FC2ブログ

はむ・はたる*西條奈加

  • 2009/11/08(日) 16:37:04

はむ・はたるはむ・はたる
(2009/08/20)
西條 奈加

商品詳細を見る

心に傷を負った若き侍と、江戸の下町でたくましく生きる孤児たちの、強い絆とままならぬ過去への思いを描く青春時代小説。


表題作のほか、「あやめ長屋の長治」 「猫神さま」 「百両の壺」 「子持稲荷」 「花童」という六つの連作物語。

『烏金』の続編である。江戸の下町を舞台に、いまではもう立派に更生した子どもたちが、金貸しのお吟婆さんや、武家の長谷部様の力を借りて、稲荷売りをして暮らしている。そんな折り、その存在も知らなかった長谷部様の弟・柾(まさき)様が放浪の旅から戻ってきた。子どもらと同じ長屋に住まい、直に彼らに頼りにされる存在になる柾様であるが、江戸に戻ってきたのには何か仔細があるようである。仲間のため、柾様のため、子どもたちはきょうも働きながら手を尽くす。幼い恋心も絡めつつ、生き生きとしたお江戸物語になっている。



V
V

TB
しんちゃんの買い物帳
デコ親父はいつも減量中

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「はむ・はたる」西條奈加

はむ・はたる(2009/08/20)西條 奈加商品詳細を見る 孤児ばかりのすり集団の一味だった、勝平、三治、登美たちは、深川三軒町の金貸し・お吟との...

  • From: しんちゃんの買い物帳 |
  • 2009/11/12(木) 23:08:08

はむ・はたる<西条奈加>-(本:2009年読了)-

はむ・はたるクチコミを見る # 出版社: 光文社 (2009/8/20) # ISBN-10: 4334926746 評価:90点 絶妙のさじ加減で、読むものの心をジンワリと暖かくさせる江戸下町人情物語。軽妙な文体でさらさらと流れていくのに、しっかりと胸に残るのはなぜだろう。 親に捨?...

  • From: デコ親父はいつも減量中 |
  • 2009/12/16(水) 00:40:48

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する