FC2ブログ

やっとかめ探偵団と鬼の栖*清水義範

  • 2007/09/05(水) 12:43:47

☆☆☆☆・

やっとかめ探偵団と鬼の栖 やっとかめ探偵団と鬼の栖
清水 義範 (2002/08)
実業之日本社

この商品の詳細を見る

親子3人の失踪事件発生。一家の幼児は両親から虐待されていたらしい…。大人になりきれない人間と、人生経験豊かな名古屋の婆ちゃん探偵・波川まつ尾が対決する! 「やっとかめ探偵団と唐人お吉」も収録。


これはもうお婆ちゃんたちでなければ、しかも名古屋のお婆ちゃんたちでなければ成り立たない物語かもしれない。文字だけでも名古屋弁のビミョーなニュアンスが伝わってきて、読んでいるときに話しかけられるとつい口をついて出そうになるほどである。
そんなお婆ちゃんたちの探偵活動における役割分担も、いつのまにか結構しっかりと決まっていて、どのお婆ちゃんも生き生きしているのがうれしい。
そして、主人公の波川まつ尾の推理は、いつも些細なヒントから展開し、当事者のことを思いやる気持ちがこめられていて胸が温かくなるのである。
やっとかめ探偵団、末永く活躍してほしいものである。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する