fc2ブログ

むかしのはなし*三浦しをん

  • 2009/06/17(水) 07:24:46

むかしのはなし (幻冬舎文庫)むかしのはなし (幻冬舎文庫)
(2008/02)
三浦 しをん

商品詳細を見る

三カ月後に隕石がぶつかって地球が滅亡し、抽選で選ばれた人だけが脱出ロケットに乗れると決まったとき、人はヤケになって暴行や殺人に走るだろうか。それともモモちゃんのように「死ぬことは、生まれたときから決まってたじゃないか」と諦観できるだろうか。今「昔話」が生まれるとしたら、をテーマに直木賞作家が描く衝撃の本格小説集。


「ラブレス」 「ロケットの思い出」 「ディスタンス」 「入江は緑」 「たどりつくまで」 「花」 「懐かしき川べりの町の物語せよ」

それぞれの物語の冒頭に、桃太郎やかぐや姫といったほんとうの昔話のあらすじが掲げられているが、物語自体は、その昔話を下敷きにしてはいるが、単なるパロディではない。趣向を変えて、まさにいま生まれるむかしばなし、という形になっている。
特定の人を介した連作ではないが、どの物語も「誰か」に向かって語られており、もはや立派な昔話であるという点で、見事な連作である。




V
V

TB
Roko's Favorite Things

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『むかしのはなし』 三浦しをん

むかしのはなしposted with amazlet on 05.10.09 三

  • From: Roko's Favorite Things |
  • 2009/06/17(水) 22:45:05

この記事に対するコメント

ふらっとさん☆こんばんは
むかしばなしって怖い話が多いのですが、これもまた別の怖さがある話でしたね。

  • 投稿者: Roko
  • 2009/06/17(水) 23:01:33
  • [編集]

いまできつつある昔話、の怖さですね。
いまある昔話ができたときのことに思いを馳せたりもして見ました。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2009/06/18(木) 06:37:55
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する