fc2ブログ

桜宵*北森鴻

  • 2007/12/04(火) 17:12:49


桜宵桜宵
(2003/04)
北森 鴻

商品詳細を見る

今夜も《香菜里屋》で、ひとつ謎が明かされた。

旨いビールに、しゃれた酒肴。
そして何よりこの店には、事件を読み解く心がある。


事件のきっかけは不意に訪れる。

「桜宵」
一度訪ねてみてください。わたしがあなたに贈る最後のプレゼントです。

「犬のお告げ」
《悪魔のリストランテ》と異名をとる、リストラ要員選びのホームパーティを開いているそうだ。

「旅人の真実」
あの金色のカクテルに固執するお客は、あれから来ましたか。

「約束」
たった一つの旅の思い出、それがこの店なんですよ。


上記のほかに「十五周年」

三軒茶屋の裏路地にあるビアバー「香菜里屋」シリーズ第三弾。
もうすっかり自分までこの店の常連になった心地である。美味しい料理から立ち上る湯気の温かさに触れられさえするかのように親しく感じられてしまう。
だが今作は、いままでの二作よりも人間の裏側の昏い部分が多く描かれていたように思う。工藤が謎を解き明かすときに言いよどむ場面も多かった気がするのである。

池尻大橋の「バー香月」の香月と工藤のかかわりは今作でも明かされなかったが、いつか知ることができるのだろうか。




はじまり

       「十五周年」

 周囲の景色も人も、突然に色褪せ、質感を失い、輪郭さえも空間に溶けて消えてしまった気がして、慌ててあたりを見回した。そのような超常現象がありえるはずがないことを、そして自分が夢の途中にいるわけでもないことを確認して、ああ、孤立感とはこのような感覚のことをいうのだなと、改めて思った。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する