fc2ブログ

蛍*摩耶雄嵩

  • 2009/01/31(土) 21:07:30

螢 (幻冬舎文庫)螢 (幻冬舎文庫)
(2007/10)
麻耶 雄嵩

商品詳細を見る

オカルトスポット探険サークルの学生六人は京都山間部の黒いレンガ屋敷ファイアフライ館に肝試しに来た。ここは十年前、作曲家の加賀螢司が演奏家六人を殺した場所だ。そして半年前、一人の女子メンバーが未逮捕の殺人鬼ジョージに惨殺されている。そんな中での四日間の合宿。ふざけ合う仲間たち。嵐の山荘での第一の殺人は、すぐに起こった。


曰くつきの山奥の館に肝試し合宿にやってきた大学生六人。その夜、彼らの先輩でもある館の主が殺された。折りしも嵐のような集中豪雨のさなか、麓との唯一の連絡路である橋は決壊し、館の電話はすべて線が切られていた。密室とも言える舞台の出来上がりである。
思わぬミスリードがあるのだろうと、心して読み進んだが、比較的早い段階でたどり着いた予想がほとんど裏切られないストーリー展開で、かえって拍子抜けしてしまった。
館の元々の持ち主・作曲家の加賀蛍司の奇行や、それを上回るとも言える殺人鬼ジョージの所業には、目を背けたくなる心地だったが、物語自体には、もう一捻りあって欲しかったように思う。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する