fc2ブログ

うたうひと*小路幸也

  • 2009/06/06(土) 16:56:25

うたうひとうたうひと
(2008/07/23)
小路 幸也

商品詳細を見る

誰にでもその人だけの歌(ストーリー)がある

恋人に、友達に、きっと伝えたくなる7つのやさしい物語
『東京バンドワゴン』の著者が描く珠玉の短編集!

ギターが泣いている。最初にそう言ったのは誰なのか今となってはわからない。
奴がチョーキングすると音が泣き出すんだ。
あなたのギターを聴いているとわけもなく涙が流れてきます。
雨の中を歩けば、誰にも知られずに泣くことができる。
お前のギターがまさにそれだ。
weeping in the rain.
俺の代名詞になった。
それなのに。
………………………(――「クラプトンの涙」より)


「クラプトンの涙」 「左側のボーカリスト」 「唇に愛を」 「バラードを」 「笑うライオン」 「その夜に歌う」 「明日を笑え」

音楽をキーワードにした短編集。
最後の物語はおそらく誰にでもモデルがわかるだろうが、ほかの物語にもモデルがいるのかどうかは、詳しくないのでよく判らない。
音を奏でる、というそれだけのことに情熱を傾け、時に命を注ぐ人たちの、周りをも巻き込んだ想いが、こちらの胸にもひたひたと熱い波を起こすようである。共通する「信じられるもの」を持った繋がりは、だれがなんと言おうとこれほどに強いものなのだとも思わされる。
「笑うライオン」には泣かされた。




V
V

TB
しんちゃんの買い物帳

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「うたうひと」小路幸也

うたうひと(2008/07/23)小路 幸也商品詳細を見る 涙をうたうひと、友をうたうひと、愛をうたうひと、悲しみをうたうひと、待ち人をうたうひと、...

  • From: しんちゃんの買い物帳 |
  • 2009/06/15(月) 22:44:33

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する