
  • 2007/08/25(土) 14:18:19

木漏れ日に泳ぐ魚 恩田陸 中央公論新社

恩田さんの、密室心理劇。男と女。生活を共にしていた二人が過ごす、最後の夜。お互いに、言いたいことを胸に抱えながら、それをどこで切り出そうかどこで吐き出してしまうか、もやもやとしながら、空っぽの部屋で会話が始まる・・。初めは普通の恋人同士かと思っていた二人

  • From: おいしい本箱Diary |
  • 2007/08/27(月) 00:26:50

木洩れ日に泳ぐ魚 恩田陸著。

恩田氏にしては読みやすいというか分かりやすいというか、普通のお話でしたね。 あるカップルの別れの夜。一人の男の死についてお互いがお互いを疑っている。殺人なのか、犯人はあなたじゃないのか? この二人、別れを決意したのに、真相は皮肉だったよね~。 彼女の方の?...

  • From: じゃじゃままブックレビュー |
  • 2007/11/24(土) 17:16:59

【木洩れ日に泳ぐ魚】 恩田陸 著

たぶんこれは、一枚の写真についての物語なのだろう… 一枚の写真に映っていた3人、いったい、どんな物語が始まるのだろう? 一組の男女が迎えた最後の夜。明らかにされなければならない、ある男の死。それはすべて、あの旅から始まった――。運命と記憶、愛と葛藤...

  • From: じゅずじの旦那 |
  • 2007/12/02(日) 15:29:00

恩田陸【木洩れ日に泳ぐ魚】

僕らは明日になったら右と左に分かれて歩き出すことだろう。 しかし、どこかできちんと話をしておかなければならないように思う。そうしなければ、この先それぞれの人生を歩いて...

  • From: ぱんどらの本箱 |
  • 2007/12/04(火) 16:26:13

この記事に対するコメント

二人の男女の会話だけなのに、膨らむイマジネーション。
遥か彼方まで遡り、甦る記憶を共有した気がしました。

  • 投稿者: 藍色
  • 2007/08/25(土) 14:18:10
  • [編集]

舞台は狭くて近いのに
物語は遠く広がりを持っていましたね。
さすが恩田さん。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2007/08/25(土) 16:21:15
  • [編集]

本当に、短くて長い一夜・・。
「心の黙示録を読む」というのは、こういうことなのかな・・と思いましたね。人の記憶というもの不思議さ・・その角度からも読み応えがありましたね。人の脳の中には、どれだけのものがしまわれているのでしょうね・・。

  • 投稿者: ERI
  • 2007/08/27(月) 00:30:40
  • [編集]

ちょっとした心理トリック――トラップかしら?――も読者にとってはうれしかったですね。
思い込みの枠が外れたことで、物語の広がり方も変わってきました。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2007/08/27(月) 06:37:51
  • [編集]

恩田作品にしては分かりやすい内容だと思ってたんですけど、結構私って単純な読み方してたんですかね。(苦笑)
なんとも、男女の皮肉な運命のお話だな、くらいにしか思えなくて。

  • 投稿者: じゃじゃまま
  • 2007/11/24(土) 17:20:04
  • [編集]

判りやすかったことは判りやすかったですね。
ラストが消化不良にならなかったし。
ただ、ものすごく近くて遠い物語だとは思いました。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2007/11/24(土) 20:33:00
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する