FC2ブログ

夜明けの街で*東野圭吾

  • 2007/10/03(水) 10:29:32

夜明けの街で夜明けの街で
(2007/07)
東野 圭吾

商品詳細を見る

渡部の働く会社に、派遣社員の仲西秋葉がやって来たのは、去年のお盆休み明けだった。僕の目には若く見えたが、彼女は31歳だった。その後、僕らの距離は急速に縮まり、ついに越えてはならない境界線を越えてしまう。しかし、秋葉の家庭は複雑な事情を抱えていた。両親は離婚し、母親は自殺。彼女の横浜の実家では、15年前、父の愛人が殺されるという事件まで起こっていた。殺人現場に倒れていた秋葉は真犯人の容疑をかけられながらも、沈黙を貫いてきた。犯罪者かもしれない女性と不倫の恋に堕ちた渡部の心境は揺れ動く。果たして秋葉は罪を犯したのか。まもなく、事件は時効を迎えようとしていた・・・。


東野氏に対しては期待値が高いので、いささか期待はずれといったところである。
「不倫する奴なんて馬鹿だ」と常々思っていた男がずるずるとなだれ落ちるように絵に描いたような不倫に陥っていく過程は、まぁまぁ判りやすいとは言えるが、渡部が秋葉に惹かれたこと自体がよく解らなくもある。
ラストのどんでん返しが多少ミステリらしくもあったが、どの登場人物にも感情移入できず、物語のその後がどう展開したとしても泥沼でしかありえないのも救いがない。
「不倫する奴なんで馬鹿だ」というだけの一冊だったような・・・。

V
V

TB
粋な提案
じゃじゃままブックレビュー
映画な日々。読書な日々。
読書・映画・ドラマetc覚書 

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夜明けの街で 東野圭吾

装丁は高柳雅人(角川書店装丁室)。写真は(c)TOMOYOSHI OSHIYAMA。「野性時代」2004年9月号~2007年4月号掲載を加筆修正。主人公で語り手の僕:渡部は派遣社員の仲西秋葉と以前は軽蔑していた不倫の恋に。でも彼女は15年前、父親

  • From: 粋な提案 |
  • 2007/10/09(火) 23:55:02

夜明けの街で 東野圭吾著。

一体どんなテイストの物語かと・・・読み始めた。最初はちょっと分からなかった。不倫にハマる男性の、「危険な情事」的な展開になっていくの?それもハラハラ。やっぱサスペンス?? 秋葉の過去にあった殺人事件の真相。真犯人は誰なの? やっぱりミステリ? 東野氏だも?...

  • From: じゃじゃままブックレビュー |
  • 2008/01/01(火) 21:47:03

東野圭吾 『夜明けの街で』

夜明けの街で/東野 圭吾 ¥1,680 Amazon.co.jp 幸福な家庭で起きた殺人事件。まもなく時効を迎える。僕はその容疑者と不倫の恋に堕ちた―。 15年前の殺人事件。まもなく時効を迎える。僕はその容疑者と不倫の恋に堕ちた――。渡部の働く会社に、派遣社員の?...

  • From: 映画な日々。読書な日々。 |
  • 2008/05/05(月) 19:56:02

夜明けの街で  東野圭吾

夜明けの街で/東野 圭吾 東野圭吾 角川書店 2007 STORY: ひょんなことから不倫をすることになった渡部は、妻子ある身。不倫相手に殺人の疑いがかけられていることを知るが、渡部は妻子を捨てようとまで思い出し…。 感想:  うーん…これは…面白くな...

  • From: 読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版) |
  • 2008/08/07(木) 11:12:06

この記事に対するコメント

誰にも感情移入できませんでしたね。
これがエッセイから完全撤退までして書きたかったこと?
って考えると疑問符が飛び交いました。

  • 投稿者: 藍色
  • 2007/10/09(火) 23:54:53
  • [編集]

そうそう。
エッセイ撤退宣言のあとの作品だったので
余計に期待値が高かったんですけれどね。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2007/10/10(水) 06:34:54
  • [編集]

ふらっとさん、あけましておめでとうございます。
私も渡部がなぜ秋葉に惹かれたのかイマイチ理解できなかったんです。個人的に、秋葉の挑戦的な物言いとか好感持てなかったので。
不倫に浮かれてる渡部を非常に冷たい視線で見てました。

  • 投稿者: じゃじゃまま
  • 2008/01/01(火) 21:49:04
  • [編集]

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしく♪

男性には理解できるのかしらね?
それはそれでどうなのかという気もするけれど・・・。
読んでいて気分の好い物語ではなかったですね。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2008/01/02(水) 13:04:00
  • [編集]

こんばんは。
確かに東野さんの作品としては物足りないですが、男ってこうやって不倫するのね、という視線で楽しく読んでしまいました。

  • 投稿者: masako
  • 2008/05/05(月) 20:05:02
  • [編集]

masakoさんようこそ。
「東野ミステリ」と思って読むからいささか期待はずれな感じでしたけれど
不倫小説と思うと、これほどわかりやすいものもないかもしれませんね。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2008/05/05(月) 20:55:36
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する