fc2ブログ

スノーフレーク*大崎梢

  • 2009/06/27(土) 13:45:45

スノーフレークスノーフレーク
(2009/02/27)
大崎 梢

商品詳細を見る

「溶けない雪の欠片を見にいこう」その約束を果たせないまま、死んでしまった幼なじみ・速人。六年後、高校卒業を控えた真乃は、彼とよく似た青年を見かける。ほんとうは生きているのかもしれない。かすかな希望を胸に、速人の死にまつわる事件を調べ始めた真乃だったが―!?函館の街を舞台に描いた青春ミステリー。


内容紹介のとおり、まさに青春ミステリである。登場人物も、題材も舞台も、申し分ない程「青春!」である。
それでもそこにあるのは、ただ明るく切ないだけの物語ではなく、幼なじみの急死を心の底から信じきれないが故に、一歩前へ踏み出せずにいる少女の哀しみと、それを取り巻くさまざまな想いがあるのだった。そして思ってもみなかった真相を知った驚きと納得、仄見える明るい予感にほっとするのだった。







TB
じゃじゃままブックレビュー

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スノーフレーク 大崎梢著。

≪★★★★≫ 面白かった。 小学生の時、大好きだった幼なじみが死んでしまった。その少年、速人を見かけたという。そして真乃の目の前にも速人とよく似た青年が現れ、速人は生きているのではないかと思われる不思議な出来事が続く。 いつものじれったい大崎氏なのかと警...

  • From: じゃじゃままブックレビュー |
  • 2009/06/29(月) 14:30:54

この記事に対するコメント

ま~、これは有川さんですか!?って思ってしまうくらい、ちょっと甘々でしたね。にんまりしちゃいました。
でも嫌いじゃないですね、本屋さんシリーズよりもむしろ夢中で読んじゃいました。いったいなんなの~?って。面白かったです。

  • 投稿者: じゃじゃまま
  • 2009/06/29(月) 14:33:21
  • [編集]

そういう設定できたか!っていう感じでしたね。
思い返せば、ちらちらとヒントらしき描写もあったのだけれど
意外な展開で面白かったです。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2009/06/29(月) 16:55:46
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する