fc2ブログ

6時間後に君は死ぬ*高野和明

  • 2007/10/03(水) 18:08:04

6時間後に君は死ぬ 6時間後に君は死ぬ
高野 和明 (2007/05/11)
講談社

この商品の詳細を見る

回りつづける運命の時計未来を賭けた戦いが始まる!
稀代のストーリーテラーが放つ、緊迫のカウントダウン・ミステリー
運命の岐路に迷う時、1人の予言者が現れる。
「6時間後に君は死ぬ」。街で出会った見知らぬ青年に予言をされた美緒。信じられるのは誰なのか。「運命」を変えることはできるのか。
未来は決まってなんかいない 明日を信じて、進むだけ


表題作のほか、『時の魔法使い」「恋をしてはいけない日」「ドールハウスのダンサー」「3時間後に僕は死ぬ」「エピローグ 未来の日記帳」

他人のビジョン(未来)を視ることのできる山葉圭史と、彼とかかわる人々の連作短編集。
表題作は連作の一話目なのだが、この時点では連作だとはわからなくて、ありがちなサスペンスという印象だった。だが、二話目を読み進むうちに連作だということがわかってくると、圭史の魅力ともあいまって次第に物語にも深みが出てくるのである。思わず応援したくなったり、胸にじんわりとあたたかいものが広がる心地がしたり、圭史が心理学を専攻する学生(院生)だということもあるのかもしれないが、心の凝りが解きほぐされていくような心地好さに包まれた。



V
V

TB
じゃじゃままブックレビュー
粋な提案

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

6時間後に君は死ぬ 高野和明著。

すっごい面白かった!!これもまたタイトルと中身のギャップがあるかもね。めちゃめちゃサスペンスかミステリかと思ってたら、軽くミステリで恋愛も絡んだちょい甘ミステリ。 高野氏は「13階段」(忘れちゃったけど)や「グレイヴディッガー」(これはわりと好き)のよう

  • From: じゃじゃままブックレビュー |
  • 2007/10/08(月) 17:39:17

6時間後に君は死ぬ 高野和明

装幀は多田和博。装画は牧野千穂。「小説現代」2001年9月号~2006年12月号不定期掲載、エピローグ書き下ろしの連作短編集。6時間後に君は死ぬ:殺される予言に原田美緒は圭史と未来を変える行動に。時の魔法使い

  • From: 粋な提案 |
  • 2007/10/10(水) 00:06:01

この記事に対するコメント

連作って分かった瞬間に、期待度上がりましたね~。でもまさか最初と最後に美緒が出てくるとは思いませんでした。本当は美緒の相手は別の人だったのに、自分の好きな人を射止めた美緒の強運というか、幸運さが羨ましいです。
どれもじんわりしたり、ほんわかしたり、よかったですよね。

  • 投稿者: じゃじゃまま
  • 2007/10/08(月) 17:42:26
  • [編集]

最終話に美緒が出てきたときに
一話目のあっさりさに納得しました。
圭史の魅力にやられました。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2007/10/08(月) 21:39:08
  • [編集]

タイトルは怖かったんですが、蓋を開けてみるとヒューマンファンタジー。
安心して読めました。
「ドールハウスのダンサー」が一番感動しました。

  • 投稿者: 藍色
  • 2007/10/10(水) 00:05:38
  • [編集]

「ドールハウスのダンサー」
不思議で感動的な物語でしたね。

圭史の登場の仕方が、物語によってそれぞれ違っているのも愉しかったです。
次はどんな風に出てくるのかしら?って。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2007/10/10(水) 06:43:47
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する