fc2ブログ

虚夢*薬丸岳

  • 2009/06/28(日) 17:09:37

虚夢虚夢
(2008/05/23)
薬丸 岳

商品詳細を見る

愛娘を奪い去った通り魔事件の犯人は「心神喪失」で罪に問われなかった。運命を大きく狂わされた夫婦はついに離婚するが、事件から4年後、元妻が街で偶然すれ違ったのは、忘れもしない「あの男」だった。


愛娘を無残にも殺され、自らも背中を刺され、一時は意識不明になる重症を負わされた佐和子は、激しく落ち込み、精神的に不安定にもなりながら、悲しみに立ち向かっていた。そんな矢先、忘れようもない加害者の男・藤崎と、偶然町ですれ違ったのだった。
事件がきっかけで別れた元夫・三上孝一は、離婚以来初めて元妻に呼び出され、藤崎の居所をつかもうとする。
ところどころに挟み込まれるキャバクラ嬢・ゆきの物語が、どう関係してくるのかと思っていると、途中から藤崎とつながり、物語の流れは一本になっていく。
中盤以降からどんどん明らかになってくるそれぞれの事情に、ページを繰る手を止められなくなり、最後の最後に明かされる佐和子の真意には、胸を突かれる思いがした。
「殺人を犯す段階で、すべての人間は異常な精神状態にあるのではないか」という三上の思いに深くうなずかされるとともに、被害者――加害者家族を含めて――のやりきれない気持ちは、どこへ持っていけばいいのだろう、という思いを強くした。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

テーマが重いだけに読むほうも覚悟がいりますが、それだけに読み終わったあとの感慨も深くなりますね。薬丸氏にはこれからも、こういあ内容の濃い作品を寡作でいいので書き続けて欲しいとおもいました。

  • 投稿者: チョロ
  • 2009/06/30(火) 11:22:54
  • [編集]

おっしゃるとおりだと思います。
こういう作品を読むと、身の回りのことをあれこれ考え直すきっかけになるので、ある意味刺激的です。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2009/06/30(火) 13:07:41
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する