fc2ブログ

寒椿ゆれる*近藤史恵

  • 2009/06/20(土) 08:38:34

寒椿ゆれる寒椿ゆれる
(2008/11/21)
近藤史恵

商品詳細を見る

堅物の同心・玉島千蔭。美貌の花魁・梅が枝。若手人気女形・水木巴之丞。そして、千蔭の見合い相手のおろく。巻き起こる難事件の先に仄見える、秘められた想いとは?江戸の風物を効果的にあしらい、市井の息づかいを丁寧に描き上げた傑作シリーズ、待望の最新刊!情感豊かな時代ミステリーの傑作。


「猪鍋」 「清姫」 「寒椿」

どの話もとても丁寧に作られていて愉しめた。
キャラクターもより一層熟してきたように思われるし、人間関係の機微が読むものを否応なく惹き込むので、ページを繰る手が止まらない。
見合い相手で、気難しいと評判のおろくをそのまま認めて受け容れる千陰の懐の深さも好ましい。あまりにすんなりいき過ぎて、このまま上手くいくはずがない、と勘繰らざるを得ないほどで、千陰にとってはいささか切ない結末でもあるが、いつかきっと良縁にめぐり合えることを願おう。
長く続いてほしいシリーズである。







TB
猛読酔書

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『寒椿ゆれる 猿若町捕物帳』 近藤史恵

猿若町捕物帳シリーズ4冊目。このシリーズを読んでこなかったことを後悔しました。隠居の父親に、自分の見合い相手をとられたばかりか、その娘は18で、父親と、祖父と孫くらい年が離れています。しかも、この母親お駒にすぐ子どもができてその子が男の子なら世継ぎにし...

  • From: 猛読醉書 |
  • 2009/07/13(月) 12:26:43

この記事に対するコメント

こんにちは。
このシリーズ、初めて手に取ったのですが、今まで読んでいなかったのを後悔しました。

友人と自分の妻が想い合っていた、というのも辛いですが、友人の妻が元許嫁というのも、どうなんでしょう。

>いつかきっと良縁にめぐり合えることを願おう。

ほんとに。千陰にはいいお嫁さんが来てほしいです。

  • 投稿者: かつき
  • 2009/07/13(月) 12:30:31
  • [編集]

千陰の気持ちはさぞや複雑なものでしょうね。
それを抑えて振舞う彼の大きさに、ぐっときます。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2009/07/13(月) 12:37:05
  • [編集]

かつきさんの記事にコメントしようとしたのだけれど
書き込み制限を受けているようで書き込めませんでしたので
こちらのコメントだけで失礼いたします。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2009/07/13(月) 12:41:35
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する