FC2ブログ

流星の絆*東野圭吾

  • 2008/05/25(日) 18:04:33

流星の絆流星の絆
(2008/03/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る

全ての東野作品を凌ぐ現代エンタメ最高峰!
殺された両親の仇討ちを流星のもと誓った功一、泰輔、静奈の兄妹。
十四年後、泰輔が事件当日目撃した男に、功一が仕掛ける復讐計画。
誤算は、静奈の恋心だった。


文句なく大満足の東野作品である。
深夜、両親に内緒で家を抜け出し、ペルセウス座流星群を観にいった幼い兄弟三人が帰ってきて見つけたのは、殺された両親の無残な姿だった。
施設で過ごし、大人になった彼らは、兄・功一がプランを立て、弟・泰輔と妹・静奈が実行役として詐欺を働いていた。そのターゲットのひとり・戸神行也と接触するうちに、彼の父親が、十四年前の事件の夜泰輔が、自宅の裏口から逃げていくのを見た人物であることに気づき、計画を犯人逮捕にシフトするのだったが・・・・・。

両親を無残に失った三兄弟の結びつきの強さは並の兄弟の比ではなく、両親を殺した犯人に対する憎しみも尋常ではなかった。それが、犯人と思われる人物の元に彼らを導いたのだろう。しかし、ただの復習劇で物語は終わらなかった。真犯人の心情、関係者の思惑、想定外の恋心など、生身の人間だからこその感情が、物語を意外な方向に進ませるのである。事件にまつわる「人の心」が物語の核だとも言えるのではないだろうか。途中でやめられない一冊だった。





はじまり

       1

 物音をたてないよう、ゆっくりと窓を開けた。首を伸ばし、夜空を見上げる。
「どうだ?」功一が訊いてきた。
「だめだ。やっぱり雲が多いよ」
 功一がため息をつき、舌打ちをした。「天気予報どおりか」
「どうする?」泰輔は室内にいる兄のほうを振り返った。
 功一は部屋の真ん中で胡坐をかいていたが、傍らのリュックを手にして立ち上がった。
「俺は行く。さっき下に行ってみたら、父さんと母さんは店のほうで何かしゃべってた。今なら、たぶん気づかれないと思うし」
「星、見えるかな」
「だめかもしれないけど、とりあえず行く。明日になって、じつはよく見えたって言う話を聞いたら悔しいからな。泰輔は嫌ならやめたっていいぞ」




V
V

TB
じゅずじの旦那
Book A GoGo!!!
じゃじゃままブックレビュー
★試写会中毒★
気楽に♪気ままに♪のんびりと♪
読書・映画・ドラマetc覚書

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ペルセウス座流星群】についてブログや通販での検索結果から見ると…

ペルセウス座流星群 をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると…

  • From: 気になるワードを詳しく検索! |
  • 2008/06/14(土) 08:12:47

【流星の絆】 東野圭吾 著

封印した「ハヤシライス」… それを息子の店で復活させようとした時、それはちょうどある事件の時効と重なっていた [:ショック:]   まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:] 【あらすじ】 ハヤシライスが看板メニューの洋...

  • From: じゅずじの旦那 |
  • 2008/06/21(土) 11:05:21

『流星の絆』(東野圭吾) <感想&書評>

流星の絆東野 圭吾 講談社 2008-03-05売り上げランキング : 324おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 本の内容 功一、泰輔、静奈の幼い兄妹は...

  • From: Book A GoGo!!! ~本の読書感想&書評ブログ~ |
  • 2008/06/21(土) 14:23:52

流星の絆 東野圭吾著。

≪★★★≫ 幼い兄妹が流星を見に行った夜に、惨劇は起こった。 大人になった彼らは復讐を誓う。大切なものを奪われてばかりの自分たち、奪われる側から、奪う側にまわれ! 両親を奪ったあの後姿は誰だったのか・・・。 二人の兄と妹の静奈は、詐欺師だ。 計画性といい、...

  • From: じゃじゃままブックレビュー |
  • 2008/09/01(月) 22:25:46

流星の絆

流星の絆/東野 圭吾 ¥1,785 Amazon.co.jp 満 足 度:★★★★  (★×5=満点) ■内容■  殺された両親の仇討ちを流星のもと誓った功一、泰輔、静奈の兄妹。 「兄貴、妹は本気だよ。俺たちの仇の息子に惚れてるよ」 十四年後、泰輔が事件当日...

  • From: ★試写会中毒★ |
  • 2008/12/14(日) 14:42:41

流星の絆

**************************************************************** 惨殺された両親の仇討ちを流星に誓いあった三兄妹。 「兄貴、妹(あいつ)は本気だよ。 俺たちの仇の息子に惚れてるよ」 14年後――彼らが仕掛けた復讐計画の最大の誤算は 妹の恋心だった・・・・ ...

  • From: 気楽に♪気ままに♪のんびりと♪ |
  • 2009/01/22(木) 14:33:11

流星の絆  東野圭吾

流星の絆/東野 圭吾 東野圭吾 講談社 2008 STORY: 幼い頃に両親を刺殺された3兄弟は、いつか犯人を見つけ復讐することを誓う。大人になった彼らは詐欺師として生計を立てる。一方殺人事件の時効が近づいてきており…。 感想:  ドラマを先に見ており?...

  • From: 読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版) |
  • 2009/08/24(月) 19:50:41

この記事に対するコメント

家に帰ったら両親が惨殺されてた、って想像したくないですよね。
そんなことがあった兄妹が、大人になったら詐欺師で、え?って感じ。帯に騙された部分もありましたけど、もっとハードな復讐劇だと思ってたので。

でも先が知りたくて、一気でしたね。

  • 投稿者: じゃじゃまま
  • 2008/09/01(月) 22:29:20
  • [編集]

ほんとうに、想像したくないです。
でも、こんなにむごい設定だからこその三兄妹の絆の強さ、なのでしょうね。

ページを繰るのがもどかしいほどの読書タイムでした。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2008/09/02(火) 06:30:58
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する