FC2ブログ

私らしくあの場所へ

  • 2009/07/31(金) 13:47:06

私らしくあの場所へ (講談社文庫)私らしくあの場所へ (講談社文庫)
(2009/05/15)
角田 光代谷村 志穂

商品詳細を見る

出ていってやる、私は車に乗り込んだ/美しい老婆ミナミの運転に僕は命を預ける/愛犬ブランと最後のドライブ/二ヵ月前に出ていった透の愛車が部屋の前に /私は恋の終わる地点をめざし、アクセルをふんだ/いつものCD、だけど湧き上がる怒りと失望―6人の人気作家が車をモチーフに描いた珠玉の恋愛小品集。


  「ふたり」  角田光代
  「ゆうれいトンネル」  大道珠貴
  「風になびく青い風船」  谷村志穂
  「たとえ恋は終わっても」  野中柊
  「BORDER]  有吉玉青
  「遠ざかる夜」  島本理生



紹介文を読むまで、車がモチーフになっていることに気づかなかった。そういえば、どの物語にも車が出てくる。自分が車を運転しないので、自分で運転して遠出する---あるいは逃げる---ときの心持がよくわからないが、これらの物語を読むと、なにか象徴的なものがあるのだろう。車が、単なる移動手段としてではなく、行きたい場所へ連れて行ってくれるよりどころのように捉えられているのが目新しい。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する