fc2ブログ

上と外*恩田陸

  • 2004/03/25(木) 14:10:56

☆☆☆☆・
上と外

 両親の離婚で、別れて暮らす元家族が年に一度、集う夏休み。
 中学生の楢崎練は小学生の妹、母とともに、考古学者の父がいる
 中央アメリカのG国までやってきた。
 ジャングルと遺跡と軍事政権の国。
 そこで四人を待っていたのは<軍事クーデター>だった。
 離れ離れになる親子、二度と会えないかもしれない兄と妹!
 密林の中の謎の遺跡と神秘の儀式。
 絶え間なく二人を襲う絶体絶命のピンチ。
 ノンストップの面白さで息もつかせぬ1350枚、恩田陸の最長編小説。

                    (帯より)

マヤ文明を土台に語られる長編。
なんとも言えないスケールの壮大さなのだが その根底にとうとうと流れるのは
下町の小さな町工場で働く祖父の天性の広い視野と柔軟性だったりする。
フィクションでしかあり得ない様々な出来事が ここでもやはり「人」「真心」に救われるのである。
ひとりひとりが「人」であり「命の単位」なのだ。一単位がしっかりその役割を果たさなければ何事も成し得ないのだ。なおかつ 一単位のみでは何も成り立たないのだということを 感動と共に思い知らされる。

人類は果たして本当に進歩に向かっているのだろうか?
そんな疑問さえ抱いてしまう作品である。



V
V

TB
+ChiekoaLibrary+

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上と外 [恩田陸]

上と外恩田 陸 幻冬舎 2003-02両親の離婚で、別れて暮らす元家族が年に一度、集う夏休み。中学生の楢崎練は、離れて暮らしている小学生の妹・千華子と母・千鶴子とともに、考古学者の父がいる中央アメリカのG国までやってきた。ジャングルと遺跡と軍事政権の国。そこで四人

  • From: + ChiekoaLibrary + |
  • 2006/09/15(金) 15:18:32

この記事に対するコメント

おもしろくてたのしくて、さらにいろいろ考えさせられもする、すばらしい一冊でした!さすが恩田さん…。

  • 投稿者: chiekoa
  • 2006/09/15(金) 15:20:22
  • [編集]

恩田さん
『月の裏側』一冊で嫌いにならなくて
ほんとうによかったと思っています。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2006/09/15(金) 16:56:39
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する