fc2ブログ

赤い病院の惨劇*川田弥一郎

  • 2010/02/11(木) 18:44:34

赤い病院の惨劇 (ノン・ポシェット)赤い病院の惨劇 (ノン・ポシェット)
(1998/06)
川田 弥一郎

商品詳細を見る

東京近郊にある赤修台第一病院の中庭で准看護婦の堀川映子が死体で発見された。折しも周辺では“ナースの敵”と呼ばれる痴漢強盗魔が出没していたが、死体に性的暴行の痕跡はなかった。院内の准看護婦学校に働きながら通う飯沢めぐみが、同級生の小西京子とともに犯人探しを始めた矢先、第二の殺人が!現役医でもある著者が贈る、長編本格推理の傑作。


事件が起こるまでの導入部の、看護学生と病院の日常は、ミステリを離れても興味深い。看護学生も遊び盛りの若い女性であるという当たり前のことが改めて思われもする。そして事件。その後の謎解きは、看護学生ふたりが探偵役として活躍するのだが、医療に携わる者ならではの発想も活かされていて、なるほどと思わされる。ラストはあまりに哀しいが、犯人もその動機も、医療現場ならではであり、現場をよく知る医師作家ならではの一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する