fc2ブログ

ツール& ストール*大倉崇裕

  • 2007/12/21(金) 13:04:06


ツール&ストールツール&ストール
(2002/08)
大倉 崇裕

商品詳細を見る

ある朝、殺人容疑をかけられた友人が飛び込んできて目が覚めた白戸君―「ツール&ストール」別の日は、怪我をした友人から突然頼まれた、怪しげな深夜のバイトに出掛け―「サインペインター」それなのにいつでも金欠君、預金残高51円の通帳を握りしめた横で銃声が!?―「セイフティゾーン」そんななか、やりくりして買ったばかりの携帯に、不穏な間違い電話―「トラブルシューター」同じ過ちは繰り返さないぞと心に誓いながらも、やっぱり万引き犯と間違えられる―「ショップリフター」さまざま事件に巻き込まれる、日本一運の悪いお人好し―白戸修・23歳やっぱり中野は鬼門なのか!?小説推理新人賞受賞作の表題作を含むユニークな「日常の軽犯罪」ミステリ5編を収録。


日本一、いや世界一のお人好し探偵といってもどこからも文句は出ないであろう白戸修君がこの物語の主人公である。一応彼がどの物語の中でも謎を解くのだから、白戸君のことを「探偵」と呼んで問題ないはずなのだが、どうしても被害者に見えてしまうのが哀しいところである。だが、そのお人好しのおかげで事件の謎の解決の糸口がつかめるのも確かなので、いいのか悪いのか・・・。
ともかく、愛すべきお人好しの白戸修君は きょうも厄介ごとに巻き込まれるのである。これからどんな情けないことに巻き込まれるのか、もっともっと見てみたいものである。

ちなみに、スリの世界では
ツールは、実際に掏り取る人間
ストールは、ツールが掏り取りやすいように煙幕を張る人間のことらしい。




はじまり

       ツール&ストール
       1

 白戸修は、テレビのスイッチを入れた。ニュースを読み上げるアナウンサーの顔が、ぼやけている。まだ、完全に目がさめていないのだ。流しで冷水を頭から浴びる。ようやく目の焦点が合ってきた。
 昼まで寝ていようと思っていたのに、目覚まし時計のセットを間違えた。時刻は午前七時である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する