FC2ブログ

七つの死者の囁き

  • 2009/07/22(水) 16:49:00

七つの死者の囁き (新潮文庫)七つの死者の囁き (新潮文庫)
(2008/11/27)
有栖川 有栖石田 衣良

商品詳細を見る

死者はそこにいる。生きている私たちの記憶の中に、夢の中に、そしてすぐ背後に。私たちを見つめ、語りかけ、時に狙っている。ひそやかで絶え間ない、死者たちの攻勢―。少女の幽霊は窓辺に立ち、死んだ恋人からのメールが届く。自殺した女の呪詛が響き、亡くなった男は秘密を打ち明け、死霊の化身が地底から出現する。怖恐と憂愁を纏った七つの死者たちの物語。文庫オリジナル。


  「幻の娘」  有栖川有栖
  「流れ星のつくり方」  道尾秀介
  「話し石」  石田衣良
  「熱帯夜」  鈴木光司
  「嘘をついた」  吉来駿作
  「最後から二番目の恋」  小路幸也
  「夕闇地蔵」  恒川光太郎


ミステリあり、怪異あり、幻想あり、とテイストはさまざまだが、どれもが死者の囁きである。
聞いて見なければ到底わからなかっただろう真実が垣間見えたりもする。ミステリで毎度死者の囁きが聞こえたら興醒めだろうが、ときにはこんな趣向も面白い。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する