fc2ブログ

三人姉妹*大島真寿美

  • 2009/06/06(土) 08:17:11

三人姉妹三人姉妹
(2009/04)
大島 真寿美

商品詳細を見る

大学を出ても就職せず、ミニシアターでバイトしながら仲間と映画作りをしている水絵は三人姉妹の末っ子。長女の亜矢はある日子連れで実家に戻って離婚騒動に、次女の真矢は不倫を脱し、奇病にもまけず転職に成功。水絵は映画合宿がつぶれて、好きな彼とはうまくいかず、夜中のドライブを楽しんだけど、今度は家族の危機が!三姉妹のゆるやかな毎日を瑞々しく描き心温まる長編小説。


青春を散々謳歌したあと、あっさりとお見合いで結婚し一児の母になっている長女・亜矢、実りのない不倫から脱し、ヘッドハンティングの話を断り、仕事もアフターファイブも充実している年子の次女・真矢、そして、大学は卒業したが成り行きで就職せず、ミニシアターでバイトする歳の離れた末っ子・水絵の三姉妹の物語である。語り手は水絵。
それぞれに悩みを抱えているが、なんとなくすべてお互いにバレていて、それぞれがお互いを直接的間接的に思いやっている様子が、姉妹だなぁと思わされる。家族や友人たちとの関わりにも真実味があり、どの登場人物のキャラクターもいい。
同じ女同士、近すぎる鬱陶しさもあるだろうが、安心できる居場所であることが伺われてあたたかい心地になる一冊だった。




V
V

TB
じゃじゃままブックレビュー

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

三人姉妹 大島真寿美著。

≪★★★≫ 大島氏の書くヒロインって、こんな感じ。 どこにでもいる女の子で、特別容姿端麗でもなく、どちらかというとみんなと同じに出来ない不器用な感じの女の子。 水絵も、大学卒業後、フリーターで映研にOGとして参加しながら、ミニシアターでバイトしてる女の子?...

  • From: じゃじゃままブックレビュー |
  • 2009/06/20(土) 22:57:47

この記事に対するコメント

大島さんの作品って、ありきたりな日常のようでいて、でもなかなか普通にはそんなこともないのに、読み終えた後の心地が、なんともよくて身近な感じがするんですよね。
水絵が、一歩踏み出しました、ってところで終わってて、さりげなく成長しちゃってるところも妙に好きです。

  • 投稿者: じゃじゃまま
  • 2009/06/20(土) 23:01:32
  • [編集]

そうなんですよね。
なぜか読後、身近で親しい感じがするのですよね。

共感できる、というわけではなくても
まさに「妙に好き」っていう感じです。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2009/06/21(日) 08:19:14
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する