ひまわり事件*荻原浩

  • 2009/12/08(火) 19:11:54

ひまわり事件ひまわり事件
(2009/11/13)
荻原 浩

商品詳細を見る

実行犯は、ジジババと幼稚園児?隣接する有料老人ホーム「ひまわり苑」と「ひまわり幼稚園」。老人とガキどもの不思議な交流、やがて起こるカゲキな「事件」とは?荻原浩渾身の熱血幼老小説!―。


101の章から成るが、101章目(現在)が冒頭に置かれ、そのあとに1章(13年前)以降がつづく。
隣り合った、経営者を同じくする老人ホームと幼稚園。経営者側の勝手な思惑に降りまわされながら、甘んじている老人たちと、そんなことは関知せずに無邪気にはしゃぐ園児たち。そんな中、ホームの待遇など姿勢のあり方に疑問を投げかける人物が現れ、落ちこぼれ園児たちを巻き込んで、権力闘争へと発展するのである。
普段交流のない老人と園児が、いきなり苑園合同行事をつきつけられ、はじめは戸惑い、恐る恐る様子を伺うが、次第に自然に振舞えるようになって行く過程が無理なく描かれていて微笑ましい。老人も子どもも、それぞれが自分の身に引き比べて相手のことを考える様も興味深い。重いテーマがいくつも盛り込まれているのだが、園児の奔放な行動力や無邪気なのか生意気なのかわからない生態を交えて、重苦しくなくコメディタッチで描かれているので、難なく読めるのだが、考えさせられることは意外に多い一冊だった。


V
V

TB
じゅずじの旦那
じゃじゃままブックレビュー
itchy1976の日記

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ひまわり事件】 荻原浩 著

勇気あふれる熱血幼老物語・・・  まずは来訪記念にどうかひとつ! [:next:] 人気blogランキング【あらすじ】実行犯は、ジジババと幼稚園児?隣接する有料老人ホーム「ひまわり苑」と「ひまわり幼稚園」。老人とガキどもの不思議な交流、やがて起こるカゲキな「事件」...

  • From: じゅずじの旦那 |
  • 2010/01/22(金) 09:08:02

ひまわり事件 荻原浩著。

≪★★★≫ ひまわり幼稚園の問題園児4人組と、有料老人ホームひまわり苑の老人たちの交流事件簿の数々。 選挙活動のために、園と苑の一体化で点数稼ぎを目論む理事長や園長、それに反発する一部有志の老人と、大人の都合で振り回され立ち上がる?園児たちの騒動記。 父...

  • From: じゃじゃままブックレビュー |
  • 2010/05/16(日) 23:25:15

荻原浩『ひまわり事件』

ひまわり事件荻原 浩文藝春秋このアイテムの詳細を見る 今回は、荻原浩『ひまわり事件』を紹介します。ひまわり幼稚園&ひまわり苑で繰り広げられる幼老小説でしょうね。最後は、ひまわり苑で立てこもり事件がおきる。そこで、幼稚園児4名(杉本晴也、岡田秀平、松本和樹...

  • From: itchy1976の日記 |
  • 2010/12/12(日) 23:14:33

この記事に対するコメント

終盤はそれまでの眠気?が吹き飛んでしまうくらい一気でしたけど、そこにいくまでがなぜか飽きてしまって。
それぞれ笑えるところもあったのに、不思議です。

  • 投稿者: じゃじゃまま
  • 2010/05/16(日) 23:27:20
  • [編集]

終盤は、ほんとうにアクション映画さながらの場面展開でしたね。
わたしはそこまでも飽きはしなかったけれど、あれは目が覚めました。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2010/05/17(月) 06:32:45
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する