FC2ブログ

やっとかめ探偵団*清水義範

  • 2007/09/25(火) 18:21:54


やっとかめ探偵団 (光文社文庫)やっとかめ探偵団 (光文社文庫)
(1988/05)
清水 義範

商品詳細を見る

名古屋で駄菓子屋「ことぶき屋」を営む波川まつ尾(74歳)。さっぱりとした性格と頭のよさを慕って、連日婆チャンたちが訪れ、名古屋弁の花が咲く。ある日、近所の寝たきり爺さんが何者かに殺された!大変だぎゃあ!まつ尾を中心に婆チャンたちは情報収集へ…。吉川英治文学新人賞受賞後、初の書下ろし新シリーズ第1弾。


ことぶき屋の波川まつ尾婆ちゃん初め、ここに集まってくる名古屋市中川区のお婆ちゃんたちのこのバイタリティには、なまじっかな若者なら確実に負けるだろう。なんの特別なことをしているつもりもなくて、これほど見事に役割分担をして探偵役をこなしてしまうのである。お見事、というしかない。
ことぶき屋の常連さんやご近所さんに、まつ尾婆ちゃんのファンがいるというのも大いにうなずける。わたしももはやすっかりファンになってしまったひとりである。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する