かけら*青山七恵

  • 2009/12/27(日) 17:02:25

かけらかけら
(2009/10/01)
青山 七恵

商品詳細を見る

父は、昔からちゃんと知っていたようにも、まったくの見知らぬ人であるようにも感じられた―第35回川端康成文学賞受賞。最年少で受賞した表題作を含む珠玉の短篇集。


表題作のほか、「欅の部屋」 「山猫」

日常のひとコマが淡々と描かれているだけなのだが、何かが心に留まる。問題が解決されるわけでもなく、カタルシスを得られるわけでもなく、ただそこにあるもの、そこで起こりつつあることが、あるように描かれているだけなのに、沁みてくるものがある。「かけら」の父、「欅の部屋」の小麦、「山猫」の栞に共通する不器用な生き方が好ましいからだろうか。不思議な心地にさせられる一冊だった。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する