FC2ブログ

予定日はジミー・ペイジ*角田光代

  • 2007/11/14(水) 18:23:27


予定日はジミー・ペイジ予定日はジミー・ペイジ
(2007/09/01)
角田 光代

商品詳細を見る

〈4月×日/性交した。夫はすぐに眠ったが私は眠れず、起きて服を着て、ベランダにいって煙草を吸った。日中は雨が降っていたのに夜空は晴れ渡っていて、濃紺の空には厚ぼったい雲までかかっている。いくつか星が見えた。すっと一筋、こぼれ落ちるみたいに星が流れた。/あ、流れ星、と思うのと、子どもができたかも、と思うのと、ほぼ同時だった。どちらにしても、願いごとをし忘れた。〉という書き出しから始まる本書は、天才ロックギタリストの誕生日に母親になる予定の〈私〉をめぐる、切ない「マタニティ日記」だ。
おめでたですよと医者に言われて、めでたいですかねえと訊き返してしまった〈私〉が、出産予定日の1月9日に向けて、不安や妄想の数々を乗り越えてゆく─。それはいつになく、いくつもの悩みと笑いや、いくつもの迷いと決定が詰まっている日々。
だめ妊婦、ばんざい! と応援したくなるほどリアルを描く、直木賞作家・角田光代待望の書き下ろし。唐仁原教久とのイラストコラボレーションも素敵な最新小説だ。新しい「妊娠文学」の誕生。


あとがきにもあるが、角田さんのエッセイなのか小説なのか判別しづらい作風(?)のせいで、かなり誤解を受け、出産祝いを受け取る羽目になったらしい。妊娠小説と聞いて、わたしもてっきりご本人が!と思ったものである。だが、事実ではないと判って読んでもつい、著者自身の妊娠生活を思い浮かべてしまいそうになるのである。まことに角田さんらしい妊娠生活なのである。
そもそもはじめは最終章だけがあったということだが、そこに至る道筋をこのダメ妊婦――とあえて言うが――と共に歩けてほんとうによかった。



V
V

TB
今日何読んだ?どうだった??
粋な提案

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

予定日はジミー・ペイジ 角田光代

装画・挿画は角田光代+唐仁原教久。装幀は唐仁原教久。書き下ろし。 おめでたですよと医者に言われて、めでたいですかねえと訊き返してしまった私=書き手のマキ。妊娠に戸惑い、夫が喜ぶ姿にも実感が持てない。「誕生

  • From: 粋な提案 |
  • 2007/12/04(火) 03:32:43

この記事に対するコメント

わたしも「ご本人が!?」とだまされたクチです。だってかなりリアルだと思ったんですもん。妊娠経験はないのでリアルな感情なんてわかんないんですけどね。
淡々と進むのに、なんだかとても心動かされるお話でした。

  • 投稿者: まみみ
  • 2007/11/25(日) 22:50:30
  • [編集]

妊娠生活ってほんとうに人の数だけあると思うのだけれど
こんな妊婦さん、絶対にいそうですよね。
まさにリアルで、きっとだまされた人のほうが多いのでは・・・?と思います。
角田さんさすが!

  • 投稿者: ふらっと
  • 2007/11/26(月) 06:42:05
  • [編集]

すべて空想・イマジネーションのはずなのに、
描かれる妊娠生活、リアルに感じられました。
最終章だけから全体を作ったのもすごいと思います。

  • 投稿者: 藍色
  • 2007/12/04(火) 03:32:30
  • [編集]

最終章だけで終わらなくてよかったですよね。
この経緯があって、このラストにたどり着けてよかった。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2007/12/04(火) 06:36:15
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する