FC2ブログ

オイアウエ漂流記*荻原浩

  • 2009/09/14(月) 19:36:57

オイアウエ漂流記オイアウエ漂流記
(2009/08/22)
荻原 浩

商品詳細を見る

塚本賢司、28歳。接待出張で乗り合わせた飛行機が遭難し、なんと、流れ着いたのは水も火もないポリネシアの孤島!!賢司をコキ使う上司たち、スポンサー企業の御曹司、挙動不審な新婚カップル、小学生とそのじっちゃん、怪しいガイジン。あり得ないメンバー10人での毎日は、黒~い本音も秘密の過去も、隠しきれない生活だけど…。


桐野夏生著『東京島』と同じく、無人島サバイバル物語である。文明社会からいきなり隔絶されて戸惑い、葛藤や試行錯誤の末、少しずつ自給自足の暮らしを営み始めるところは同じなのだが、描かれ方の違いのせいか、本作にはブラック感がない。おじいちゃんとふたり連れの小学生・仁太がいるおかげでもあるかもしれない。初めは、文明社会での上下関係そのままだったのが、徐々に崩れ、意外な人のサバイバル力が役立って見直されるなど、虚飾を剥ぎ取った本来の人間性が現れてくるのも興味深い。
それにしてもこのラスト、あっけないと言えばあまりにもあっけなく、ブラックと言えばこれ以上ないほどブラックな展開ではないだろうか。

V
V

TB
猛読酔書
本とご飯とお昼寝の日々
じゃじゃままブックレビュー
デコ親父はいつも減量中
読書・映画・ドラマetc覚書
itchy1976の日記

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『オイアウエ漂流記』 荻原浩

南の島に流されたら、とよく想像されることですがでは「誰と」流されるかというのは、あまり語られません。この漂流記は、その「誰と」が重要なポイントです。家族や仲のいい友だち、心から信頼できるパートナーとなら苦難を乗り越えられるでしょう。でも現実には、会社の...

  • From: 猛読醉書 |
  • 2009/09/19(土) 10:38:08

オイアウエ漂流記 / 荻原 浩

評価 : ★★★☆☆ (評価マークについて) 無人島でのサバイバルもの。 良くある話・・・ではある。 無人島漂着メンバーは、会社の...

  • From: 本とご飯とお昼寝の日々 -読んだ本の感想メモ- |
  • 2009/09/30(水) 19:51:12

オイアウエ漂流記 荻原浩著。

≪★★☆≫ ゴルフ場建設視察のため、スポンサーを連れての海外出張の最中、乗った飛行機が遭難、墜落し、無人島に流れ着いてしまった乗客10人と犬1匹。 救出されるために生き残るためのサバイバルが始まった。 冒頭は笑えたんだけどね。結構爆笑して、てっきりそうい...

  • From: じゃじゃままブックレビュー |
  • 2009/11/04(水) 22:09:10

オイアウエ漂流記<荻原浩>-本:2010-14-

オイアウエ漂流記クチコミを見る # 出版社: 新潮社 (2009/8/22) # ISBN-10: 4104689041 評価:80点 航空機の事故で無人島に流れ着いた10人(+犬1匹)が織り成すサバイバル生活人間模様。 といってもそこは荻原浩だからユーモアたっぷりに話が進み、実に楽しい?...

  • From: デコ親父はいつも減量中 |
  • 2010/01/30(土) 08:33:46

オイアウエ漂流記  荻原浩

オイアウエ漂流記/荻原 浩 荻原浩 新潮社 2009 STORY: トンガからラウラに向かう小型機が墜落し、遭難した一行は小さな無人島にたどり着く。仕事関係の5人、新婚旅行中の2人、祖父と孫、外国人の10人に犬が1匹…。 感想:  小型機の墜落から、無人島に?...

  • From: 読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版) |
  • 2010/02/13(土) 15:14:16

荻原浩『オイアウエ漂流記』

オイアウエ漂流記荻原 浩新潮社 今回は、荻原浩『

  • From: itchy1976の日記 |
  • 2011/03/16(水) 20:08:24

この記事に対するコメント

おはようございます。
このラスト、「ずるい!」って思いましたけれど、くだくだと書かれるより、あっさりしていてよかったかもしれません。
会社の人間関係を24時間、狭い場所で押しつけられるのは、カンベンですね~(笑)

  • 投稿者: かつき
  • 2009/09/19(土) 10:37:57
  • [編集]

お坊ちゃまが、段々と無人島生活に順応していくのが、意外でもあり、ほんとうの苦労知らずとはこういうことかと妙に感心したりもしました。
人間性が次第に露わになってきて、面白かったです。

ラストはどうなるのだろうと、想像もできずに読んだのだけれど、意外にあっけなくて、しかも可笑しかったです。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2009/09/19(土) 14:05:53
  • [編集]

やはり思い出してしまうのが「東京島」ですよね。
こちらは笑えましたけど、笑い満載ってほどでもなくて、できれば爆笑で終わりたかった。(爆)
サバイバルにそれを期待してもダメでしょうかね~。
でも、どうして3人だけヘリコプターなんでしょう?私だけでしょうか、そこ分かってないの。

  • 投稿者: じゃじゃまま
  • 2009/11/04(水) 22:12:09
  • [編集]

ジャンルとしては別物でしょうから、比べても仕方がないとは思うけれど、どうしても比べてしまいますよね、『東京島』と。

三人だけヘリコプターの解釈次第で、物語はまったく違う印象になるかも、ですね。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2009/11/05(木) 06:50:52
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する