あした咲く蕾*朱川湊人

  • 2009/11/21(土) 21:43:52

あした咲く蕾あした咲く蕾
(2009/08)
朱川 湊人

商品詳細を見る

「赦されること」と「受け入れられること」それがこの世の中で、一番うつくしいことだと思いませんか。世界一、うつくしい物語。


表題作のほか、「雨つぶ通信」 「カンカン軒怪異譚」 「空のひと」 「虹とのら犬」 「湯呑の月」 「花、散ったあと」

ホラー臭はなく――ちょっとした不思議は起こるが――心温まる物語集である。いまよりものんびりしていた昭和の頃を思い返す物語が多いのも、効果的である。大切な人と不思議な力。切なくあたたかい一冊だった。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ごぶさたです

朱川さんの小説らしくて、ほんとうにあたたかさがにじみ出てくるような短編集でしたね
読み終わった後もしばらくは、カイロを入れているようなぬくもりでした

  • 投稿者: チョロ
  • 2009/11/22(日) 06:10:08
  • [編集]

否定的な言葉ではじまる物語もありましたけれど、そんな話に限ってラストはじんとさせられました。
まさにカイロのように、じんわり暖まりますね。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2009/11/22(日) 08:24:33
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する