fc2ブログ

ヴァン・ショーをあなたに*近藤史恵

  • 2008/08/27(水) 17:24:03

ヴァン・ショーをあなたに (創元クライム・クラブ)ヴァン・ショーをあなたに (創元クライム・クラブ)
(2008/06)
近藤 史恵

商品詳細を見る

下町のフレンチレストラン、ビストロ・パ・マルのスタッフは四人。二人の料理人はシェフの三舟さんと志村さん、ソムリエの金子さん、そしてギャルソンの僕。気取らない料理で客の舌と心をつかむ変わり者のシェフは、客たちの持ち込む不可解な謎を鮮やかに解く名探偵。
近所の田上家のスキレットはなぜすぐ錆びるのか? しっかりしたフランス風のパンを売りたいとはりきっていた女性パン職人は、なぜ突然いなくなったのか? ブイヤベース・ファンの新城さんの正体は? ストラスブールのミリアムおばあちゃんが、夢のようにおいしいヴァン・ショーをつくらなくなってしまったわけは?・・・・・
絶品の料理の数々と極上のミステリをどうぞ!


表題作のほか、「錆びないスキレット」 「憂さ晴らしのビストウ」 「ブーランジュリーのメロンパン」 「氷姫」 「天空の泉」 

『タルト・タタンの夢』につづく、ビストロ・パ・マル、三舟シェフシリーズ第二弾。
相変わらずいい香りが漂ってきそうなビストロ・パ・マルである。なのに、のっけから三舟シェフと志村さんが言い合いをしている。一大事!と読み進めると、なんとも拍子抜けの理由である。三舟シェフの可愛らしい一面をみせてもらった。
今回は、三舟シェフの若かりし頃のフランスでの様子や、店の名前の由来(たぶん)や、人の躰も心も温めてくれるあのヴァン・ショーの由来もわかって得したような気分である。
三舟シェフは、若い頃からちっとも変わらないのだということもわかって、さらに好きになる。





はじまり

       『錆びないスキレット』

 うすうす感づいていたことがある。
 店でいちばん、怖いのは、三舟シェフである。頭ごなしに叱りつけるようなことはないが、いつもむすっとしているし、怒るときには怒る。
 もうひとりの厨房スタッフの志村さんは、口角の上がった口もとのせいで、常に笑っているような顔立ちをしていて、とても人当たりがいい。ぼくが、ビストロ・パ・マルで働くようになってから、ずいぶん経つけど、声を荒げて怒ったところは見たことがない。唯一機嫌が悪くなるのが奥さんの話で・・・・・いや、この話はまた別の機会に譲ろう。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ちょうど

ちょうど読んでいるところです。人物もよく出来ているし、謎とストーリーのバランスも絶妙だし、「いい匂いがしてきそう」というのはまさにその通りで、五感を刺激してくれる小説は最高ですね。

  • 投稿者: チョロ
  • 2008/08/28(木) 18:07:54
  • [編集]

まさにしあわせな読書タイムをお過ごしですね。

ほんとうに、バランスのいい一冊でした。
おなじみの登場人物のことも少し深く知ることができたようで、うれしくもありますね。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2008/08/28(木) 19:00:14
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する