追想五断章*米澤穂信

  • 2010/01/21(木) 07:18:26

追想五断章追想五断章
(2009/08)
米澤 穂信

商品詳細を見る

古書店アルバイトの大学生・菅生芳光は、報酬に惹かれてある依頼を請け負う。依頼人・北里可南子は、亡くなった父が生前に書いた、結末の伏せられた五つの小説を探していた。調査を続けるうち芳光は、未解決のままに終わった事件“アントワープの銃声”の存在を知る。二十二年前のその夜何があったのか?幾重にも隠された真相は?米澤穂信が初めて「青春去りし後の人間」を描く最新長編。


  

  序章  わたしの夢
  第一章  奇蹟の娘
  第二章  転生の地
  第三章  小碑伝来
  第四章  アントワープの銃声
  第五章  彼自身の断章
  第六章  暗い隧道
  第七章  追想五断章
  終章  雪の花


亡き父の五編のリドルストーリーを探し出して欲しい、という北里可南子の依頼により、古書店の居候である菅生芳光は動き出すのだが、依頼の奥にある事々が次々と明るみに出、22年前の未解決事件の可南子と父・叶黒白(筆名)の真実にまで光を当てることになるのだった。
別に用意されたリドルストーリーの結末の一行。その裏に書かれたタイトル。娘の知らない父の若かりし頃。挟みこまれたリドルストーリー。次の展開を早く知りたくてページを捲る手が止まらない一冊だった。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する