fc2ブログ

ラン*森絵都

  • 2009/06/23(火) 19:33:31

ランラン
(2008/06/19)
森 絵都

商品詳細を見る

越えたくて、会いたくて、私は走りはじめた。直木賞受賞第1作。


10歳のときに事故で両親と弟を失い、一緒に暮らすようになった叔母を20歳のときに病気で失って、ほんとうにひとりぼっちになってしまった夏目環、23歳。あれからずっと、自分は生よりも死に近いところにいるような気がしている。そんな環が自転車をきっかけに知り合った紺野さんに、モナミ1号と名づけられたオーダーメイドのロードバイクをもらい、モナミ1号に導かれるように冥界へたどり着き、家族と再会したのだった。その日から環は、自力で家族に会いに来るために、走り始めたのだったが・・・・・。

ファンタジーのようでもあり、スポ根もののようでもあり、青春物語のようでもあり、人間ドラマのようでもある。さまざまな要素が一体となって面白さを倍増させている。
登場するキャラクターがみな個性的で、ただはじけているだけではなく、それぞれに悩みを抱えながらも、懸命に生きている姿に励まされる。「あきらめなければならないこと」をきちんとあきらめることも、生きていく上で大切なことなのだと思わせられる一冊だった。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する