このあいだ東京でね*青木淳悟

  • 2010/01/03(日) 16:55:11

このあいだ東京でねこのあいだ東京でね
(2009/02)
青木 淳悟

商品詳細を見る

マンションの募集広告、江戸時代の旧町名、道路標識と交通法規、猫たちの生態、そして大手検索サイトの「ストリートビュー」機能まで。都市にまつわる無数のことばの積み重ねから、懐かしく驚きに満ちた街の姿が立ちのぼる。青木ワールドを堪能できる色とりどりの作品集、全8篇。


表題作のほか、「さようなら、またいつか」 「TOKYO SMART DRIVER」 「障壁」 「夜の目撃談」 「ワンス・アポン・ア・タイム」 「日付の数だけ言葉が」 「東京か、埼玉-家と創作ノートと注釈」

青木淳悟という作家の傾向が何冊か読んで少しずつわかってきた。あることをあるがまま描写しながら、白地図に少しずつ色付けをし、最終的に街図を作り上げるように一冊にまとめあげると言えばいいだろうか。本作も、さながら東京の街レポートといった趣で、人物の内面や心理描写といった部分には重きは置かれず、街の部分部分にかわるがわるスポットライトを当てていき、東京という街をライトアップしている。おそらく評価も好みも分かれる作家であろうと思われる。わたし個人としては、いささか苦手、と言わざるを得ない。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する