FC2ブログ

ホテルジューシー*坂木司

  • 2007/12/12(水) 13:07:01


ホテルジューシーホテルジューシー
(2007/09)
坂木 司

商品詳細を見る

大家族の長女に生まれた柿生浩美=ヒロちゃんは、直情で有能な働きモノ。だがこの夏のバイト先、ホテルジューシーはいつもと相当勝手が違う。昼夜二重人格の“オーナー代理”はじめあやしげな同僚達や、ワケありのお客さんたちに翻弄される日々。怒りつつもけなげに奮闘するヒロちゃんにさらなる災難が…。注目の覆面作家がおくる、ひと夏の青春&ミステリ。


『シンデレラ・ティース』の姉妹作品。サキちゃんが苦手な歯医者さんでアルバイトしているそのとき、沖縄のホテルでアルバイトしていた友だちのヒロちゃんが本作の主人公である。
装丁からしてポークの缶詰である。まさにホテルジューシー――ジューシーは沖縄料理の炊き込みご飯や雑炊のことらしいが。
オーナー代理、お掃除係のクメばあとセンばあ、賄いの比嘉さん、そしてさまざまなお客さんたち。ひと癖もふた癖もある彼らとかかわり過ごすうちに、ヒロちゃんも少しずつ沖縄のときの流れに馴染んでいき、ひとつずつ人間というもののあれこれを学んでいくのだった。
夏休みがおわりに近づき、ヒロちゃんがホテルジューシーを離れなければならない日が近づいてくると、読者まで一緒になって離れがたい心持ちにさせられてしまう。それくらい心地好いホテルジューシーなのだった。




はじまり

私は、自分にできないことがあるということを知っている。
私は「自分の取り分」というものを知っている。
そして私は、身の丈にあったものが好きだ。

だから、

なんでもできると思い込んで、
他人の取り分まで欲しがり、
身の丈にあわない物を身につけている人間が嫌いだ。

本当に嫌いだ。

でももっと嫌いなのは、だらしない人間。
物に対しても人に対してもいいかげんな振る舞いしかしない。
そんな無責任な人間と一生つきあわずにいられたら、
私はきっと幸福に違いない。




V
V

TB
粋な提案

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホテルジューシー 坂木司

装幀はtheGARDEN石川絢士。「野性時代」掲載+書き下ろし。連作短編集。 語り手の柿生浩美は大学の夏休み、石垣島の民宿でアルバイト。オーナーから頼まれ那覇のボロ宿、ホテルジューシーへ。先輩の松谷さんはさらりと去って残る

  • From: 粋な提案 |
  • 2007/12/28(金) 02:29:03

この記事に対するコメント

居心地よかったですよね~。
沖縄料理、美味しそうでした。
正義感が強いヒロちゃんの落胆からの成長を微笑ましく読めました。

  • 投稿者: 藍色
  • 2007/12/28(金) 02:28:43
  • [編集]

サキちゃんとはまったく違う夏休みだったけれど
それぞれに成長した夏でしたね。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2007/12/28(金) 07:02:19
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する