FC2ブログ

こころげそう――男女九人 お江戸の恋ものがたり*畠中恵

  • 2008/04/22(火) 07:08:30

こころげそう 男女九人 お江戸恋ものがたりこころげそう 男女九人 お江戸の恋ものがたり
(2008/01/22)
畠中 恵

商品詳細を見る

思いを伝えられぬまま亡くしてしまった、下っ引き宇多の幼なじみ・於ふじが幽霊になって帰ってきた。於ふじと千之助兄妹の死の真相を探るうち、9人の幼なじみたちそれぞれの恋や将来の悩みが絡み合ってきて…。


「恋はしがち」 「乞目」 「八卦置き」 「力味」 「こわる」 「幼なじみ」の六つの連作物語。

犬の仔のようにころげまわって遊んでいた幼なじみたち――宇多・千之助・弥太・重松・於ふじ・おまつ・お染・お品・お絹――は、それぞれに想いを胸に抱く年頃になっていた。しかしその想いは切ないほど複雑に絡まりあってもいるのだった。
千之助と於ふじの兄妹は同じ日に神田川で溺れ死に、下っ引きの宇多の想いは告げられぬまま宙に浮いてしまい落ち込んでいたが、ひと月ほどたって子どもたちに先立たれた由紀兵衛の長屋を訪れてみると、由紀兵衛は思いのほか元気なのだった。そのわけは・・・・・於ふじが幽霊となって夜ごと長屋に現れるようになったからなのだった。
そして、幼なじみたちに関わる気がかりが次から次へと起こり、宇多は江戸の町を駆け回り、頭をフル回転させて絡まった謎を解くのである。

何も考えずに一緒くたになって遊びまわっていたころと違い、年頃になった幼なじみたちの恋心があまりにも切ない。うまくいくもの、うまくいかぬもの、どちらにも切なさがあり、恋と友情の間で揺れる想いもあるのである。身近で起こる事件と九人の恋心が微妙に絡み合って、物語はますます面白くなるのだが・・・・・。




はじまり

       「恋はしがち」
         1

 「女の幽霊が出る?長屋にですか?」
 住まいにしている二階長屋の一階、八畳の居間で、宇多は思わず長火鉢の奥に座る長次に聞き直していた。
 宇多に突然、驚くようなことを言った長次は今年四十二、宇多の親代わりにして、両国橋寄りの内神田辺りを縄張りとする岡っ引きだ。今二十二になる宇多は、長次親分の元で、下っ引きをやっていた。




V
V

TB
My Favorite Books
hibidoku~日々、読書~
今日何読んだ?どうだった??
粋な提案
じゃじゃままブックレビュー
気楽に♪気ままに♪のんびりと♪

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

こころげそう   ~畠中 恵~

畠中さんの新作です。 今回も江戸を舞台にしたお話で幼馴染9人の恋物語・・・と思いきや、 やはりただの恋物語で済まさないのが畠中さ...

  • From: My Favorite Books |
  • 2008/04/28(月) 09:27:40

こころげそう 男女九人 お江戸恋ものがたり/畠中恵

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/4/20~2008/4/21 [光文社HPより] 江戸・橋本町の下っ引き宇多が、恋しい思いを伝えられぬまま亡くしたはずの於ふじが帰ってきた ――幽霊の身となって!! 神田川でこときれた於ふじと千之助。兄妹の死の真相を探るうちに、9人の...

  • From: hibidoku~日々、読書~ |
  • 2008/05/01(木) 01:16:11

こころげそう 男女九人お江戸恋ものがたり 畠中恵

装画は、さやか。ブックデザインは鈴木成一デザイン室。「小説宝石」掲載。こころげそうとは、心化粧―口には言わないが、内心恋こがれるこ...

  • From: 粋な提案 |
  • 2008/05/13(火) 02:16:21

こころげそう 男女九人お江戸の恋ものがたり 畠中恵著。

≪★★★★☆≫ <男女九人お江戸の恋ものがたり>九人の幼なじみたち。親代わりである長次の元で下っ引をしている宇多。宇多がずっと思い続けた於ふじは、これまた幼なじみの於ふじの兄と時を同じくして、少し前に川で死んでしまった。 そんな於ふじが、宇多の..

  • From: じゃじゃままブックレビュー |
  • 2009/02/16(月) 23:01:22

こころげそう 男女九人 お江戸恋ものがたり

***************************************************** 江戸・橋本町の下っ引き宇多が、恋しい思いを伝えられぬまま 亡くしたはずの、於ふじが帰ってきた―...

  • From: 続・気楽に♪気ままに♪のんびりと♪  |
  • 2009/07/20(月) 08:35:58

この記事に対するコメント

もどかしいほどの恋模様でした。
宇多の鈍感さにもびっくりでしたけど・・・。
千之助だけが実体がなかったのが
ちょっと残念でした。

  • 投稿者: す〜さん
  • 2008/04/28(月) 09:27:31
  • [編集]

宇多は
鈍感でもあるのでしょうけれど、意識的にそういう状態になるのを避けている風もあった気がします。

幼なじみと叩きあいの喧嘩までしてしまうお江戸の娘たちの恋情の激しさにも、ちょっとびっくりでした。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2008/04/28(月) 12:56:52
  • [編集]

す~さんも言われてますが、千之助だけ影がとても薄くてちょっと残念でした。まああれほど混乱をきわめた人物模様だったので、もし出てきてたとしても「多すぎる!」とキーッとなったかな^^;
畠中さんのってこういうせつない話多いですよね……

  • 投稿者: まみみ
  • 2008/05/03(土) 16:10:13
  • [編集]

千之助、於ふじを死なせるためにでてきたような役回りで
ちょっと可哀想だったかも・・・・・。
けど、ほんとうに狭い範囲でややこしい恋模様でした。
畠中さん、絵に描いたようなハッピーエンドはあまりないかも、ですね。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2008/05/03(土) 16:29:26
  • [編集]

「心化粧」な想いが交錯していましたね。
一方通行って分かっていても、自分の思いを断ち切ることが出来ない登場人物たち、
切なかったです。

  • 投稿者: 藍色
  • 2008/05/13(火) 02:15:51
  • [編集]

人と人との縁のままならなさが描かれていて絶妙でしたね。
思わず身をよじりたくなるようでした。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2008/05/13(火) 06:36:48
  • [編集]

私も千之助が気になりました。全然出てこなかったですね。
もしも生きていたら、誰のことを思っていたんでしょうかね。
すごく面白かったです。

  • 投稿者: じゃじゃまま
  • 2009/02/16(月) 23:04:00
  • [編集]

これだけ狭い範囲で入り組んだ人間模様を見事に描いていて、さすが畠中さん、ですね。
身をよじりつつ、愉しみました。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2009/02/17(火) 06:46:43
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する