亜愛一郎の転倒*泡坂妻夫

  • 2009/11/26(木) 18:52:23

亜愛一郎の転倒 (創元推理文庫)亜愛一郎の転倒 (創元推理文庫)
(1997/06)
泡坂 妻夫

商品詳細を見る

完璧な写実性で注目された画家の絵の中に見出される数々の不思議――手の指が六本ある少女、針の間違っている時計、開けられないドアなどは何を意味するのか? さらに一夜にして忽然と消失した合掌造りの家、タクシーの後部座席に突然出現した死体……等々、ちょっとした不合理から思いもかけぬ結論を導き出す亜愛一郎。快調の第二弾。


「第一話 藁の猫」 「第二話 砂蛾家の消失」 「第三話 珠洲子の装い」 「第四話 意外な遺骸」 「第五話 ねじれた帽子」 「第六話 争う四巨頭」 「第七話 三郎町路上」 「第八話 病人に刃物」

颯爽として見目麗しい青年写真家・亜愛一郎が、主人公であり探偵役のシリーズである。
見た目どおりのキャラクターならば物語はもっと違ったものになっていたかもしれないが、亜――これが彼の姓である――は、いささかだらしなく、粗忽でもあるのがご愛嬌である。しかし、目のつけどころは並ではない。ほんの些細な齟齬を見逃さずに、事件を解決へと導いてしまうのだから、優秀な探偵役と言えるのだ。たとえまるでそうは見えないとしても・・・。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する